手間いらずでボリュームたっぷり!晩秋まで楽しめるおすすめの花10選

鉢植えや花壇で花を育てるなら、できるだけ長い間咲いてくれるものがいいですよね。そのうえボリュームたっぷりで手間がかからなければ言うことなし!そんな理想に近い、春や夏に植えて晩秋まで楽しめる花をご紹介します。ぜひガーデニングの花選びの参考にしてください。

そんな理想の花を楽しむために重要なのは、品種の選び方。

園芸の知識がそれほど豊富でなくても育てやすいように品種改良されたブランド苗を選べば、ベテランガーデナーのような鉢植えや花壇を楽しめます。逆に言えば、ベテランさんほど、そのような品種を上手に選んで使っているのです。

例えば、PROVEN WINNER(プルーブン ウィナーズ )ブランドの花は、簡単に美しい植物を育てることができるように長い時間と手間をかけて品種改良されたもの。日本の気候に合うよう選び抜かれた品種なので育てやすく、誰でもガーデニングの楽しさを味わうことができます。

手間をかけなくてもボリュームが出る!おすすめの花10選!

ユーフォルビア ダイアモンドフロスト

ユーフォルビアの中でも小さな白い花がふわふわとカスミソウのように咲くユーフォルビア ダイアモンドフロストは、ナチュラルガーデンにぜひ使いたい品種。寄せ植えにも地植えにもおすすめで、どんな花にも良く馴染み、他の花を引き立たせてくれます。
繊細な雰囲気とはうらはらに、性質は強健。夏の暑さや乾燥にも強く、一度植えると春から晩秋、なんと霜が降りるまで花を楽しめる優秀品種なのです。夏の暑い時期は花が少なくなる植物が多い中でも途切れなく咲き、そのうえ摘芯や花がら摘みなどの手間もほとんどかかりません。
日光が大好きなので、日当たりの良い場所で、乾かし気味に育てるのがポイント。
大人っぽい色合いの銅葉と合わせてもよし、元気いっぱいのビタミンカラーと合わせてもよし。もちろん、パステルカラーとも相性抜群。さまざまな花と合わせてみてくださいね。

スーパーチュニア® ビスタ

春から秋の花壇や寄せ植えに大活躍してくれるのがペチュニア。でも、夏の暑さや蒸れで傷んでしまい花数も増えない…という経験を持つ方も多いのでは?
ペチュニアには数多くの品種がありますが、おすすめなのがスーパーチュニア®ビスタ。暑さや蒸れにも強いため真夏の直射日光の下でもすくすくと育ち、早春~晩秋まで開花してくれます。
そのうえ生育旺盛で、摘芯をしなくても勝手に次々と分枝するためボリュームたっぷりに育ってくれるというありがたい品種。とにかくよく育つので、肥料不足に注意します。500倍に薄めた液体肥料を週1回、置き肥として緩効性肥料を月1回施しましょう。花がこぼれるように咲くハンギングバスケットや鉢植え、花壇を楽しむことができます。

スーパーサルビア ロックンロール

夏の暑さにも負けず元気に育つサルビア。かつては夏の花壇を彩る赤い花が一般的でしたが、最近はブルーや紫など涼しげな花色の品種が多く出ています。
そんなサルビアの中でも、お手入れが簡単なのに次々と脇芽が育ってたくさんの花が咲き、ボリュームたっぷりの姿に育つのがスーパーサルビアです。ロックンロールという品種は、大人っぽい紫色が落ち着いた雰囲気。葉も美しく、花が咲くまではグリーンとしても活躍してくれます。霜が降りる初冬頃まで咲くので、一度植えると長い期間植え替えなしで楽しめるのも魅力です。
太陽の光が大好きなので、夏でも日当たりの良い場所で育てましょう。草丈が70cm~100cmほどに育つので、花壇では後方に植えこみ、手前に草丈の低い植物を組み合わせるとよいでしょう。

スーパーベナ®

小さな花が集まって咲く手毬のような花姿のバーベナ。花の形が桜の花に似ていることから美女桜とも呼ばれます。もともと亜熱帯原産のバーベナは、丈夫で夏でも育てやすい植物です。
スーパーベナ®は、一つ一つの花や花房が大きくて、ナチュラルながら華やかな雰囲気が魅力。暑さや病気にも強く、春に植えて晩秋まで楽しめます。生育が旺盛で、葉がこんもり茂った中から花がこぼれるように咲く姿は、ハンギングや鉢植えにもぴったり。ラベンダーカラーやブルー、ホワイト、ピンク系などさまざまな色が揃っているので、寄せ植えや花壇にも使いやすいですね。

スーパーベル®

ペチュニアと並んで人気のあるカリブラコア。その中でもスーパーベル®は、日本の高温多湿の夏にも負けず、病気にも強い品種。生育旺盛で大きな株に育つので、ハンギングバスケットやエントランスに飾る豪華な鉢植えとしておすすめです。
レモンイエローやラベンダーカラー、ピンク、深紅などの単色のほか、花びらにイエローや白が入ったバイカラー、大人っぽい雰囲気のパープルやカプチーノのような色合いなど花色も豊富。花色と鉢をコーディネートして楽しみましょう。

アンゲロニア エンジェルフェイス

40cm~60cmほどの草丈に育つアンゲロニア エンジェルフェイス。花壇のフォーカルポイントや、高さを出したい寄せ植えに向いています。この品種の最大の特徴は、自然に枝分かれしてたくさん花がつき、分枝しても草姿が崩れずに美しい姿を保てるところ。ナチュラルで優しい雰囲気ですが、性質は非常に強健。真夏の暑さにも負けず、春から晩秋まで咲き続けるのも魅力です。一般的な品種に比べると花が大きめで、花色は白や紫、ピンク、白とブルーのバイカラーがあり涼しげな印象。花壇に植えておけば長い間美しい花を楽しめます。

ベゴニア ダブレット

夏の花壇を彩るベゴニア。多くの品種がありますが、ベゴニア ダブレットはバラのような八重の花が美しい品種。もちろん夏の暑さにも強く、春~晩秋まで楽しめます。
小さめにこんもりと育ち、寄せ植えや小さな鉢に使いやすいのは銅葉のベゴニア ダブレット。光沢のある葉はカラーリーフとしてもおすすめです。
大鉢や地植えで楽しみたければ、光沢ある緑の葉と八重の花が美しいベゴニア ダブレット グランデを。生育旺盛で見ごたえ十分の株に育ちます。

タゲテス ゴールドメダル

長い期間花を楽しめるのが魅力のレモンマリーゴールド。一般の品種は秋~早春にかけて花が咲きますが、タゲテス ゴールドメダルは暑さにも寒さにも強く、繰り返し咲きながら、なんと一年中花を楽しめるという嬉しい品種です。葉はさわやかなシトラスミントの香り。温かみのあるイエローカラーが庭を明るく彩ります。50cm~80cmほどの草丈にまとまるので、花壇に植えれば野原のような雰囲気を楽しめます。

ニーレンベルギア オーガスタ

細い葉を持ち、どことなく繊細でおしゃれな雰囲気のあるニーレンベルギア。
ニーレンベルギア オーガスタは早い時期から花が咲く品種。切り戻しなどの作業をしなくても分枝しながらドーム状にこんもりと茂り、株の中央部分にもよく花がつくのが特徴です。暑さに強いので育てやすく、春から秋までの長い期間、次々と咲く花を楽しめます。草丈は30cmほど。花壇の縁取りにもいいですね。日当たりの良い場所で育てましょう。

サンビタリア スタービーニ

明るい緑色の葉と黄色い小花のコントラストが美しいサンビタリア スタービーニ。春から晩秋まで、小さな花を次々と咲かせながらどんどん枝分かれします。乾燥に強く、レイズドベッドやハンギングにもぴったり。主張しすぎない黄色い小花は庭に明るさを添えてくれます。節間が間延びせず株がコンパクトにまとまるので、宿根草の間を埋めるグラウンドカバーとして使ってもいいですね。

ボリュームがあって長く咲く花、育て方のコツは?

肥料

植物が育つのに必要なのは、水と光と空気、そして栄養分。ボリュームが出るということは、よく育つということ。成長期の子どもと同じで、栄養がたくさん必要ということになります。そのため、PWブランドの花のように、よく枝分かれして次々と花を咲かせる植物には、肥料を多めに与えるのがポイントです。

「多めに」と言っても、濃い液体肥料を与えるのはNG。液体肥料は、既定の濃度に希釈したものを週1回程度。緩効性化成肥料の置き肥は株の大きさに応じて、切れ目なく与えましょう。

水やり

多くの植物で共通することですが、水を与えるのは土の表面が乾いてから。過湿にしないことが大切です。そして、水を与える時はたっぷりと。鉢底から流れ出るように与えましょう。

育てる場所

植物の好む環境に合った場所で育てましょう。日当たりが好きな植物は、よく日の当たる場所で育てることで花付きも良くなります。

まとめ

花苗は販売される時期が限られるものが多いので、育てたい花があれば販売時期をチェックしておきましょう。
PWには、他にも育てやすい品種が多く揃っています。ぜひお気に入りを見つけて、ガーデニングを楽しんでくださいね。