きれいな花が咲いている空間は眺めているだけでも癒されるものですね。エントランスや庭、テラスなどにあふれるように咲く花があると家の品格もアップします。
でも、上手な花の咲かせ方にはちょっとしたコツが必要です。今回は、ガーデニング初心者さんでも花いっぱいの空間を作ることができる花(花苗)の選び方をご紹介します。

花(花苗)の選び方

花を育てるには種をまくという方法もありますが、最も簡単なのは花の苗を買ってくること。家で実際に育てるのが日当たりの良い場所か、あるいは半日陰なのか、置き場所を考え、その季節にガーデニングショップやWebショップなどで販売されている苗から好きなものを選ぶことになります。せっかく植えるのですから、できれば長い間、たくさんの花を楽しみたいですよね。そのためには実は苗選びがとても重要なんです!
では、どのような苗を選べばよいのでしょうか?

同じ花にも、花の咲き方に差があります

特に初心者さんの場合、花の苗さえ買えば必ずあふれるように咲かせることができるというわけではありません。
例えばペチュニア。せっかく育てていても梅雨時に枯れてしまったり、ヒョロヒョロと伸びて花が少ししか咲かなかったりということ、ありませんか。実は、同じ花でも品種によって特徴はさまざま。誰でも簡単にたくさんの花を楽しむためには、育てやすい品種を選ぶことが大切なんです。

育てやすいお花(花苗)とは

育てやすいお花の条件
特に難しいお世話をしなくても、良く育つ
自然に枝分かれして花が多く咲く
花の咲く期間は長い
ウィルスなどの病気に強い

花の苗についている「ラベル」には、その植物の品種名のほか、置き場所や耐寒性など上手に育てるために欠かせない情報が書かれています。
ラベルがついている「ブランド苗」と呼ばれるものは、種苗会社などが作り出した品種で特徴はさまざまです。

ガーデニング初心者さんでも失敗せずにあふれるように咲く花を楽しむには、「よく咲く」「開花期が長い」「耐暑性が強い」などと書かれている品種がおすすめです。
PROVEN WINNERS(PW)の苗は、お手入れ簡単で良く育ちたくさんの花が咲きます。「PW」と書かれたラベルがついているので苗選びの参考にしてくださいね。

お店で苗を選ぶ時のチェックポイント
黄色くなった葉などがなく全体に葉の色つやがよい
ヒョロヒョロと間延びしていない
蕾がたくさんついている
ポットに根が回りすぎてカチカチになっていない
葉が虫に食われていない

店頭で売られている苗にも、状態が良い苗とあまり状態が良くない苗があります。
その後の成長にも影響するので、実際に目で見てできるだけ状態が良い苗を選びましょう。
花がたくさん咲いていても蕾が少ない苗は、家に持って帰ってから楽しめる期間が短いこともあります。蕾が多い方が長く花を楽しめます。

まとめ

「スーパーチュニア」「スーパートレニア」など、名前に「スーパー」がつくPROVEN WINNERS(PW)のお花は、その名に引けを取らないぐらい花付きが良く長く楽しめるものばかりです。どれも難しいお手入れをしなくてもこんもりとよく茂るので、ラグジュアリーな空間づくりにもおすすめです。ぜひ育ててみてください。

PROVEN WINNERS(PW)のお花は、初心者さんでも育てやすいものがたくさんあります。お手入れ簡単で長く咲く花を選んで、ガーデニングを楽しんでくださいね。