分類:キク科ルドベキア属
学名:Rudbeckia hirta

栽培環境や植物の状態によっては、実際の花や葉色が異なる場合があります。

印象的なアースカラーです
分枝がよくたくさんの枝から連続開花します
栽培が簡単でローメンテナンスで育てれます
次々咲くので、切り花やドライフラワーにもおすすめです

管理情報

開花期:初夏~秋

耐性

耐性:耐寒性/多年草

最低温度:約ー15℃

耐寒性ゾーン:7a~

水やり:ふつう

置き場所:日なた、半日陰

草丈

草丈:40~50cm

株幅

株幅:60~80cm

肥料:ふつう

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

販売時期

ルドベキアアーバンサファリラベル

5月下旬~6月下旬
10月中旬~11月上旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

ルドベキア アーバンサファリ

ルドベキア アーバンサファリは洗練されたアースカラーと造形美が印象的で、たくさんの枝から連続開花するルドベキアです。耐暑性に優れているだけでなく、最低温度はー15℃と耐寒性もある多年草で、冬越しをするとさらに大きな株に生長します。草丈が40~50cmと高いので、花壇や寄せ植えのフォーカルポイントにおすすめです。また、花もちがよく次々と咲くので、切り花やドライフラワーにもおすすめです。

10月に植え込んで冬越しをし、さらに大きな株になった翌年6月のルドベキア アーバンサファリです。株幅60~80cmになるので、春のはじめに成長に合わせて植え替えをしてください。

品種情報

フォレストグリーン

ルドベキアアーバンサファリ

洗練されたアースカラーが特徴のルドベキア アーバンサファリ フォレストグリーンは、緑かかった麗しいイエロー色のルドベキアです。花弁の1枚1枚が立体的で、陰影ある芸術的なお花を作り出します。

花の中心の筒状花(とうじょうか)がボールのように丸く膨らむこともあります。

キャニオンレッド

印象的なアースカラーのルドベキア アーバンサファリ キャニオンレッドは、峡谷の赤い岩を連想するブラウンレッドのグラデーションをしており、荘厳なルドベキアです。

サバンナサンセット

ルドベキアアーバンサファリ

日没時のサバンナは、太陽の角度によって「黄色」「オレンジ」「イエローゴールド」「ゴールド」「ブラウン」と様々な表情を見せます。

2022年新品種のルドベキア アーバンサファリ サバンナサンセットは、その名の通り花が咲き進むにつれて様々なサバンナカラーに変化します。咲き始めはライムグリーン、真夏の満開時には赤みかかったブラウンに変わります。

サハライエロー

ルドベキアアーバンサファリ

ルドベキア アーバンサファリ サハライエローは、やや尖った花弁のルドベキアです。元気をもらえるホットイエローが弾けるルドベキアです。

どんなお庭にも合います

冬越しして翌年6月の愛知県 花遊庭の様子です。バラも一番花が終わり、ブラックレースフラワーが最盛期の中、大輪のルドベキアが華やかさをあげてくれます。

印象的なルドベキア アーバンサファリですが、自然な樹形なので日本庭園にもしっくり合います。 同じ株でも、花によっては中心部がボールのように膨らんでくるものもあります。

切り花として長く楽しめます

ルドベキアアーバンサファリ

1つの花が1カ月以上枯れることなく咲くルドベキア アーバンサファリは、切り花にしても花持ちがよくお部屋に飾るのに最適です。次々に咲くので、惜しむこことなく切り花を楽しめます。

地植えで冬越しをするとさらに大きく成長します

ルドベキアアーバンサファリの冬越し

こちらは、10月に地植えに植えつけをした翌年5月の株です。約50cm四方に大きく成長しています。

ルドベキアアーバンサファリの冬越し

こちらは、10月に8号鉢(約直径24cm)に植えつけをし、翌年5月に地植えに植え替えたばかりの株です。同じ環境下で育てても、生育スピードのに大きな違いがありました。

みんなの投稿

みなさんが育てたルドベキア アーバンサファリの写真をご紹介!みなさんの投稿楽しみにお待ちしております!

GreenSnap グリーンスナップ
Instagram