ガーデニングの雑誌で見るような素敵な花の写真やインスタグラムに投稿されているハイセンスな写真を見て、自分でもそんな風に撮影したいと思ったこと、ありませんか。美しく咲いた庭の花や訪れたガーデンが、素敵な写真で残せたら嬉しさ倍増ですよね。
実は、庭や花の写真は、キレイに撮るのが意外と難しいもの。美しく咲いている花を撮ったのに、写真を見ると目で見たほどにはキレイに写っていないということも少なくありません。特に、たくさん花が咲いている場所だと、何を撮りたかったのか分からない一枚になってしまうこともあります。

でも、「もしかしたら写真を撮るセンスないかも…」と落ち込まなくても大丈夫。今日からできる、お花をキレイに撮影する写真の撮り方のコツをご紹介します。いくつかのポイントを知っておけば、一眼レフなどの高額なカメラでなくスマホでも大丈夫!是非、コツを抑えて気軽にお花をキレイに撮影してみてください。

一眼レフ」と「スマホ」 それぞれのメリット

一眼レフカメラは、スマホについているカメラに比べてレンズも大きく、花の撮影に向いています。背景をぼかして花のめしべだけにピントを合わせるような撮影も得意。でも、高価で重たく持ち歩きに不便という面も。「しっかり撮るぞ!」という方に向いています。
一方、スマホでも雰囲気のあるおしゃれな写真を撮ることは可能。さまざまなアプリがあるので、撮った写真の色や明るさを変えるなどの技も簡単です。最近のスマホカメラは画質もレンズも高品質になってきているので、手軽に美しい写真を撮れるのが魅力です。キレイな写真を撮るのに使うカメラはスマホでも大丈夫です。
一眼レフとスマホ、用途に応じて使いやすい方を選んで撮影してみてください。

花の写真を撮る6つのポイント

ポイント1 撮りたいお花を観察する

立ったまま撮影したもの。画面が曲がっています。

しゃがんで撮影したもの。画面が整い、花のラインが揃っています。

写真は景色を切り取って見せるものです。そのため、どこを切り取りたいのかがはっきりすると素敵な写真になります。
まずは、撮りたい花や庭を観察しましょう。どこから見ると一番きれいに見えますか?たくさん咲いている花は、どの花が一番美しいですか?ベストな場所を見つけたら、そこで一枚撮ってみましょう。写真に撮ると、それまで見えなかった背景にある余計なモノなどが見えてきます。次はそれが入らないような場所を探して、立ったりしゃがんだり動いて撮影してみましょう。

ポイント2 撮る位置を工夫する

同じ花でも撮る位置が違うだけで、全く違う印象になります。どの位置から撮ると一番魅力的に撮影できるか、まずはレンズ越しに覗いてみてください。

真上から

お花をキレイに撮影する方法

真上から俯瞰するように撮るだけで、写真が急にハイセンスに見えてきます。これは、立体感のあるものよりも、平面的に同じものが広がっているような場所にぴったりの撮り方です。美しいカラーリーフが広がっている場所や、等間隔で花が並んでいるような場所で使ってみましょう。

真下から

お花をキレイに撮影する方法

一面に広がるコスモスや桜の花。空気感も一緒に撮りたい!という場面でおすすめなのが、下から見上げるように撮る方法。澄んだ空を背景に、光に透けるような写真を撮ってみましょう。高さのある花や木を撮るときに向いています。

真横から

グラスに生けた花などを、背景を生かしながら撮りたいときは真横から撮影してみましょう。雰囲気のある壁の前に並ぶ寄せ植えやなどを全体的に撮る時に使ってみましょう。縦と横の線が傾かないようにするのが、おしゃれに見せるポイントです。

近くから

お花をキレイに撮影する方法

花のつぼみや小さなものには、思いっきり近付いて撮ってみましょう。画面いっぱいに写すと花も迫力たっぷりになり、こんな形や色をしていたんだと新しい発見もできる写真になります。

ポイント3 おしゃれな構図を狙う

どうしても撮りたいものを中央に置きたくなりますが、おしゃれに見せるには少しメリハリをつけてアンバランスにするのがコツです。
画面全体に縦3本、横3本の線(グリッド線)をひいて、画面を9分割してみましょう。それぞれの線が交差した場所に主役を持ってきます。写真に抜け感が出て、センスの良い写真になるので試してみましょう。何度も撮っているうちにバランス感が身についてきます。

ポイント4 背景はすっきりと

スマホで撮る際に「単焦点」や「マクロ」というモードを選ぶと、背景をぼかして撮ることができます。一眼レフのような仕上がりになるので試してみてください。

ポイント5 色合いや雰囲気を統一する

美しい写真は色合いや雰囲気に統一感があります。

明るい色の花はふんわり明るく、ダークな色合いの花は全体を暗めにするなど、花と写真の明るさも考えるとセンスある一枚になります。いろいろな色が混ざっているカラフルな写真も素敵ですが、赤系、イエロー系、紫系など花の色に統一感がある写真も美しいもの。アンティーク調のガーデングッズを組み合わせると、簡単に雰囲気ある写真になるのでおすすめです。

ポイント6 光を味方につける

光の色を考えたことがありますか。同じ花でも、晴れた日の午前中や夕方の光で撮った写真と曇りの日に撮った写真では、色も雰囲気も違って見えますが、それは光の色が起因しています。
太陽が高い位置にあるお昼の光だと、花に強い影ができて強烈な印象になります。一方、斜めから光が当たる時間帯に撮った写真は、立体感があり色合いにも深みが出ます。全体に光が回り込む明るい曇りの日も、庭の写真を撮るのに向いています。光を味方につけて素敵な写真を撮りましょう。

まとめ

お花をキレイに写真に撮る方法のポイントを挙げてみましたが、もちろん全部を一度にやるのは大変です。まずは、ひとつずつ試してみて、キレイなお花の写真を撮ってみましょう!