日当たりの良い庭が理想だけれど、現実はそうはいかない…ということも多いのではないでしょうか。でも、日陰や半日陰など日当たりの悪いとされる場所は、実は植物の選び方次第でおしゃれな庭に大変身する可能性を秘めた場所なんです。

ここでは、暗いイメージの日陰の庭を明るく彩るポイントや、おしゃれな日陰の庭(シェードガーデン)におすすめの草花をご紹介します。

日陰の庭(シェードガーデン)とは

日陰の庭(シェードガーデン)とは、日当たりのあまりよくない場所に作る魅力的な庭や花壇のことです。

本来は、大きな木の木陰に半日陰を好む植物を植えて作る庭を指していますが、実際には、明るい日陰から暗い日陰までのあらゆる日陰や、木漏れ日のあたる半日陰、半日程度日の当たる庭などを含めて日陰の庭(シェードガーデン)と呼んでいます。

日陰というとなんとなく暗くてじめじめしたイメージがあるかもしれませんが、木漏れ日が当たる程度の日陰は、日当たりの良い場所が苦手な植物にとっては天国のような場所。強い日差しが苦手な植物は意外と多く、焼けつくような夏の日差しを遮ってくれる日陰は暑さが苦手な植物が生き生きと育つ場所でもあるのです。

日陰の種類

一言で日陰と言ってもさまざまな場所があります。

全く直射日光の差し込まない塀際などの暗い日陰から、エントランス周りのような日差しはなくてもある程度明るい北側の日陰、午前中や午後の遅い時間に日が当たる場所、広葉樹の影など木漏れ日のさす日陰など、場所によって光の量も、育つ植物も変わってきます。

また、季節によって太陽の角度が変わるため、夏は直射日光の当たる場所でも冬は日陰になることも。

おしゃれな日陰の庭(シェードガーデン)づくりは、自分の家にどのような日陰があるのか理解することから始めましょう。

1
半日程度日の当たる半日陰

午前や午後、1日2~3時間程度日のあたる日陰。庭やベランダの向き、まわりの建物や塀などによって日陰になる場合も半日陰の庭になります。季節によって日当たりが変わるのも特徴です。日の当たる時間があるので、暑さが苦手な草花などにおすすめ

2
木漏れ日が差す半日陰

落葉樹の木漏れ日が差す庭は、植物にとって理想的と言えるかもしれません。冬は陽だまり、夏は強い日差しが遮られる環境なので、春・秋は日当たりの良い場所に置きたいけれど真夏の直射日光は苦手、という草花も良く育ちます。一方、常緑樹の木陰は暗くなりがちなので耐陰性のある植物を植えましょう。

3
エントランス周りなどの明るい日陰

エントランス周辺などの風通しの良い明るい日陰は、意外といろいろな植物が育ちます。花をたくさんつける草花は花が少なくなりがちですが、夏の強い日差しが苦手な植物などにはおすすめの場所。鉢植えにして、季節により日当たりの良い場所に動かせるようにするとよいでしょう。

4
塀沿いや狭いアプローチ、生垣の陰などの日陰

日当たりの悪い暗い日陰。日本庭園に使われるシダやアオキ、タマリュウ、ヤブランなどを使えばしっとりと落ち着いた印象になります。植物だけで雰囲気を作るのが難しいので、石畳やレンガなどの構造物を取り入れるとよいでしょう。

日陰の庭づくりのポイント

土の面積を減らそう

日陰をおしゃれな庭に

日陰になる場所は、土がむき出しだと暗く荒れた印象になりがちです。常緑のグランドカバープランツや、少し草丈の高い存在感のある植物や低木(シュラブ)などを取り入れてみましょう。


植栽以外にも、レンガの小路や白い砂利、明るい色のトレリスなどエクステリアも工夫してみてください。日陰の庭に置いた資材は、経年美化で年を重ねるほど趣ある雰囲気をかもし出してくれます。

日陰に強い植物を選ぼう

日陰の庭づくりには、日陰でも育つ庭木や植物を選ぶことがとても重要になります。実は、庭木や植物は日当たりが良い場所ばかりを好むわけではありません。日陰に強い植物を選んで、育てましょう。

日陰の庭を明るく彩ろう

ガーデンカラジウム

日陰の庭を明るく彩るには、斑入りの葉やヒューケラ、ガーデンカラジウムなどのカラーリーフを取り入れてみましょう。グリーンばかりの暗かった空間が、一気に明るいおしゃれな印象に様変わりします。
日陰の庭は、夏も乾燥しにくいのでローメンテナンスなのも魅力で、クリスマスローズやミヤコワスレ、シャガなど耐陰性の強い多年草の花を楽しむこともできます。


また、日向で花を咲かせた鉢植えの花をポイントになるように置くのもおすすめです。この場合は1~2週間ごとに日陰の庭に置く鉢と日なたの庭に置く鉢を入れ替えて楽しみましょう。

日陰の庭のお手入れ方法

日陰の庭のつくり方

シェードガーデン

長い間何も植えていない場所は、まず、雑草を抜いて深さ30cm程度まで土を耕し、腐葉土や堆肥を混ぜましょう。土が固すぎるなど状態があまり良くない場合は新しい培養土に入れ替え、緩効性肥料などを混ぜておきます。


すでに植物が植えてある場所に新しく植栽する場合は、植えてある植物を掘り起こし、残った根などを取り除き、腐葉土や堆肥を入れるか、新しい培養土を掘り起こした後の穴に補充し、緩効性肥料を混ぜておきます。


ガーデニング初心者の方は、植える場所だけでも新しい培養土にしてしまう方法がおすすめです。土にはあらかじめオルトランなどの粒剤を混ぜておくと病害虫予防になります。

土の準備が整ったら新しく植える植物をポットから抜き、根鉢を崩さないように植え付けて土を平らにならし、水をたっぷり与えます。しっかり根付くまではしおれないように、土の状態を見て水やりしましょう。

日陰の庭の肥料のやり方

植える植物にもよりますが、葉がメインの植物は、成長期に緩効性肥料を追肥する程度でかまいません。追肥のタイミングは、肥料の種類によっても異なるので、表記通りに与えてください。


長期間花を咲かせる草花の場合はエネルギーもたくさん必要なので、肥料もやや多めにあげます。花が小さくなってきたり、花の色が薄くなってきたりするのは肥料不足のサイン。追肥をするとともに草花用の液体肥料をあげましょう。


いずれも、成長がとまる時期、宿根草だったら地表の葉が枯れる時期には肥料をあげないでください。


アジサイなど花を咲かせる低木(シュラブ)は、花後にお礼肥をやり、冬に有機質の寒肥を施しましょう。

日陰の庭の水のやり方

日陰は直射日光があまり当たらないので、頻繁に水やりをする必要もありません。地表が乾いていても地中にはまだ水分があることも。何日か雨が降らず、地表が白っぽく乾いていたら水やりをします。
鉢植えの花は地表が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水を与えましょう。

日陰の庭の季節ごとのお手入れ

春のお手入れ

宿根草や落葉樹の新芽が出る時期。植え付けにも最適です。株の周りを軽く耕して堆肥を混ぜたり緩効性肥料を施したりしましょう。雑草の芽も出てくるので小さいうちにこまめに抜いてさっぱりと。育ちすぎた常緑シュラブは梅雨前に軽く剪定して形を整えます。

夏のお手入れ

梅雨前から夏にかけては雑草も増える時期。こまめに雑草を抜いて、風通し良く保ちます。増えすぎたグランドカバープランツは切り戻しをしてすっきりさせましょう。一般的なアジサイは7月末までに花後の剪定を終わらせます。

秋のお手入れ

秋もガーデニングに最適なシーズン。夏の間お休みしていた花期の長い花も再び花をつけ始めます。肥料が途切れないように注意しましょう。移植や植え付けにも適した時期。宿根草は、晩秋になったら肥料を与えず休眠の準備を始めます。

冬のお手入れ

宿根草は地上部が枯れていても根は生きています。寒さを防ぐために、腐葉土などでマルチングを行いましょう。アナベルなどは剪定時期。春になる前に剪定を行えばまた花を楽しめます。落葉樹は弱い枝や邪魔な枝などを剪定して春に備えましょう。

\シェードガーデンに植える庭木のお手入れ方法/
詳しくはこちら

日陰の庭におすすめの草花

日陰を好む植物は、例えば、ヒューケラ・ドルチェです。ヒューケラ・ドルチェは夏の直射日光の下でも良く育つように改良された品種ですが、もともとヒューケラは日陰でも良く育つ多年草。日当たりのあまり良くないシェードガーデンを華やかに演出したい時にもおすすめです。大人っぽいダークな銅葉や黒色、鮮やかな赤やオレンジ、爽やかなライムグリーンなど葉の色は実に多彩。ヒューケラだけでもおしゃれな花壇が完成します。

日向・日陰・室内と場所を問わず楽しむことができるカラーリーフ、ガーデンカラジウム ハートトゥハート。熱帯性のカラーリーフで、大きめの葉がお庭をトロピカルに演出してくれ、日陰の庭で使うと一気に明るくなります。耐寒性は弱いので、花壇で育てると一年草扱いにはなりますが、冬は室内で観葉植物として育てると翌年も楽しむことができます。また、冬に球根を堀上げて春に植えて翌年もまた楽しむこともできます。

赤色や白色、ピンク色などの斑入りの葉が美しいガーデンヒポエステス ピッピ。斑入りの大きな葉は日陰を明るくしたいときに最適。直射日光の下でも暗い日陰でも育つ丈夫な植物で、草丈30cmほどのこんもりした株姿に生育します。春から晩秋まで楽しめるので、シェードガーデンにぜひ取り入れてみてください。

春から夏にかけて品種ごとに美しい葉の色を楽しめるディエルヴィラ ぶんぶんツリー。その葉色はオレンジやバーガンディー、濃い紫色の3色。初夏~秋にかけては黄色い小花、秋には紅葉と、季節感の演出にも役立つ落葉性のシュラブです。病害虫にも強く強健な性質で日陰でも良く育ち、暗くなりがちな場所を彩ります。樹高90~120cm程になるので、高さを出したい場所にもおすすめです。

半日陰の庭におすすめの草花

春から晩秋まで花期が長いスーパートレニア カタリーナ。爽やかな花色で庭を彩る「ブルーリバー」「ピンクリバー」「アイスリバー」の3品種がそろっています。暑さや雨に強く、とても育てやすいのでガーデニング初心者さんでも大丈夫ですが、真夏は水切れしやすいので半日陰で楽しむのがおすすめです。半日陰でも圧倒的な花つきの良さを実感できますよ。

白いカスミソウのような花が春から晩秋まで咲き続けるユーフォルビアダイヤモンドフロスト。寄せ植えにもグランドカバーとしても、ナチュラルな雰囲気で半日陰を明るくしてくれます。強健な性質で日当たりの良い場所から半日陰まで、さまざまな場所で育ちますが、あまり日当たりが悪いと徒長してしまうので注意しましょう。

午前中日の当たる場所は、意外とたくさんの植物を育てることが可能で、夏の西日を嫌う植物にも適した場所です。スーパーサルビア・ロックンロールスーパージギタリススーパーゼラニウム・チャンピオンなども午前中日の当たる場所を好みます。
1日中日が良く当たる場所よりも育ち方はゆっくりですが、スーパーチュニア®など強靭な植物も育ちます。

花が少なくなる2月頃~春にかけて、うつむくように咲く花をつけるクリスマスローズ。夏の直射日光が苦手で、冬に陽だまりになるような明るい半日陰で良く育ちます。クリスマスローズは、切れ込みのある常緑の葉のフォルムも魅力のひとつ。年々大きな株に育っていく多年草なので、広めのスペースを取って植えつけるとよいでしょう。

クリスマスローズ

まとめ

植物を選べば、実は魅力たっぷりのシェードガーデン。ちゃんと育つかどうか不安な場合は、鉢植えで試してみるのもおすすめです。まずは1日の日の当たり方などをよく観察して、シェードガーデンにおすすめの庭木も参考にして、素敵なシェードガーデンを作ってみてくださいね。

\シェードガーデンにおすすめの庭木/
詳しくはこちら