素敵な寄せ植えや花壇を作るには、メリハリが重要になります。好きなお花ばかり並べたはいいけど、どこか単調になってしまったなという時におすすめなのが、植栽に変化をもたらすカラーリーフです。うまく組み合わせれば、管理が楽な上にベテランガーデナーが作り出すような庭も夢ではありません!近年は品種も豊富になり葉色も多彩になってきています。

お手入れが簡単なローメンテナンスでおしゃれなお庭を作るには、彩り豊かなカラーリーフを抜きには語れません。ここではそんなカラーリーフのの魅力やガーデニングにおすすめのカラーリーフをご紹介します。

カラーリーフとは

一般的に「カラーリーフプランツ」と呼ばれるのは、銀白色、赤色、銅色、斑入りなど葉色が美しく、いわゆる「一般的な緑色」ではなく様々な葉色を楽しむ植物です。グランドカバーにもなる草花だけでなく、コニファーや紅葉する落葉樹など葉色が美しい植物すべてがカラーリーフに含まれます。

カラーリーフの魅力とは

葉の色が美しいカラーリーフは、それだけで華やかな雰囲気になるのが大きな魅力です。葉色の美しい植物を織り交ぜながら庭の骨格ともなるベースを作ると、花が少ない季節も美しい景色を保てます

斑入りカラーリーフで彩りあるお庭を

特にグリーンを中心とした植栽では、さまざまなカラーリーフを配置することで変化に富んだ美しい風景を作り出すことも可能です。カラーリーフの色は、光の強さや季節に応じて変化するものもあり、それだけで春夏秋冬を楽しめるものもあります。

また、カラーリーフは花がら摘みや切り戻しといったお花が必要とするお手入れも不要な上に、大変丈夫なので、ローメンテナンスで彩り豊かなお庭を簡単に作ることができます。

カラーリーフの寄せ植え例

花が少なくなる夏に、カラーリーフで作る涼し気な寄せ植えは最適です。置く場所に合わせて、直射日光OKなものや日陰でもOKなカラーリーフを選んで、ローメンテナンスで丈夫な寄せ植えを楽しんでみてください。

カラーリーフでお庭を彩ろう

何種類もの植物を組み合わせる際は、ある程度統一感があるほうがまとまりやすいのですが、同じようなグリーンばかり集めてしまうと単調に見えてしまうのが難点。そこに変化を加えるのがカラーリーフの役割です。
例えば、濃い緑色の葉を持つ植物の中に斑入りの葉を持つ植物を植えると、全体が明るい雰囲気になります。これは、暗くなりがちなシェードガーデンでも取り入れたいテクニック。花の色と葉の色の組み合わせも楽しんでみましょう。
同じ花でもライムグリーンの葉を合わせると明るいイメージ、銅葉だと大人っぽいおしゃれな雰囲気に。特に印象の強い赤系の葉は、花にも負けない彩を添えてくれます。

もちろん、カラーリーフだけの鉢植えでも見応え十分!とてもきれいでおすすめです。ただ、カラーリーフばかりを集めてしまうと、その魅力を引き出すのが難しくなることもあります。慣れるまでは、カラーリーフはポイントとして使うと良いようです。

おすすめカラーリーフ10選

植えっぱなしでOK!常緑のカラーリーフ

ヒューケラ(ツボサンゴ)

今やカラーリーフの定番ともいえるヒューケラ。こんもりと茂った株姿が美しく、ほどよい草丈でボリュームが出るのも人気の理由ではないでしょうか。銅葉やオレンジ、赤、黄緑、斑入りなどさまざまな葉色があり、ヒューケラだけの鉢植えや植栽に大人っぽさを加えたい時にもおすすめです。
ヒューケラは本来寒さには強いのですが、夏の暑さや直射日光、蒸れが苦手な多年草です。できれば落葉樹の下などで風通し良く育てましょう。シェードガーデンを彩るのに最適です。

おすすめのヒューケラ(ツボサンゴ)

avatar
ヒューケラ・ドルチェ
ヒューケラ・ドルチェは、夏の直射日光の下でもよく育つよう品種改良されたヒューケラです。葉の色は赤系、ライムグリーン、ブロンズ、シルバーグレー、クリーム系などカラーバリエーションも豊富にあります。ダークカラーを選べば一気にシックなお庭を演出でき、季節による葉色の変化も楽しめる宿根草です。

アベリア

日本では、マンションの外構や公園の植えつけなどで見かけることが多いアベリア。かわいらしい花だけでなく、葉色の美しい品種を選べば一年を通して葉の色を楽しめるのが魅力の丈夫な性質を持つ花木(低木)です。

おすすめのアベリア

avatar
アベリア ルビアニバーサリー
アベリア ルビーアニバーサリーは、光沢のある赤い葉が美しいアベリアです。紅葉の時期にはまた違った色合いを楽しめます。

アジュガ

濃いパープル系の葉を持つアジュガ。落ち着いた雰囲気で、和風の庭にも洋風の庭にもなじみます。春に明るい紫色の花が立ち上がるように咲きます。耐陰性が強く這うように生長するのでシェードガーデングランドカバーにもぴったりです。

耐寒性が強く、植えっぱなしで何年も楽しめる常緑のカラーリーフです。

ハツユキカズラ

春から秋にかけて出るピンクやベージュ色の美しい新芽と緑色の葉とのコントラストが美しいハツユキカズラ。常緑つる性植物で、地面を這うようにこんもりと広がるためグランドカバーにも向いています。刈り込みにも強く、半日陰~日当たりまで植える場所を選びません。発色よく育てるには、適宜肥料を与え刈り込みをして新芽を出させるのがコツです。

シロタエギク

シルバーリーフの代表的な植物がシロタエギク(ダスティーミラー)。ビオラやパンジー、葉ボタンとの冬の寄せ植えには欠かせないアイテムで、植栽に上品なアクセントを加えたいときにおすすめです。花は黄色。日当たりの良い場所で育てましょう。

シルバーリーフはホワイトガーデンを作るにもおすすめです。シルバーリーフには、他にもラムズイヤーやシルバーレースなどがあります。

観葉植物にもおすすめのカラーリーフ

ヒポエステス

斑入りから―リーフ ヒポエステス

楕円形の葉に赤色や白色の斑点が入るヒポエステス。夏の寄せ植えを爽やかに演出してくれるカラーリーフです。花壇の縁取りや植えつけのアクセントにもおすすめです。夏の直射日光にも強いだけでなく、シェードガーデンや室内の観葉植物としても場所を問わずお楽しみいただけます。

おすすめのヒポエステス

avatar
ガーデン ヒポエステス ピッピ
春から晩秋まで楽しめるガーデンヒポエステス ピッピは、斑入りの大きな葉と整った草姿が魅力です。生育旺盛で草丈30cmほどに育ちます。

コルジリネ

斑入りカラーリーフ コルジリネ

赤や黄色などの鮮やかなストライプ模様がスタイリッシュなコルジリネ。まっすぐ伸びる細長い葉っぱはそれだけでも十分に存在感がありますが、寄せ植えや花壇のアクセントにも最適です。冬は日光が当たる室内で育てると、何年も長く楽しむことができます。

カラジウム

斑入りカラーリーフ カラジウム

日向・日陰・室内と場所を問わず楽しむことができるカラーリーフ、カラジウム。熱帯性のカラーリーフで、大きめの葉がお庭をトロピカルに演出してくれます。シェードガーデンで使うと一気に明るくなります。耐寒性は弱いので、花壇で育てると一年草扱いにはなりますが、グランドカバーとして最適です。室内で観葉植物として育てると翌年も楽しめます。

おすすめのカラジウム

avatar
ガーデンカラジウム ハートトゥハート
1枚の葉も5~8cmと大きめで、ハート型の葉をたくさん茂らすカラジウムです。日本の高温多湿の気候を得意とし、直射日光があたる場所はもちろん日陰から半日陰の場所でも室内でも観葉植物としても育てることができます。

真夏の直射日光もOKのカラーリーフ

アルテルナンテラ(アカバセンニチコウ)

カラーリーフの魅力 PW

品種が多く、赤、黄、紫、オレンジなどたくさんの葉色が揃っているアルテルナンテラ。花壇の縁取りや植えつけのアクセント、寄せ植えにもおすすめです。品種によって生育の仕方も異なるので、植える場所に合わせて選びましょう。

おすすめのアルテルナンテラ

avatar
アルテルナンテラ リトルロマンス
アルテルナンテラ リトルロマンスは、季節によって葉色の変化が楽しめるアルテルナンテラです。美しいブロンズ色の葉が大人っぽい印象で、生育旺盛で草丈30cmほどに育ちます。

コリウス

斑入りカラーリーフ コリウス

夏の花壇を強烈な色彩で彩ってくれるのがコリウス。高温多湿に強いため、夏の花壇や寄せ植えに欠かせません。葉色は赤や黄緑色、黄緑に赤色の斑入りなど実に個性的。鮮やかな夏の花に負けない華やかさを長期間楽しめます。摘心で脇芽を増やしてボリュームのある株に育てましょう。

まとめ

ここでは、代表的なおすすめのカラーリーフを紹介しましたが、実はカラーリーフは他にもたくさんの種類があります。パレットに絵を描くような自由な発想でカラーリーフを取り入れてみてくださいね。PROVENWINNERS(PW)のカラーリーフは、どれもガーデニング初心者にも育てやすいように改良された品種ばかりです。カラーリーフを選ぶ際の参考にしてみてください。