いよいよ夏の花苗のシーズン。夏の庭を彩るのに欠かせないのがペチュニアですが、毎年欠かさずに植えているのが、スーパーチュニア ビスタです。

夏の高温多湿にも強く、生育旺盛なのがビスタの魅力です。今までペチュニアを育ててきたけれど、なかなか上手に育てられないという方にもおすすめです。
花壇でビスタ・ピンクだけの植え込みでは、株間を十分に40㎝ほどとっています。直後は寂しく見えますが、その後一カ月ほどでみるみる土が見えなくなり、最終的にはビスタのカーペットに!!広いスペースを花でカバーしたい時にも最適です。

また、大型コンテナでは、あふれるように咲く姿も楽しめます。直径40㎝ほどのコンテナに、ビスタのピンクとシルバーベリーを各1ポット植え込んだだけですが、成長につれてそれぞれが混じりあって2色咲きのような仕立てに。株全体の8割ほどが咲き終わったら、茎葉も合わせてピンチすると姿も整い、こんもりとした姿で再び花を楽しめます。生育旺盛で次々開花するので、植え込み時の元肥と、1週間後に置肥を施すことに加えて、週に1度ほど液肥も与えています。

花後の切り戻しを繰り返していくと、11月頃まで花を楽しむことができます。大鉢仕立てを置いてみると庭の見応えもアップします。初夏~秋の彩りに、ぜひお試しくださいね。

天野 麻里絵

愛知県豊田市にある、ガーデニングミュージアム花遊庭のガーデナーの天野麻里絵です。
季節に合わせておすすめの植物紹介をさせていただきます。
豊田ガーデンHP:http://www.kayutei.co.jp/