エボルブルスブルーラグーンは、一般的なエボルブルス(通称:アメリカンブルー)が抱える「枝がひょろひょろ伸びる」「先端にしか花が咲かない」「何度も切り戻さないとボリュームが出ない」という問題を解決しました。地植えをするとブルーラグーンのように咲き誇ります。ここでは、そんなエボルブルスブルーラグーンを上手に育てる育て方をご紹介します。

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの

はとても重要です。

土の選び方

草花用培養土

水はけが良い土を選びます。病気や害虫を避けるため、新しい用土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

液肥を週1回程度、置き肥(緩効性)を月1回あげてください。

鉢の選び方

植替え用の鉢

30cm前後の鉢がおすすめです。鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
エボルブルスブルーラグーンの管理方法

ー 置き場所 ー

エボルブルスブルーラグーンは、1日中日光のよくあたる場所に置いて(植えて)ください。


ー 水のあげ方 ー

鉢の土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりとあげてください。過湿を苦手とするので、乾かし気味に育ててください。


ー 肥料のやり方 ー

緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(500~1,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください。


― 害虫駆除 ―

植え込み時にオルトラン等の粒剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。


ー 切り戻し(お手入れ) ー

切り戻しをしなくてもたくさん分枝しますが、形がくずれてきたら切り戻しをすると株がさらに充実します!


avatar
秋まで楽しんでね!
栽培カレンダー
エボルブルスブルーラグーン栽培カレンダー

※関東地方以西基準になります。

avatar
ここがポイント!
たくさんの花を咲かせるためには、肥料を切らさないようにしてくださいね

ー 管理情報 ー

開花期:春~秋

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度※:約0℃

耐寒性ゾーン※:9a~

水やり:土の表面が乾いたらたっぷりあげてください

置き場所:1日中日光のよく当たる場所

肥料※:緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(500~1,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

草丈

草丈:20~40cm

株幅

株幅:40~70cm

  • 最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
  • 肥料:緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことです。
  • 耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
この植物の冬越し可能エリアを確認

avatar
お答えします!
よくあるご質問
Q
切り戻しは必ずした方がいいですか。
avatar
待ってます!
販売店のご案内

ー PW販売店検索 ー

エボルブルスブルーラグーンが販売しているお近くのお店をご案内いたします!

\全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております/
お近くの販売店はこちら

エボルブルスのトリビアの答え ー

正解は「03」

1980年代の初輸入時には種が分からず、アメリカから来たブルーの花を意味する「アメリカンブルー」という呼び名が定着したためでした。

トリビアは、基本情報のページに掲載されています。)

\エボルブルスブルーラグーンについてもっと知りたい方はこちら/
基本情報