せっかくなので翌年も楽しみたい!冬越しのコツ

大事に育てた植物、冬に枯れておしまいではもったいない!せっかくなので、上手に冬を越して翌年も楽しんでみませんか?

育てている植物が寒さに強いか弱いか調べよう

まず、育てている植物が寒さに強いのか、あるいは弱いのか確認しましょう。植物のラベルに「最低温度〇℃」「非耐寒性」などと書いてあるので参考にしてください。

耐寒性があるかないか、判断基準は10℃。
最低気温が10℃以上必要な植物は耐寒性がありません。
0℃~10℃程度の植物は、寒さに応じて防寒対策を行うことが必要な半耐寒性植物。
耐寒気温が0℃と書いてあるのは寒さに強い耐寒性植物です。

宿根草や秋植えの一年草の多くは耐寒性が強いので、地植えでも冬を越せるものがたくさんあります。
一方、春に植えて春~秋に楽しむ草花の多くは耐寒性があまり強くありません。そのため、冬越しさせるには工夫が必要です。

秋からできる!耐寒性をつけるポイント

1

徐々に水やりを減らす

植物は成長期にはたくさん水を必要としますが、だんだん気温が下がってきて成長が鈍ってくると、それほど水を必要としなくなります。今までと同じペースで水を与えるのではなく、水やりを控えて乾かし気味に育てると同じ植物でも寒さに強い株に育ちます。
秋から徐々に水やりの間隔をあけて、乾燥に慣らしていきましょう。ギュッとしまった株に育ち、多少の寒さも乗り切れるようになります。

2

日によく当てる

寒さが本格的になる前に太陽の光に十分当てて、しっかり育てておきましょう。半日陰や日陰に置いておくと徒長してヒョロヒョロとになってしまい、耐寒性も弱くなります。耐寒性が強い株は、葉の色が濃く徒長していないものです。

3

肥料は気候の良いうちに

丈夫な株は冬越しの成功率も高くなります。そのために、気候の良い時期に肥料を与えてしっかりした株に育てておきましょう。そして、休眠中はそっとしておくのがポイントです。冬に休眠する植物には肥料を与えずに冬越しをします。
冬でも花が咲き続けるパンジーやノースポールなどは引き続き肥料を与えましょう。

4

植え替えは寒くなる前に

植え替えは寒くなる前までに済ませましょう。冬になる前にしっかり根を張ることで、耐寒性も強くなります。

5

株は小さくコンパクトに

通常は一年草扱いされるペチュニアなどの草花も、上手に管理をすれば翌年も楽しむことができます。そのためには、株が小さくきゅっとコンパクトにまとまっていることが大切。地上部が多いほど寒さにさらされる部分が増えるわけですから、切り戻しをして軒下や室内で管理しましょう。

6

甘やかしすぎない

実は、あまり甘やかしすぎるのも耐寒性を強めるためには逆効果。ある程度耐寒性のある植物は少しぐらいの寒さには耐えられるように、徐々に寒さに慣らしていくことも大切です。植物の状態や種類によって耐えられる最低気温は異なるので、様子をみながら対処しましょう。

冬越しのポイントは?

防寒対策はしっかりと

気温が下がる時期はしっかりと防寒対策を行いましょう。軒下に入れるだけでも寒さの影響を受けにくくなります。
葉の色が変わって傷んでくる、成長がストップするなどの変化があれば、すぐに防寒対策が必要です。特に、寒波がやってくる時は注意。天気予報をみながらあらかじめ防寒対策を施しましょう。

さまざまな防寒対策

  • 腐葉土やバークチップなどでマルチングを行う
  • 鉢を二重にして根を寒さから守る
  • ビニール袋や不織布、包装用クッション材(プチプチ)、段ボール箱などで鉢ごと植物全体を覆う。(鉢の部分を除き昼間ははずす)
  • べたがけシートで鉢全体を覆う。(冬中かけておいても大丈夫)
  • 室内に取り込む

防風対策も忘れずに

ベランダなどで育てている鉢植えは強い風にも注意が必要です。北風が強い地域も気をつけましょう。風の当たらない場所に移動できない場合は、不織布で覆ったり風よけになるものを置いたりして、風が直接植物に当たらないように工夫しましょう。

水やりの間隔をあける

土の表面が乾いていても、葉が萎れていなければもう1日待ってから水やりをするぐらいで大丈夫。その代わり、水を与える際は鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと与えましょう。

水やりは午前中に

寒い時期の水やりは午前中に終わらせます。夜間の気温が氷点下になると、鉢の中の水が凍り、根が傷んでしまいます。鉢植えは寒さの影響をダイレクトに受けるので注意しましょう。

日当たりの良い場に置く

冬の日陰は気温も上がらず寒いですよね。バケツにたまった水が1日中凍ったままということも。植物もできるだけ日当たりの良い場所で冬越しさせてあげましょう。

室内でも置き場所に注意!

耐寒性のない植物は室内で管理することになりますが、玄関や廊下などは気温が低く、植物によっては寒すぎるということも。特に寒さに弱い観葉植物などは、暖かい部屋で育てましょう。
気をつけたいのは夜間の気温。窓辺は夜になるとガラスから寒さが伝わって冷え込みます。昼間は日当たりの良い窓辺に置いてある植物も、夜は部屋の中央などに移動してあげると安心です。
また、エアコンの風が直接当たる場所も避けましょう。乾燥しすぎる場合は加湿器や霧吹きで湿度を調整します。

さし芽で株を更新する

耐寒性の弱い植物は、秋のうちにさし芽をして株を更新しておくと冬を越しやすくなります。大切な植物の冬越しを確実にするための予備の苗としてもおすすめ。スペースを取らないのもメリットです。

まとめ

冬を無事越した株は、春にはすでにしっかりと根を張っているので、
春に新たに植えるよりも大きな株で楽しめます。
さっそく、冬越しにチャレンジしてみましょう!