買ってきたときはまだ小さな花の苗。そのまま育てていませんか。大きく育ててたくさんの花を楽しむために、まずは良い土を使って大きめの鉢に植えましょう。

ガーデニング 土の選び方

花の苗を買ってきたら、まず行いたいのが一回り~二回りほど大きめの鉢への植え替えです。そのためには、植え替え用の土を用意しておかなければなりません。 庭の土を掘ってそのまま鉢に入れる場合もあるようですが、土なら何でも良いというわけではありません。誰でも簡単に花を楽しめるPROVEN WINNERS(PW)ブランドの苗でも同じです。花がたくさん咲くように、良い土について知っておきましょう。

良い土の条件

良い土には、以下3つの条件が求められます。

通気性
排水性
保水性

粘土のようなべったりとした土は通気性や排水性が悪く、植物も上手く育ちません。一方、砂のような土だと排水性がよいものの、保水性がよくありません。適度に小さな土の塊が混ざっていて、肥料分もある程度含まれているふかふかの土が、草花にとっては理想的です。根をしっかり伸ばして大きく育つことができるのです。そのため、そのような土に植えた植物は良く育ちたくさんの花を咲かせてくれます。

初心者さんにもおすすめな土

ガーデニング 土の選び方

ガーデニングに使う土には赤玉土や鹿沼土、腐葉土、堆肥、ピートモスなどさまざまな種類があります。 慣れてくると、赤玉土や腐葉土を自分で配合して植物に合った土に調整することができます。でも、ガーデニングを手軽に楽しむにはちょっと大変。

初心者さんにおすすめな土は、あらかじめ肥料分も配合された草花用の培養土。あまりに安いものよりは、ある程度信頼できるブランドの培養土がよいでしょう。とても軽いものはピートモスが多く含まれていてふかふかしすぎることもあるので、好みで赤玉土を少し混ぜて落ち着かせてもいいですね。

ガーデニング 土の選び方
培養土を使った植え替え後の注意点

ふかふかの培養土を使って植え替えた後は、ドリップコーヒーを入れるように必ず何回かに分けてたっぷりゆっくりと水をあげましょう。土によっては、初めは水をはじいてなかなか吸い込まないこともありますが、じっくり水をあげているだんだん吸収されていくので気長に待ちましょう。水を吸った土が鉢の中の隙間に落ちていくと、表面が少し下がってしまうことがあります。この場合は、土が下がった分、培養土を足してあげましょう。

こんな土は要注意

ガーデニング 土の選び方

去年植物を育てていたプランターに土がそのまま残っているからと言って、そこに新しい苗を植える…というのはちょっと待ってください! プランターや鉢の中の土は、前の植物を育てていた時点でかなり肥料分も有機質も少なくなっているものです。微生物や害虫の卵が眠っている可能性もあります。使い古した土に、そのまま新しい苗を植えてもうまく育ちません。土の再生材を混ぜたり、腐葉土を混ぜたりすると使えることもありますが、病気の心配もあるので、ガーデニング初心者の方は新しい土を使った方が安心です。

同様に、庭の土を適当に掘って鉢に入れ…というのも、土によっては問題です。日ごろから手をかけて有機質などを加えているふかふかの土だったら大丈夫ですが、土がとても細かくさらさらしているものや固い土はそのままでは使えません。この場合も、新しい培養土を使って植えてあげましょう。

まとめ

花をたくさん咲かせるコツは、良い土を選び適切な大きさの鉢に肥料をたくさんあげることです。後は、基本の水やりを毎日するだけ。慣れてしまえば難しいことではないので、ぜひPROVEN WINNERS(PW)の花でチャレンジしてみてくださいね。