ボリュームたっぷりに花を咲かせて長く楽しむために、是非覚えておきたいガーデニングテクニックが「切り戻し」と「摘心(ピンチ)」です。両方とも茎を切る点では似ているようですが、その目的や行う時期が少し異なります。

それぞれどんな時にやっておくとよいか「切り戻し」と「摘心(ピンチ)」に最適なタイミングと方法についてご紹介します。また植物を切る点で似ているお手入れ「剪定」についても、その違いをご紹介します。

切り戻しと摘心(ピンチ)の違い

切り戻しも摘心(ピンチ)も茎を切り取るお手入れではありますが、切り戻しは株全体を切り再びたくさんの花を咲かせる目的で行い、摘心(ピンチ)は茎の先を切りわき芽を増やす目的で行います。

切り戻しとは

「そろそろ満開も終わりかな?」という花を再びたくさん咲かせるために覚えておきたいお手入れが、切り戻しです。開花期が長いお花や生長し過ぎた植物に行います。切る場所は、芽や葉の少し上になります。

開花期間が短いお花は切り戻ししません

切り戻しをすると2~3週間はお花が咲かないので、開花期間が短いお花は切り戻しはしません。

ひょろひょろと枝が伸びて不格好になってきたり、満開の時期が過ぎて花数が少なくなってきたペチュニアも、ばっさり切り戻して新しいわき芽を伸ばせば再びたくさんの花を楽しめます。

花が残っていると、勿体ないとか心苦しいと感じてしまいますが、切り戻しをすると、株元の風通しも良くなり1ヵ月もすれば再び花いっぱいの姿に戻ります。新しい葉や花をたくさんつけるために是非切り戻しをしてみてください。

切り戻しの時期

切り戻しはお花の生育期に行います。お花の生育期であれば「形が乱れてきたな」と感じたら、切り戻しのタイミングです。

春から秋まで長く咲くお花は、梅雨入り前に切り戻しをしてください。元気な葉がたくさん残るようにして、株の1/2~1/3程度まで大きく切り戻します。梅雨入り前に切り戻しをすることで、高温多湿の夏に蒸れるのを防ぎ、風通しよく清潔な状態の株を保つことができるようになります。

秋まで長く咲くお花は、夏が終わった8月頃にもう一度切り戻しをすると、またたくさんの花を咲かせてくれます。

切り戻しのやり方

満開が終わったペチュニアの切り戻し

6月12日 切り戻し前

スーパーチュニアビスタ ペチュニア

枝が混みあって枯れた花も目立ってきたペチュニア(スーパーチュニア)。もっと大きく育てたいので切り戻しをします。

6月12日 切り戻し後

スーパーチュニアビスタ ペチュニア

軽く切り戻しをしてリフレッシュしました。株元にも日が当たるようになりました。風通しも良くなりました。

6月25日

約2週間後には新しい芽が増えて再び花が咲き始めました。株もがっしりと充実してきました。

育ち過ぎたカリブラコアの切り戻し

切り戻し前

スーパーベル カリブラコア

茎が伸びて形が崩れてきたなと感じてきたカリブラコア(スーパーベル)。切り戻しのタイミングです。

切り戻し後

スーパーベル カリブラコア

切り戻したカリブラコア(スーパーベル)。しばらく花が減りますが、すぐにボリュームある姿に回復します。

3~4週間後

スーパーベル カリブラコア

3~4週間後には再び満開になりました!花に充分に栄養が行き渡り、形も整いました。

梅雨入り前のカリブラコアの切り戻し

6月8日 切り戻し前

スーパーベル カリブラコア

育ちすぎて形が崩れてきたスーパーベル。株元が蒸れて枯葉も目立ってきました。植物が蒸れて傷みやすい梅雨前などに行うと効果的です。

6月8日 切り戻し後

スーパーベル カリブラコア

ばっさり切り戻すときも、必ず元気な葉を多めに残すようにしましょう。

7月1日

約3週間できれいなドーム状になりました!このようなきれいな形に整えるのに、切り戻しは是非マスターしたいテクニックです。

切り戻しの後は、たっぷりの水やりと肥料やりをするようにしてください。

切り戻しの注意点

切り戻しはお花の生育期に行います。夏のお花の場合、涼しくなった秋に切り戻しをすると、もう花が咲かなくなることがあります。生育期が終わった後は、形を整える程度の切り戻しにとどめておいてください。伸びきった枝などを切り落とすことで、必要な所にだけ栄養が届くようになるので、形を整える目的としては有効です。切り戻しは、念のためそのお花の生育期や開花期を調べてから行うようにしてください。

切り戻したお花の楽しみ方

切り戻したお花の楽しみ方 PW

切り戻したお花は、お花に飾って最後まで楽しむことができます。ただ、切り戻した花や庭で咲いている花は、花屋さんで売られている花とは異なり、茎が短かったり曲がっており、花の向きを調整するのが難しかったりします。そんな切り戻したお花を飾るのに適した花器や、お花の生け方をご紹介します。

摘心(ピンチ)とは

花いっぱいのボリュームある株に育てるための作業が、摘心(ピンチ)です。摘心(ピンチ)は、まだ苗が小さいうちからわき芽の生長を促す目的で行います。切る場所は、わき芽が出る位置の上になります。摘心(ピンチ)を行わないと1本の茎のままですが、摘心(ピンチ)を行うと茎が2本になります。さらに摘心(ピンチ)を重ねると4本、8本と増えていくイメージです。

摘心(ピンチ)のやり方

摘心は、茎の先端近くわき芽が出る位置の上を切り取るだけで完了です。こうすると、わき芽が伸びてきます。
摘心(ピンチ)を行わないとひょろひょろと茎が1本伸びるだけの植物も、苗が小さいうちに摘心(ピンチ)を重ねることで、ボリュームある株姿に育ちます。

最初に元気なわき芽があるのを確認しましょう。

わき芽の上で茎をカットします。小さい苗は先端の葉をつまみ取るような感じです。

摘心(ピンチ)が完了しました。

約2週間後の様子です。わき芽が伸びてボリュームアップしました!

剪定とは

アメリカあじさいルビーのアナベル ハイドランジア

切り戻しや摘心のほかに、切る点で似ているのが「剪定」です。
剪定とは、木の姿を整えたり、込み入った枝を間引いて風通しを良くしたり、茎ではなく枝を切り取るお手入れのことです。生垣や庭木は、剪定を行って美しい樹形を保ちます。低木のアジサイや宿根草などでも、形を整えつつ翌年の花芽がつくように剪定を行います。適期は樹種によって異なります。

よくある問い合わせ

Q
たくさんの花を咲かせるには、いつ切り戻しをしたらいいですか。
A

株が傷んでいなければ、梅雨入り前満開の後花が少なくなったら切り戻しをしてください。梅雨入り前は、高温多湿の夏に向けて株が蒸れるのを防ぐために行います。満開の後花が少なくなった時は、再び満開の状態を促すために行います。

Q
秋になりましたが、切り戻しをしてもいいですか。
A

生育期が終わった花は、切り戻すともうお花が咲かない可能性があります。生育期が終わった後は、形を整える程度の切り戻しにとどめておいてください。伸びきった枝などを切り落とすことで、必要な所にだけ栄養が届くようになるので、形を整える目的としては有効です。

Q
冬越しに挑戦したいのですが、冬入り前に切り戻しをした方がいいですか。
A

地上部が多いほど寒さにさらされる部分が増えるので、上手に冬越しするには、株が小さくきゅっとコンパクトにまとまっていることが大切です。寒くなる前に切り戻しをして、霜のあたらない軒下や、室内で管理し冬越しにチャレンジしてみてください。

まとめ

切り戻りと摘心(ピンチ)の大きな違いは、切り戻しは生長しきった株に行うのに対して、摘芯(ピンチ)は生育中の株に行うことです。切る目的が少し違います。

切り戻しや摘心は、慣れるまでは「切ってお花が咲かなかったらどうしよう」と心配になることもあると思います。ただ一回成功すると、驚くほどその効果を実感できるので、ぜひ挑戦してみてください。切り口からの病原菌の進入を防ぐために、清潔なハサミを使って作業をして、ボリュームたっぷりの花を長く楽しんでくださいね!