Day: April 3, 2019

この春のシーズンも楽しみたくて、昨年に続いてリピート植えしているのが、エリシマム・スプリングパーティーです。 一般的なエリシマムに比べてひと花が大きく、さらにパーティーは、イエロー~アプリコット~ピンクの花色がグラデーションで楽しめ、アンティークカラーの中に明るいイエローがアクセントになって一際目を引きます。 アンティークのブリキのコンテナに、秋からビオラを中心に寄せ植えを楽しんでいましたが、早春にとう立ちしたハボタンに変わってスプリングパーティーを植え込みました。 よく枝分かれして花つきもいいので、大きく茂ったビオラのなかでも個性をしっかり発揮しています。草丈は40~50㎝でこんもりとまとまりもいいので、小さなスペースや寄せ植えでも植え込みもしやすいです。 耐暑性のある栄養系エリシマムで、花後、草丈の半分ほどを切り戻して風通しをよくすれば、夏越しすることができるので、長くたのしめるのも魅力です。 天野 麻里絵愛知県豊田市にある、ガーデニングミュージアム花遊庭のガーデナーの天野麻里絵です。 季節に合わせておすすめの植物紹介をさせていただきます。 豊田ガーデンHP:http://www.kayutei.co.jp/ 関連記事 春を告げる花、ミオソティス ミオマルクもっと見るon 08 March 2018ボリューム感と華やかさが魅力!エリシマム スプリングパーティーもっと見るon 29 March 2018いよいよ夏の花苗シーズン!夏の庭を彩るスーパーチュニア ビスタもっと見るon 11 April 2018夏花壇を長く楽しむアプローチ シリーズ 1『ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト』もっと見るon 27 April 2018
Read more