カンパニュラ ソリドラアイーダ

分類:キキョウ科ホタルブクロ属 学名:Campanula pyramidalis L.

特 長

  • 150~250cmの大株に育つ
  • 茎がとても強い
  • 直径2~3cmの広鐘状の花を多数咲かせる
  • ほかの植物にはない存在感

管理のポイントおよび植物の性状

開花期開花期:初夏~秋
耐性:耐寒性/多年草
最低温度※:約-10℃まで
水やり:乾かし気味に管理あたえるときはたっぷり
置き場所:1日中日の当たる場所
置き場所:午前中日があたり午後は日陰になる場所
主な用途:プランター鉢植え
草丈:150~250cm
株幅:約40cm
肥料※:ふつう

毎年花を楽しむために
※晩秋になり、地上部が枯れてきた株は10~20cmまで切戻します。地下には来年の芽が既に用意されていますので、その後-8℃以下にならないような低温に十分にあて、次年度の準備に入ります。(低温にあてないと次年度花がつかないことがありますので注意してください。)
※春には30cm程度の鉢に植え替え、緩効性肥料を十分に与えてください。過湿を嫌うので、排水性のよい土で育ててください。
※雨に直接あたり続けると株が痛みますので、軒下など雨の直接あたらない場所で管理してください。

最低温度は目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
肥料:暖効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1~2週間に1回程度与えてください。
◎元肥とは花苗を植えるとき、事前に与える肥料の事です。
◎暖効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことをいいます。

ページ上部へ戻る