PWガーデンは、(正式名称:PWディスプレイガーデン)は、愛知県日進市 株式会社ハクサン本社に隣接するローメンテナンスな植栽やお庭づくりを提案するために作られた約1,500平方メートルの広さのガーデンで、アニュアル(一年草花苗)、ペレニアル(宿根草・多年草)、シュラブ(低木)の約100品種が植栽されています。

四季折々のPWの植物をお楽しみいただけるほか、自動潅水や資材の工夫を施し、花と緑のまちづくりに携わる関係者の方や造園・小売業・生産農家の皆さん必見のガーデンとなっています。

ガーデン開園日時

毎週 土・日 9:00~16:00

ガーデンの見頃は、5〜11月頃になります。冬場のガーデンは多くの植物が休眠状態となり、お花をお楽しみいただくことができません。あらかじめご了承のうえご来園ください。

お客様の安全を考慮し、工事や悪天候の際は休園する場合がございます。

写真撮影OK!SNS投稿OK!

※一部撮影禁止エリアを設けております。そちらの場所では撮影はご遠慮ください。

業界関係者の皆さんであれば、平日の訪問も可能です。タイミングが合えばご案内もできますのでこちらからご予約ください。

ガーデン見頃情報

PWガーデンを日頃メンテナンスしているスタッフから、不定期でPWガーデンの見頃情報をご紹介させていただきます。

avatar
西口さん
不定期でPWガーデンの見頃情報をご紹介させていただきます。

アクセス

株式会社ハクサン
〒470-0104 愛知県日進市岩藤町三番割321-1(MAP)
※ナビの設定は上記住所で設定してください。

駐車場案内

赤い枠で囲われている場所が駐車可能となります。

PWディスプレイガーデン

ガーデン入園時のお願い

  • 園内の植物採取は禁止されていますのでご協力ください。
  • 植え込み内に立ち入らないでください。
  • 撮影禁止エリアでの撮影はご遠慮ください。
  • 鑑賞以外の行為はご遠慮ください。
  • ごみはお持ち帰りください。
  • 園内は禁煙です。
  • ペット同伴可能です。
  • トイレは利用できませんので、ご了承ください。
  • 近隣の皆様や他のお客様の迷惑とならないようにご協力をお願いします。
  • 園内・駐車場内での事故・盗難などにつきましては一切責任を負いません

よくあるお問い合わせ

Q
無料ですか。
A

PWガーデン(PWディスプレイガーデン)は、入園料はいただいておりません。10分程度でお楽しみいただける小さなテストガーデンになりますので、お気軽にお楽しみください。

Q
ペットを連れて行っても大丈夫ですか。
A

ペットも一緒にお散歩などお楽しみいただけます。その際には、必ずリードでつないで他のお客様のご迷惑とならないようにしてください。野良猫、害獣除けにモスキート音がなる装置を各所に設置していますので、ご了承ください。また、糞はお持ち帰りください。

Q
ボール遊びなど遊戯を楽しんでもいいでしょうか。
A

本ガーデンは公共の公園やテーマパークではなく、会社のテストガーデンになります。ボール遊びなど他のお客様の迷惑となるような行為は控えていただきますようご協力をお願いします。

Q
植物に触れたら肌荒れをしました。どうしたらいいでしょうか。
A

一部毒を持つ植物も植栽されています。樹液に直接触れると肌荒れを起こす他、ペットが口に入れると嘔吐、口腔や喉の炎症が発生することがあります。植物には触れないように注意してください。園内・駐車場内での事故・盗難などにつきましては一切責任を負いませんので、ご了承ください。

ガーデン作りのヒント

PWガーデン(PWディスプレイガーデン)には、ローメンテナンスで楽しめるガーデニングのヒントがいっぱい!植栽のプロの方はもちろん、一般のお客様もお庭づくりの参考にしてみてくださいね。

ドットプランターで育てています

PWディスプレイガーデン

PWガーデン(PWディスプレイガーデン)にたくさん置かれている大きな鉢は、ドットプランターと呼ばれる水やり頻度を劇的に減らしてくれる底面給水型の鉢になります。サイズは、直径60cm×高さ64cmと直径40cm×高さ47cmの2サイズがあり、PWガーデン(PWディスプレイガーデン)用に「PW」ロゴを印字しています。

PWガーデンドットプランター

このプランターのすごい点は、水やり頻度の間隔を長くするだけでなく、希釈した液体肥料も混ぜておくことで肥料やりも不要になります。さらには底面給水で植物は育つので、地上部は乾いた状態を保ち蒸れを防ぐことができます。

水の補給は、鉢の縁の天井にある穴から行います。蓋がついているので、有機物が中に入り込むこともあまりなく、プランターの中の水が腐敗する心配もあまりありません。

プランターサイズ水が入る量水を補給する目安
直径60cm×高さ64cm40ℓ真夏なら2週間程度、春や秋なら4週間程度
直径40cm×高さ47cm20ℓ真夏なら1週間程度、春や秋なら2週間程度
PWディスプレイガーデン

鉢の縁の天井にドットプランターに入っている水の量を表示するインジケーターが付いています。インジケーターの表面が天辺まで青色になっている時は、十分に水が入っている状態になります。

PWディスプレイガーデン

逆にこのようにインジケーターが天辺まで届いていない時は、水が徐々に減ってきているサインになります。

真夏でも水やり頻度が2週間に1回で済む!ローメンテナンスなガーデンを実現するのに欠かせないこのドットプランターは、現在テーマパーク限定で販売をしております

自動潅水で育てています

PWディスプレイガーデン
秋~冬のラウンドパーゴラ

パーゴラの上に植物が乗っていることにお気づきでしょうか。これらの植物は希釈した液体肥料を含む自動潅水システムを利用して育てています。

春から夏のラウンドパーゴラ
春~夏のラウンドパーゴラ

「そんな大がかりな仕組み、参考にはできないわ」と感じる方もみえるかと思いますが、この自動潅水システムは、プロに施工を任せたのではなく、普段は事務や営業をしている社員(一般的なガーデナー)が作成したものになります。私たちが実際に手を動かして作成したことで、一般のご家庭でも施工可能だと自信をもって提案ができるようになりました。

PWディスプレイガーデン

よく見ると、パーゴラの骨格に沿って自動潅水用のチューブを見つけることができますよ。

PWディスプレイガーデン

そして、PWガーデン(PWディスプレイガーデン)の随所にみられる水栓が2つセットで立っていることにお気づきでしょうか。1つが液肥用立水栓、1つが水用立水栓になります。液肥用立水栓は、蛇口をひねると希釈した液体肥料入りの水が出てくる仕組みになっています。人間にとってはまるで「蛇口をひねったらビール!」のような植物たちにとって夢の立水栓なんですよ。

こちらはPWガーデン(PWディスプレイガーデン)の配管図になります。普段目にすることがない地下部には、PWの試験農場と同じように配管が巡らされ、ローメンテナンスガーデンを実現するヒントが隠れています。

PWディスプレイガーデン

アクアセルで育てています

PWディスプレイガーデン

水やりサポート資材「アクアセル」を活用して、土を使わずポットのまま育てるローメンテナンスなお庭づくりも試験しています。

PWガーデンアクアセルシート
2023年7月

アクアセルは、水やりが楽になるだけでなく、土壌改良が大変な場所土を運ぶのが大変な場所でも、ポット内の土以外は新たに土を使うことなく植物を楽しむことができる園芸資材になります。私たちがやるべきは、アクアセルが湿った状態を保つことのみです。それだけでポットを乗せてから約1か月経過するとこれだけ生長しました。蒸散作用で涼しく感じるのも体感いただけます。

ガーデンの見どころ

ガーデンの一年

PWガーデン(PWディスプレイガーデン)秋の様子
2022年10月

2022年秋にペレニアル(宿根草・多年草)やシュラブ(低木)の植栽が始まりました。10月植えつけ直後の様子です。

PWガーデン(PWディスプレイガーデン)初春の様子
2023年4月

春が始まると、花苗やカラーリーフが活躍を始めます。

PWガーデン(PWディスプレイガーデン)春の様子
2023年5月

GWを超え春も暖かくなってくると、ペレニアル(宿根草・多年草)が徐々に存在感を発揮してきます。

PWガーデン春
2023年6月

アジサイが主役になる6月には、シュラブ(低木)やペレニアル(宿根草・多年草)や花苗たちが開花し始め、ガーデンも華やかになってきましたよ。

PWガーデン夏
2023年7月

夏には、株も充実して、花壇を覆いつくすように咲いています。

冬の花とされるスウィートアリッサムの進化系スーパーアリッサムがこの暑さの中でも咲いている姿に驚かれる方がたくさんみえるようです。スーパーアリッサムは、夏は花数は少なくなりますがリーフとして楽しんでくださいね♪

冬のガーデン

PWガーデン冬

冬のガーデンでは、休眠・落葉期のシュラブ(低木)やペレニアル(宿根草・多年草)の様子を観察できます。パッと見枯れてしまっているように見えますが、根はたくましく生きているんですよ。皆さんもその様子を見て、安心して育てていただけると幸いです。

PWガーデン冬

そして、寒い冬を乗り越えた植物たちが、3月頃に新芽が芽吹かせる姿は、皆さんに感動を与えます。植物たちが強くたくましく生きていることを実感していただけることでしょう。

春のガーデン

PWガーデンの春

春になると花壇はたくさんの花で華やいできます。

PWガーデン春
4月

ガーデン全体像です。ガーデンの両脇は、まだまだ植えつけてから半年程度の小さな苗木たちばかりではありますが、メインゲートは春から花が咲く花苗たちがガーデンを彩ってくれています。スーパーチュニアだけでも15品種以上、スーパーベルだけでも15品種以上を植えており、数々のPWの植物をお楽しみいただけます。

PWガーデン春

社屋のすぐ北側に設けられたアジサイなどのシュラブ(低木)をメインとするスペースも、開花にむけてたくさんの花芽をつけ始めます。

初夏のガーデン

PWガーデン夏

6~7月のガーデンは、アジサイ祭りです。6月はPWアナベル(アメリカあじさい)ヤマアジサイたちが、少し遅れて7月からはノリウツギたちがたくさんの花を咲かせます。

「見てみて!きれいに咲いたでしょ♪」みんなが誇らしげに咲く姿を、是非お楽しみください。

真夏のガーデン

ゲート

年々最高気温が記録を更新し、線状降水帯などの強い雨が繰り返し降るような気候へと激変していく中で、PWガーデン(PWディスプレイガーデン)ではPWの夏の花たちの強健さを改めて実感することができます。豪雨の直後は傷んでいることもありますが、回復力の早さを是非皆さんの目で確認してみてください。

PWガーデン夏

夏のお花の代名詞ヒメヒマワリのヘリオプシス サマーパレットルドベキア アーバンサファリも、夏に見頃を迎えます。「何株ですか。」とよくお問い合わせを受けるのですが、これで2株になりますよ。冬越しをしたペレニアル(宿根草・多年草)は、年々驚きのボリュームに生長します。

PWガーデンの進化系シュラブ

花は大きいのに株のまとまりが優れている地植えのペレニアル(宿根草・多年草)にも注目です。大雨の後でも、なかなか倒れたり株が乱れることがありません。

ベロニカウィザーディングホワイトワンズ

ペレニアル(宿根草・多年草)であるベロニカ ウィザーディング ホワイトワンズも真夏でも休むことなく花を咲かせ続けてくれています。

エボルブルスブルーラグーン

さすがのエボルブルス ブルーラグーン、真夏も満開を魅せてくれますよ。

秋のガーデン

スーパーアリッサム

植えつけから一年経過したPWガーデンの秋は、スーパーアリッサムの雲海を展望できます。

ノリウツギの秋色変化

秋色カラーに変化したノリウツギも、どうぞお見逃しなく!

ガーデンの今後

PWガーデン(PWディスプレイガーデン)は、毎年新しい品種に入れ替わることはもちろんですが、常に新しい育て方を試験し提案していくガーデンになります。

植物たちが年々充実した株に育っていく様子や、植物たちが魅せる四季折々の姿をお楽しみいただけたら幸いです。お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。