どんなに病害虫に強い植物を育てていても、ガーデニングをしているとどうしても避けて通れないのが病気や害虫です。しかし、予め予防をすることで病害虫の発生を少なくすることもでき、症状が拡大する前に対策することで被害を最小限に抑えることもできます。

ガーデニングをする上で、よくある病害虫の被害を症状別にまとめてみました。早期発見や予防・対策にお役立てください。

発生している症状

葉に異常がある

穴が開く
粒がつく
まだらになる
斑点がある
白くなる
茶色になる
黒色になる
黄色になる
こぶができる
葉形がゆがむ
腐る
枯れる

茎に異常がある

粒がつく
白くなる
黒くなる

花に異常がある

食べられる
花が奇形になる

根に異常がある

腐る
こぶができる

全体に異常がある

枯れる
腐る

病害虫別対処法

病気

斑点病(セルコスポア)

斑点病(セルコスポア)は、葉や茎に、淡褐色~褐色の斑点が生じる症状が見られ、症状が拡大すると葉が枯れる病気です。カビの仲間である糸状菌によって、春から秋に発生します。

生育期には分生子が、雨などで飛散します。冬は症状が見られなくなりますが、翌年も再発する可能性があります。

斑点病(セルコスポア)の予防方法

糸状菌は多湿を好むので、水のあげ過ぎに注意しましょう。薬剤をあらかじめ散布して、風通しのよい場所で育てるようにしましょう。

斑点病(セルコスポア)の駆除対策

病徴の見られた部位を取り除き、処分します。鉢植えの場合は、軒下などに移動してなるべく雨がかからないようにします。

さび病

さび病は、さび病菌と呼ばれるカビの一種によって発生する病気です。春と秋の雨が多い時期に発生する傾向があります。初めは黄色味のかかった白色の斑点が葉の裏にでき、徐々に斑点が大きくなり盛り上がったようにもなります。そのため、葉がゆがんだり巻かれたりする症状が発生します。

さび病の予防方法

さび病菌は多湿を好むので、水のあげ過ぎに注意しましょう。春と秋に薬剤を散布し、風通しのよい場所で育てるようにしましょう。

さび病の駆除対策

病徴の見られた部位を取り除き、処分します。多くの葉に症状が出ている場合は、植物が育つ範囲で葉を取り除くようにしてください。

ウドンコ病

葉にうどんこを振りかけたような粉状の円斑が生じたらウドンコ病の可能性があります。徐々に葉全体に広がり、葉は変色し、萎れ、やがて枯死します。多くの葉に発病すると生育が悪くなります。

18℃付近となる春や秋によく発生します。冬は症状が見られなくなりますが、翌年も再発する可能性があります。

ウドンコ病の予防方法

水やりはなるべく朝にするようにしましょう。薬剤をあらかじめ散布して、風通しの良い場所で育てるようにしましょう。

ウドンコ病の駆除対策

病徴の見られた部位を取り除きます。薬剤を散布して、再発を防ぎましょう。

すす病

すす病とは、葉に炭のすすがついたような症状の病気で、葉が呼吸できない状態になってしまいます。アブラムシやカイガラムシなどの害虫の排泄物にカビが付着して発生します。

すす病の予防方法

オルトランなどの殺虫剤をあらかじめ散布して、害虫対策を実施します。

すす病の駆除対策

病徴の見られた部位を取り除きます。殺虫剤を散布して、再発を防ぎましょう。

立ち枯れ病

立ち枯れ病とは、初めは下葉や根元の茎が黄色になり、症状が拡大すると苗が倒れて枯れる病気です。病原菌はカビの一種で、春~秋の湿度の高い季節に発生します。

立ち枯れ病の予防方法

水やりはなるべく朝にするようにしましょう。薬剤をあらかじめ散布して、風通しの良い場所で育てるようにしましょう。

立ち枯れ病の駆除対策

病徴の見られた部位を取り除きます。薬剤を散布して、再発を防ぎましょう。

灰色かび病(ポトリチス)

灰色かび病(ポトリチス)は、老化した花弁や傷んだ葉先、茎、地面に接した葉柄などが水浸状に軟腐する病気です。症状が拡大すると灰色のかびに覆われます。花弁は、斑点が多数生じ、やがて枯れます。

18℃付近の春や秋に、多湿な状態が続くとよく発生します。

灰色カビ病の予防方法

灰色カビ病は高温多湿を好むので、水やりはなるべく朝にするようにしましょう。風通しの良い場所で育てるようにしましょう。硝酸カルシウムをあげましょう。カルシウムは細胞壁の構成成分のひとつであり、硝酸カルシウムをあげることで植物が強健になり、葉も大きくなります。

灰色カビ病の駆除対策

病徴の見られた部位は、見つけ次第すぐに取り除き処分します。薬剤を散布して、再発を防ぎましょう。

クロカビ

クロカビは、主に枝分岐部や葉先で黒褐変症状が観察され、その後枯死する病気です。カビの仲間である糸状菌が雨や風で飛散し、伝染します。

春~秋に、湿度が高まると発生しやすくなります。冬は症状が見られなくなりますが、翌年も再発する可能性があります。

クロカビの予防方法

カビは高温多湿を好むので、水やりはなるべく朝にするようにしましょう。風通しの良い場所で育てるようにしましょう。

クロカビの駆除対策

病徴の見られた部位を取り除き、ビニール袋にいれて、すみやかに処分します。発病株を触った後に作業をする時は、必ず手や道具(ハサミ、カッター等)を消毒するようにします。他の株への感染予防のため、薬剤散布しましょう。

根頭癌腫病

根頭癌腫病とは、根や茎などにこぶが生じ、症状が進行すると茎葉の生長が衰え、退色して淡黄色となり、委縮し、放っておくとやがて枯死する病気です。根こぶ病菌は、休眠胞子の状態で土壌中に長期間生存します。一般的に土壌から伝染する病気とされていますが、樹液からでも感染します。

根頭癌腫病の予防方法

新しい土を使って、水はけのよい土壌で育てましょう。

根頭癌腫病の駆除対策

感染した株は回復しないので、こぶだけを取り除こうとしないでください。病徴の見られた苗はビニール袋にいれて、すみやかに処分します。発病株を触った後に作業をする時は、必ず手や道具(ハサミ、カッター等)を消毒するようにします。他の株への感染予防のため、薬剤散布しましょう。

モザイク病

モザイク病とは、薄い緑色の斑点ができたりモザイクな状態ができる症状です。被害が拡大すると、葉の縮れなどの変形や濃い斑点などを生じるようになります。

主にアブラムシなどを媒介して伝染するため、アブラムシが発生しやすい春から秋にかけて伝染します。

モザイク病はウィルスによって引き起こされる病気です。

病徴の見られた苗はすみやかに処分します。発病株を触った後に作業をするときは、必ず手や道具(ハサミなど)を消毒するようにします。発病した植物を置いていた場所もあわせて消毒してください。

モザイク病の予防方法

アブラムシの発生を防ぐために、風通しの良い場所で育てましょう。

モザイク病の駆除対策

アブラムシを駆除することで、伝染の機会を断つようにように対策をします。アブラムシに効く薬剤を散布しましょう。

軟腐病(リゾクトニア)

軟腐病(リゾクトニア)は、葉や茎などに水浸状の病斑を生じ、病患部は褐変、腐敗し、葉腐れを起こす病気です。

地際の胚軸部が褐変してくびれ、倒伏や立ち枯れを起こします。病原菌は感染した植物や土壌中で生き残り、土壌伝染します。春から秋、特に梅雨や秋雨の時期に発生します。

軟腐病(リゾクトニア)の予防方法

薬剤をあらかじめ散布しておきましょう。土壌が多湿になたないように風通しのよい場所で育てるようにしましょう。

軟腐病(リゾクトニア)の駆除対策

発病した株はビニール袋に入れて、袋を閉じた状態で除去します。また、他の植物への感染予防のため、薬剤を散布しましょう。

フィトフトラ

病原体はフィトフトラというカビの仲間で、感染した部位は黒色ではなく、茶色になることが特長です。葉では葉脈に沿って広がります。根から感染して、根腐れが起こります。遊走子により水媒伝染し、罹病植物中や土壌中で越冬します。

フィトフィトラの予防方法

土は毎年新しいものを利用するようにしてください。水のあげ過ぎに注意して育てましょう。底面潅水の使用を控えて水の再利用は避けましょう。

フィトフィトラの駆除対策

発病した株はビニール袋に入れて、袋を閉じた状態で除去します。また、他の植物への感染予防のため、薬剤を散布します。

フザリウム病

フザリウム病は、フザリウムと呼ばれる糸状菌の一種が病原体で、土壌感染する病気です。下葉から上葉へ徐々に黄色に変色し、萎れが起こる症状が見られます。立ち枯れ病や根腐病を起こします。

23~30℃付近で発生し、真夏の時期には症状が見られなくなります。土壌の中で4~5年も生き残ることができるため、一度発生すると長年に渡って残ります。

フザリウム病の予防方法

土は毎年新しいものを利用するようにしてください。風通しのよい場所で育てるようにしましょう。フザリウム病は酸性土壌で発生が多くなるので、土壌をアルカリ側に傾けることで発生を抑えることができます。

フザリウム病の駆除対策

発病した株はビニール袋に入れて、袋を閉じた状態で除去します。また、他の植物への感染予防のため、薬剤を散布します。

生理障害

マグネシウム欠乏症

下の葉が黄色に変色してきた場合は、マグネシウム欠乏症の可能性があります。マグネシウムは、肥料に含まれる中量要素の1つで、光合成をするための葉緑素を作り、リン酸の働きを助けます。下葉が黄色になるのは、肥料が足りていないサインの1つです。

マグネシウム欠乏症の予防方法

肥料を施す量を守りながら、肥料を定期的にあげるようにしてください。梅雨の時期など長雨で液体肥料が流れやすくなる季節は、特にたっぷりあげるようにしてください。

マグネシウム欠乏症の対策

マグネシウムを含む肥料をあげてください。

カルシウム欠乏症

緑葉が茶色になったり葉の形がゆがんできたりしたら、カルシウム欠乏症の可能性を疑ってみてください。

カルシウムは、根が生長するのを助け、病害虫に対する抵抗力をつける働きがあります。肥料が足りていないサインの1つです。

カルシウム欠乏症の予防方法

肥料を施す量を守りながら、肥料を定期的にあげるようにしてください。梅雨の時期など長雨で液体肥料が流れやすくなる季節は、特にたっぷりあげるようにしてください。

カルシウム欠乏症の駆除対策

カルシウムを含む肥料をあげてください。

害虫

アオムシ・イモムシ・毛虫類

ガーデニング 害虫

葉っぱが食われていたり、黒や緑色の粒状の糞が落ちていたら、そのあたりにアオムシやイモムシ・毛虫がいる可能性があります。アオムシやイモムシ・毛虫類は春に卵からふ化し秋頃まで発生します。

アオムシ・イモムシ・毛虫類の予防方法

オルトランなどの殺虫剤をあらかじめ散布しておきましょう。

アオムシ・イモムシ・毛虫類の駆除対策

見つけたらすぐに捕殺するのが一番の対策です。小さな幼虫が残っている可能性もあるので、植物に園芸用殺虫剤をかけておきましょう。ツバキ類につくチャドクガなどは、一カ所に集まっている孵化直後に、葉ごと切り落として処分します。

アブラムシ

ガーデニング 害虫

アブラムシの繁殖期は、4~6月と9~10月です。アブラムシは、植物の栄養分を吸い取ってしまうので早めに駆除したい害虫です。アリが植物を上り下りしているとアブラムシがいる可能性があります。注意して葉を観察してみてください。アブラムシは病気を運ぶこともあり、放置していると植物がだんだん弱っていきます。アブラムシの成虫の大きさは、1~4㎜程度になります。

アブラムシの予防方法

鉢は、風通しの良い場所に置きましょう。アブラムシの共存相手であるアリを駆除しましょう。

アブラムシの駆除対策

アブラムシがたくさんついてしまった部分は切り落とし、アブラムシに効く薬剤を散布しましょう。ナナホシテントウムシはアブラムシを食べてくれる天敵なので、見つけたら大切にしてください。牛乳をスプレーし、乾燥するまで待つとアブラムシが窒息します。牛乳のにおいが気になりますが、薬剤をあまり使いたくない場合は、参考にしてみてください。

カイガラムシ

カイガラムシ

カイガラムシは5~7月に発生することが多いです。植物から栄養を横取りして、弱らせてしまいます。葉の表面がテカテカしていたり、ベトベトしていたらカイガラムシが発生している可能性が考えられます。注意して葉を観察してみてください。

カイガラムシの予防方法

鉢は、風通しの良い場所に置きましょう。オルトランなどの殺虫剤をあらかじめ散布しておきましょう。

カイガラムシの駆除対策

植物の茎に小さな球状のものや白く平べったいものがついていたら、歯ブラシやへらなどでこそぎ落としましょう。成虫は足が退化しているため、植物からはがすことで駆除できます。但し成虫は薬剤が効きにくくなるので、幼虫のうちに駆除しておくことをおすすめします。

ハダニ

ハダニは梅雨明け頃から夏場にかけて、高温で乾燥している時期に出やすく、雨の当たらないベランダなどでよく見られます。

初めは葉の裏にほこりがついているように見え、次第に葉の表が白い斑点に覆われていきます。植物の葉の上に無数の白い斑点が現れたらハダニが発生している可能性が考えられます。放っておくと葉の全体に症状が拡がり、お花の開花期間を短くしてしまいます。

葉ダニ

ハダニは、0.3~0.5㎜くらいの小さい虫で、特に葉裏をよく観察すると肉眼では赤や黒の点のように見えます。葉をこするように触ると、ざらざらと粉が吹いている感じがします。

ハダニの予防方法

ハダニは水に弱い性質があるので、霧吹きで葉の裏に水をかけると効果的です。また、ハダニの天敵であるケシハネカクシを退治しないようにしてください。

ハダニの駆除対策

ハダニの数が少ない場合は、セロハンテープなどを貼り付けてはがして対応します。また、牛乳をスプレーし、乾燥するまで待つとハダニが窒息します。牛乳のにおいが気になりますが、薬剤をあまり使いたくない場合は、参考にしてみてください。
葉が真っ白になるほどハダニが繁殖してしまった場合は、ハダニに効果がある殺虫剤を巻いて対応してください。

アザミウマ(スリップス)

スリップスアザミウマ

アザミウマは、多くの花、野菜、果樹や雑草に寄生します。葉や花にかすれたような白色や褐色色の斑点が現れり、花色が抜けたりしたら、アザミウマ(スリップス)の食痕の可能性があります。どこにでもいる害虫ですが、近くに雑草が繁茂していたり、野菜畑、果樹園が近くにある場合には注意が必要です。

スリップスの被害

アザミウマには多くの種類があり、黒色のネギアザミウマやヒラズハナアザミウマと黄色のミカンキイロアザミウマやミナミキイロアザミウマが代表的です。 アザミウマの成虫の大きさは、1~2㎜程度になります。

アザミウマ(スリップス)の予防方法

アザミウマは非常に多くの植物に寄生します。そのため、雑草など発生源となるものはできるだけ除去し、咲き終わった花などは摘むようにして発生源を作らせないように予防してください。

アザミウマ(スリップス)の駆除対策

アザミウマが大量に発生している時は、花も葉も取り除いたほうが良いです。ただ全ての葉を取り除くと植物も弱ってしまうので、アザミウマが発生した葉を取り除くようにします。
アザミウマが発生している場所を少なくした後に、薬剤を使用すると非常に効果的です。薬剤を選ぶ際は、適用害虫名にアザミウマの記載があることを確認してください。すでにアザミウマが繁茂している場合は、1回の使用だけではなく、2~3回の使用が必要になります。アザミウマは、春であれば10~2週間で卵から成虫になります。そのため、10~2週間以内に1回のペースで使用しないと、次回の薬剤使用までの間に増えてしまいますので、薬剤を使用する間隔にも注意が必要です。薬剤にはアザミウマに直接接触して効果があるものと、植物が根から吸収して、その植物についたアザミウマが植物の汁を吸収することにより薬剤が効くものがあります。症状がひどい場合には、両タイプの薬剤を併用すると効果的です。

ナメクジ・カタツムリ

ガーデニング ナメクジ 害虫

もし、植木鉢の周りや葉の上などにテラテラと光るスジのようなものがあれば、それはナメクジやカタツムリが這った跡です。ナメクジやカタツムリの繁殖期は、4~6月と9~10月です。せっかくの新芽を食べられてしまい、株は大きく育っているのに全く花が咲かないということもあります。

特に、PROVEN WINNERS(PW)のスーパーベルリッチ・イエローやスーパーベル・レモンスライスなど黄色のペチュニアやカリブラコアはナメクジの大好物です。しっかり予防しておきましょう。

ナメクジ
ナメクジ・カタツムリの予防方法

ナメクジ駆除剤を、あらかじめまいておきましょう。鉢は、地面に直接置かないようにしましょう。枯葉は、溜まらないように定期的に取り除きましょう。

ナメクジ・カタツムリの駆除対策

ナメクジは鉢の裏やウッドチップの間などジメジメ湿った場所に隠れているので、見つけたら捕殺しましょう。薄めた台所用洗剤に落とすと退治も簡単です。深めのプラスチックカップにビールを入れて一晩置いておくと、ビールに集まったナメクジが溺れ、まとめて退治することが可能です。ビールの飲み残しがあったら試してみてはいかがでしょうか。

ヨトウムシ

一夜にして葉が大量に食われたのに虫がいない!というような被害が出る場合は、ヨトウムシの仕業である可能性が高いです。ヨトウムシとはヨトウガの幼虫で、夜活動する大食漢のイモムシです。葉にかじられた跡のような穴が開いたり、葉が薄皮だけになって白っぽく変色したり、黒い粒のような糞が見られたら要注意です。昼間はたいてい葉裏や株元などで寝ているので姿が見えないのですが、少し探すと見つかります。大きくなると殺虫剤が効きにくくなるので、卵や幼虫の間に見つけたらすぐに捕殺しましょう。4月~6月、9~11月に活動が活発になります。

ヨウトムシの予防方法

オルトランなどの殺虫剤をあらかじめ散布しておきましょう。
コーヒーの出がらしを土に混ぜてみましょう(ヨウトムシはコーヒーに含まれている成分を嫌う性質があるため)。

ヨウトムシの駆除対策

ヨトウムシが卵を産みつけるのは3~5月です。ヨトウムシの卵は乳白色で2cm×2cmぐらいの塊となっています。葉の裏などに卵を見つけたら、葉ごと取り除くようにしてください。
成虫の場合は、オルトランなどの殺虫剤を散布して駆除するようにしましょう。

ハマキムシ

ハマキムシ被害

葉がクルクルと丸まっているような場合は、ハマキムシ(葉巻き虫)の仕業である可能性が高いです。ハマキムシとはガの幼虫で、丸めた葉の中に隠れて、葉やつぼみを食べます。

ハマキムシ

数cmしかない小さい幼虫自体を見つけるよりも、幼虫が吐き出した糸で数枚の葉をくっつけていることがあり、その状態を見つける方が簡単です。春から発生し始めますが、夏の暑い時期が最も活発になります。

ハマキムシの予防方法

オルトランなどの殺虫剤をあらかじめ散布しておきましょう。木酢液を植物に吹きかけても、忌避効果が期待できると言われています。

ハマキムシの駆除対策

数枚くっついた葉の上からハマキムシを包みこみ、取り除いてください。葉が丸くなっているので殺虫剤がかかりにくいかもしれません。オルトランなどの殺虫剤をまんべんなく散布して駆除するようにしましょう。