アベリア ピンキーベルズ

分類:スイカズラ科アベリア属 学名:Abelia × ‘Lynn’

アベリアの中でも特に大きな釣鐘状の花が咲くピンキー ベル。
春と秋に赤みを帯びた色に変わる葉の色が美しく、さらに夏から秋にかけて咲くラベンダーピンク色の花も見ごたえ十分。とても丈夫で育てやすい品種です。
早春に緩効性肥料を与え、花が終わった後に切り戻しをして樹形を整えましょう。2~3年に一度、強剪定するとよく育ちます。

※緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことをいいます。

特長

  • アベリアの中で最も花が大きい・真夏から秋にかけて開花する・新しい葉は赤い・シカの食害に強い
  • 花の色:ピンク
  • 葉の色:グリーン

主な用途(植え込み場所)

fabi
  • ミックスボーダー(庭の塀際や小道の両側に多種類の多年生植物を植え込むもの)
  • ファンデーションプランティング(建物の基礎まわりの植栽)

管理のポイント

  • 開花期:夏から秋まで
  • 最低温度※:約-20℃~-25℃
  • 耐寒性ゾーン※:6b~
  • 日照:日向か半日陰
  • 樹高:約60cm~90cm
  • 栽植間隔:約1.2~1.5m
  • タイプ:落葉性
  • 土壌: 湿り気のある土をより好む、寒冷地では根の保護が必要
  • 花のあとに剪定する
  • この植物の冬越し可能エリアを確認できます。【▼マップを見る】

    この植物の耐寒性ゾーンは(6b~)です。色付けされたエリアが冬越し可能エリアとなります。

※耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
※最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。

関連商品

fabi