分類:ヒルガオ科エボルブルス属 学名:Evolvulus hybrid

ラインアップ

エボルブルスブルーラグーン

ブルーラグーン

特長

分枝力に優れ、たくさんの花が楽しめます
寄せ植えやグランドカバーにもおすすめです
一般品種(通称:アメリカンブルー)と比べ低温期でも生育が良くなりました

管理情報

開花期:春~秋

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度※:約0℃

耐寒性ゾーン※:9a~

水やり:土の表面が乾いたらたっぷりあげてください

置き場所:1日中日光がよくあたる場所

肥料※:緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(500~1,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

草丈

草丈:20~40cm

株幅

株幅:40~70cm

※最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
※肥料:緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことです。
※耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。

この植物の冬越し可能エリアを確認

販売時期

エボルブルスアメリカンブルーラベル

4月下旬~6月下旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

\さっそく販売店に買いに行こう!/
お近くの販売店はこちら

楽しみ方

地植えの楽しみ方

エボルブルスブルーラグーン

たくさんの花を咲かせます

エボルブルスブルーラグーンアメリカンブルー

エボルブルスは、もともと夏の花なので暑さには抜群の耐暑性を誇っています。肥料をたっぷりあげていれば、たくさんの花を咲かせてくれるエボルブルスブルーラグーンですが、高密度に咲かせるには枝が伸びたら切り戻しをして株の形を整えてみてください。

トップに花が咲かないと感じたら…

トップを短めに切り戻しすると、全体的に花が付くようになります。

朝には開花する様子を楽しめます

エボルブルスは、日光が足りない曇りや雨の日や、夕暮れ時には花が開じる性質があります。

しかしながら、朝陽が昇り太陽の光が差し込むと一斉に開花するエボルブルス。一気にブルーラグーンが弾けます。花が咲きだす姿を楽しめるのも一日花であるエボルブルス ブルーラグーンの魅力です。

PWアンバサダー@hana_koi.garden様の投稿
タイムラプスでの撮影です

記事

avatar
天野 麻里絵
愛知県豊田市にある、ガーデニングミュージアム花遊庭のガーデナーの天野麻里絵です。季節に合わせておすすめの植物紹介をさせていただきます。

みんなの投稿

みなさんが育てたエボルブルスブルーラグーンの写真をご紹介!みなさんの投稿楽しみにお待ちしております!

GreenSnap グリーンスナップ
Instagram

エボルブルスのトリビア

ちょこっとブレイクタイム!エボルブルスに関するトリビアを3択クイズでご紹介します。

問題:通称アメリカンブルーと呼ばれるエボルブルス、アメリカンブルーと呼ばれるのは何故でしょうか。

01.アメリカの国旗にあるブルーと同じぐらい鮮やかなブルーを発色するため
02.幸せを意味する青色を象徴して、青い花を植えると幸せになるという意味で「アメリカンブルー」が定着したため
03.1980年代の初輸入時には種が分からず、アメリカから来たブルーの花を意味する「アメリカンブルー」という呼び名が定着したため

答えは、育て方のページに掲載されています。

\エボルブルスブルーラグーンの育て方はこちら/
育て方