せっかく長く楽しめる花を育てているのに、真夏の暑さで枯れてしまった経験はありませんか。近年は日本の夏も猛暑日が続き、今まで夏越し準備は特に必要なかったお花でも、何もしないと夏バテしてしまうこともあります。

上手に夏越しをして秋まで長く花を楽しむために、高温多湿の日本の夏を乗り切る夏のお手入れのポイントをご紹介します。

夏越しが難しいのはなぜ?

ガーデニング夏越しのポイント

北海道や東北地方の一部を除くと、日本の夏は高温多湿な気候です。熱帯地方原産の植物にとっては過ごしやすいかもしれませんが、それ以外の植物には少し厳しい環境です。
なぜなら、温期の蒸れや長雨が特に苦手という草花が多いからです。特に、夜の気温が下がらない都市部では夜間の高温多湿状態が植物にダメージを与えがちになり、乾燥した涼しい気候を好む植物は、梅雨時から真夏にかけて枯れてしまうこともあるのです。さらに、強い直射日光が苦手という植物もあります。そのため、植物の性質に応じて置き場所やお手入れに注意しないと、夏を上手く乗り切ることができないのです。

夏越しのポイント!

【ポイント1】蒸れを防ぐために切り戻しをしましょう

ガーデニング夏越しのポイント

夏を上手く乗り切るために、まずはすっきり風通しを良くしてあげましょう。
混みあった枝葉や育ちすぎてしまった植物は切り戻しを行います。さらに、枯れた葉や花がらを取り除いて株元をきれいにしておくと病気や害虫発生の予防にもなります。思い切って切り戻す場合、一気に小さくすると秋に再び花をつける前に枯れてしまうこともあるので、元気な葉が残るように、1/2~1/3程度の高さに切り詰めるとよいでしょう。

花を楽しみながら切り戻す場合は、花がらを取るついでに少しずつ切り戻してもいいですね。雨が続くと土が乾きにくくなり根腐れして枯れてしまう植物も出てきます。鉢植えは雨の当たらない場所に避難させたり、スタンドに乗せてできるだけ水はけをよくしたり、工夫してみてください。

【ポイント2】熱を避けましょう

真夏の日中のベランダは、アスファルト現象で気温が50℃にまで上昇すると言われています。ベランダの植物は、エアコンの室外機の風が当たっていないか確認をしてください。エアコンの熱風は意外と広い範囲に広がります。植物に風が当たらないかどうか、実際に確かめてみると安心です。

また、鉢の下に木製のすのこを敷いたり、レンガの上に鉢を乗せたり、直接アスファルトに触れないようにすると効果的です。

【ポイント3】直射日光に気をつけましょう

ガーデニング夏越しのポイント

夏に良く育つ植物は直射日光に強いものも多いのですが、春から秋まで長く楽しめる植物の中には、真夏の直射日光がちょっと苦手というものもあります。

特に、強い西日は植物にとって負担になりやすいので、午前中だけ日が当たるような場所や木漏れ日の当たる場所などが鉢の置き場所としてはベスト。よしずや黒い寒冷紗などで風通しを確保しながら直射日光を遮るのもおすすめです。 プラスチック製の小さな鉢は直射日光で鉢の中が高温になってしまうので、鉢を二重にするなど温度が上がらないように工夫しましょう。

【ポイント4】水やり頻度を調整しましょう

ガーデニング夏越しのポイント

ギラギラとした太陽が照り付ける夏は土があっという間に乾燥します。お天気の良い日は朝夕2回、たっぷり水をあげましょう。晴れた日が続いたら、地植えの植物にも水やりを忘れずにするようにしましょう。

また、夏の水やりは朝早いうちに済ませましょう。夕方の水やりは植物の周りの気温を下げることもできるのでおすすめです。

水やりを避けたいのは、晴れた昼間の時間帯です。せっかくの水もお湯のようになって根が傷み、湿度が高くなって蒸れの原因になることもあります。お昼に元気がないお花を見るとついお水をあげたくなりますが、夕方の涼しくなる時間まで水やりは待つようにしてください。

まとめ

秋まで長く花を楽しむための管理ポイントは4つ「風通し良くする」「熱を避ける」「強い日差しを避ける」「乾いたら朝夕たっぷりと水をあげる」ことです。夏は植物にとっても大変な時期ですが、お世話をするガーデナーさんにとっても過酷な時期です。くれぐれも真夏の作業は熱中症にご注意の上、朝の涼しい時間帯にお手入れをするようにしてください。

そして、夏越しのポイントを押さえて、夏を上手に乗り切って秋までたくさんの花を楽しみましょう!