分類:オオバコ科メカルドニア属
学名:Mecardonia hybrid

栽培環境や植物の状態によっては、実際の花や葉色が異なる場合があります。

ゴールドダスト

小輪で花つきがよい
耐暑性・耐雨性・耐病性に優れます
寄せ植えやグランドカバーにもおすすめです

管理情報

開花期:春~秋

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度:約0℃

耐寒性ゾーン:9b~

水やり:ふつう

置き場所:日なた

草丈

草丈:5~10cm

株幅

株幅:20~30cm

肥料:ふつう

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

販売時期

メカルドニアゴールドダストラベル

4月上旬~6月下旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

グランドカバーに最適です

メカルドニアゴールドダストグランドカバー

メカルドニア ゴールドダストは強靭で狭いスペースの土にも花が咲きます。グランドカバーで花のじゅうたんをつくるのに最適です。

メカルドニアゴールドダスト

雑草よりも早く育つので、雑草対策にもおすすめです。こちらは、花壇の際に1ポット植えて1mほどに成長した11月下旬の愛知県の様子です。

数多くの花を楽しめます

花は小さめで、数多くの花がつきます。 新緑の葉とのコントラストもキレイです。

温かみのあるゴールドカラーです

メカルドニアゴールドダスト

@hana_koi.garden様のお気に入りのお花の1つは、このメカルドニア ゴールドダストです。秋の穏やかな日差しを浴びて、小さなゴールドカラーのお花たちがキラキラと輝いています。そよ風が吹いて揺れる姿はとても幻想的です。

とにかく丈夫です

メカルドニアゴールドダスト

@kakinuma.flower様が育ててくださったメカルドニア ゴールドダストです。メカルドニア ゴールドダストは生育旺盛なので、いきなり大きな鉢に植えても大丈夫!毎週液体肥料をあげるのを忘れないでくださいね。変に伸びた枝をこまめにカットすると、丸くきれいな形に成長します。参考にしてみてくださいね。

半日陰でも育ちます

メカルドニアゴールドダスト

@chi.pp.u_love.flower様のレンガの小径です。シェードガーデンを明るくしてくれる頼もしいグランドカバーになります。花つきを良くするには日なたで育てることをおすすめしますが、とても丈夫なので半日陰でも花が咲きます。

風で揺れる姿も風情があります

@gar_k2tk様が育ててくださった2021年夏の長雨にも耐えたメカルドニア ゴールドダストです。開花期が非常に長く、春から一斉に咲く→花が落ち蕾があがる→また一斉に咲くの繰り返しで満開時が本当に綺麗です。風で揺れる姿も風情があり、動画で撮影してくださいました。

花壇の縁取りで楽しめます

7月の三重県 なばなの里の様子です。花壇の足元をたくさんの黄色い小花で覆い尽くしてくれています。花壇の縁取りにも最適です。

育種家は坂嵜潮さんです

PW育種家坂嵜さん

メカルドニア ゴールドダストの生みの親は、世界的に有名な日本人の育種家の坂嵜 潮さんです。坂嵜 潮さんは、これまでにスーパーチュニア ビスタやカリブラコア(というジャンル自体)などの世界の園芸ファンに広く楽しまれる園芸品種を開発しています。

2018年に発表したアジサイ「ラグランジア ブライダルシャワー」は、英国王立園芸協会主催のチェルシー・フラワー・ショー2018の新品種部門で金賞を獲得し、「アジサイの新しいカテゴリーを創った」とまで絶賛されました。

そんな坂嵜 潮さんが開発した代表品種の1つがこのメカルドニア ゴールドダストになります。

みんなの投稿

みなさんが育てたメカルドニア ゴールドダストの写真をご紹介!みなさんの投稿楽しみにお待ちしております!

GreenSnap グリーンスナップ
Instagram