PWのめざすもの

届けたいのは、育つよろこび

PROVEN WINNERS(PW)とは

fabi

PROVEN WINNERSプルーブン ウィナーズ (PW) は植物の国際ブランドです。
1992年に園芸種苗会社7社(アメリカ4社、ドイツ1社、オーストラリア1社、日本からは株式会社ハクサン)で発足しました。
現在、アメリカ・カナダ・日本・ドイツ・イギリス・スペイン・イタリア・デンマーク・ポーランド・オーストラリア・南アフリカから18社の企業が参加するグループとなっています。

network

PWがめざすもの

fabi

「植物を通じて、みなさまに驚きと感動をお届けすること」

みなさまは、このような経験がないでしょうか。
植物を植えてみたけども、すぐにだめにしてしまった。育て方を本で調べて、土も肥料も買ってきて毎日水をあげているのに・・私は何がだめだったんだろう?
だけど、ご近所のあの人の庭は今年もきれい

そんな方は一度育てる品種にも注目してみてください。

PWマークのついている品種は、PWに関わる多くの開発者の努力によって、驚くべき進化をとげています。

感動いただけるける品種をどのように開発するのか

fabi

従来になかったような画期的な品種は様々な困難を乗り越えて開発されます。
皆さん想像してみてください。
この地球上には園芸品種として知られていない植物が数多く眠っています。中には存在すら知られていないもの、あるいは100年以上前の標本でしか見られないような植物もあります。
それらの多くは発見が困難です。仮に見つかったとしても、ある特殊な環境に適応しており、みなさんのご家庭のような気候の異なる場所では生きていけないかもしれません。ただし、その植物の中で眠っている遺伝子は未知の可能性を秘めています。
品種開発の基本は何かと何かの組み合わせ(交配)です。本当に画期的な品種は既存品種と既存品種の交配だけではなく、未知の植物の秘めたる引き出しに入っている遺伝子さえも取り込んだ複雑な組み合わせの中からごくまれに生まれてくるのです

誰がこのようなことをやるのでしょうか?

それは、「育種家」です。

PWは世界中で活躍する100人以上の育種家と連携しています。
育種家の頭の中には様々なアイデアと疑問があります。

「2ヶ月しか花が咲かないこの品種を半年以上咲かせられるようにできないだろうか」
「何回も切り戻しをしなくとも、自然に枝分かれしてあふれるように咲かせるにはどうしたら良いだろうか」
「まだ知られていないこの植物をみんなが楽しめるように改良できないだろうか」

頭の中に何年、何十年とかけてアイデアを蓄積していきます。どのようにすればそのアイデアが実現できるか、様々な交配を繰り返していきます。ときには未知の植物を求めてプラントハンターとなり世界中を旅します。
そうして何千、何万という数の中から、おおよそ思い描いた通りの植物が生まれたり、育種家自身も驚くような植物にめぐりあうことがあります。
選び抜かれた自信作たちの誕生です。
しかし、それらは本当に皆さんのご家庭や公園できれいに咲いてくれるのでしょうか・・・

PW品種選抜システム

fabi

今度はそれを確かめるため、PWに参加する企業が育種家の努力の結晶をお預かりします。
2年の時間をかけて、様々な気候で厳しいテストを行います。
ドイツの涼しい環境ではきれいに育っても、日本では熱帯夜でやられてしまう。
花のカレンダーに出てくるようなきれいな株はプロにしか作れない。
これではだめです。
最終的にこの植物を植えた方が、育つ喜びを感じていただけるか?
それを何度も問い直します。どんなに綺麗な花を咲かせてくれても、見た目が良くても、様々な環境に適応し、みんなが失敗しない植物でなければPWの試験は通過しません。

厳選に厳選を重ね、最後にほんの一握りの品種が選ばれます。
例えばスーパーチュニアの場合、育種家の交配で生まれた10,000の候補からたった1品種選ばれるかどうかです。
確率で言うと0.01%以下で

奇跡のような確率で生まれた品種たちにPWのブランドマークが与えられます。

選ばれた品種は、PWグループで病気のないウイルスフリー苗が作られます。
もしウイルスが入っていると、生育などに影響を及ぼすだけでなく、ウイルスの種類によっては樹液から周りの植物に感染してしまう恐れがあります。
一度、感染した植物は薬を与えても消えません。そのためPWでは特にウイルスに細心の注意を払った生産管理が行われます。

そして、ようやく新品種として世界数十カ国へ旅立ち、みなさまにお届けできる苗となります。

次世代の品種開発のために

fabi

実は、みなさまにご購入いただいたPW苗の売上の一部は、品種の生みの親である育種家に還元される仕組みが整えられています。アメリカで売れても、イタリアで売れても、日本で売れても、1ポットに対して同じ金額が育種家に戻り、育種のための原資となります。あなたの購入された1ポットが未来の品種につながっているのです。

PWはこのように多くの人々のアイデア、努力を結集することにより、思いの詰まった画期的な品種を生み出し続けています。
PWの優れた品種によって、ご家庭やテーマパークが花であふれ、忙しい日常の中で素敵な時間を過ごしていただければ何よりと考えています。

園芸店やホームセンターでぜひPWマークの付いたラベルを探してみてください。
きっと「驚き」と「感動」のガーデニングをご体験いただけるはずです。

grow better plants, grow more smiles.
わたしたちPWは、植物を通して「育つよろこび」をお届けします。