初夏は一気に気温も上昇して、様々な草花が開花しながら、季節が夏へと向かっていきます。秋から長く楽しんだパンジーやビオラなどの一年草も開花を終え、植え替えのシーズンを迎える5月。その先には長く厳しい夏が待っています。夏のガーデンのお手入れというと、暑さの中でうまく育てられるか、お手入れができるか心配されることも多いですが、植物を選べば、秋まで長く花を楽しむことができます。

シーズンを長く花を楽しむには暑さに強い品種を選ぶこと。そして、夏の暑さでも花を休めずに、次々咲いてくれる品種であることが大切です。スペースやシーン別に、4回のシリーズでおすすめの植物をご紹介します。

花も葉も美しく長くたのしめる
シリーズ 2『ベゴニア・ダブレット』

ベゴニア・ダブレットは、八重咲の花が愛らしく、銅葉の葉で上品に、花を引き立てる効果もあります。一株で目を引くので、加えると、全体が引き締まる効果も。こんもりとドーム状にしげって株まとまりもいいので小さなスペースでも楽しみやすく、寄せ植えや花壇など、様々な場所で楽しめます。

天野 麻里絵

愛知県豊田市にある、ガーデニングミュージアム花遊庭のガーデナーの天野麻里絵です。
季節に合わせておすすめの植物紹介をさせていただきます。
豊田ガーデンHP:http://www.kayutei.co.jp/