せっかく長く楽しめる花を育てているのに、真夏の暑さで枯れてしまった経験はありませんか。近年は日本の夏も猛暑日が続き、今まで特に夏越し準備が必要なかったお花でも、何もしないと夏バテしてしまうことも出てきました。

上手に夏越しをして秋まで長く花を楽しむために、高温多湿の日本の夏を乗り切る夏のガーデニングのポイントをご紹介します。

夏越しが難しい理由

ガーデニング夏越しのポイント

北海道や東北地方の一部を除くと、日本の夏は高温多湿な気候です。熱帯地方原産の植物にとっては過ごしやすいかもしれませんが、それ以外の植物には少し厳しい環境です。
なぜなら、温期の蒸れや長雨が特に苦手という草花が多いからです。特に、夜の気温が下がらない都市部では夜間の高温多湿状態が植物にダメージを与えがちになり、乾燥した涼しい気候を好む植物は、梅雨時から真夏にかけて枯れてしまうこともあるのです。さらに、強い直射日光が苦手という植物もあります。そのため、植物の性質に応じて置き場所やお手入れに注意しないと、夏を上手く乗り切ることができないのです。

ガーデニング夏越しのポイント!

【ポイント1】蒸れ対策をしよう

ガーデニング夏越しのポイント

夏を上手く乗り切るために、まずはすっきり風通しを良くしてあげましょう。
混みあった枝葉や育ちすぎてしまった植物は切り戻しを行います。さらに、枯れた葉や花がらを取り除いて株元をきれいにしておくと病気や害虫発生の予防にもなります。思い切って切り戻す場合、一気に小さくすると秋に再び花をつける前に枯れてしまうこともあるので、元気な葉が残るように、1/2~1/3程度の高さに切り詰めるとよいでしょう。

花を楽しみながら切り戻す場合は、花がらを取るついでに少しずつ切り戻してもいいですね。雨が続くと土が乾きにくくなり根腐れして枯れてしまう植物も出てきます。鉢植えは雨の当たらない場所に避難させたり、スタンドに乗せてできるだけ水はけをよくしたり、工夫してみてください。

【ポイント2】熱を避けよう

ガーデニング夏越しのポイント

真夏の日中のベランダは、アスファルト現象で気温が50℃にまで上昇すると言われています。ベランダの植物は、エアコンの室外機の風が当たっていないか確認をしてください。エアコンの熱風は意外と広い範囲に広がります。植物に風が当たらないかどうか、実際に確かめてみると安心です。

鉢植えの対策

直接コンクリートやアスファルトに触れないようにすると効果的です。鉢の下に木製のすのこを敷いたり、レンガの上に鉢を乗せたりして、地熱が直接伝わるのを避けましょう。ミズゴケなどで鉢の土を覆って、土の温度が上がらないようにするのもおすすめです。

地植えの対策

バークチップなどのマルチング材で土を覆って、土の温度が上がらないようにしてください。

【ポイント3】直射日光対策をしよう

2重鉢で暑さ対策

夏に良く育つ植物は直射日光に強いものも多いのですが、春から秋まで長く楽しめる植物の中には、真夏の直射日光がちょっと苦手というものもあります。そういった植物の場合は、特に強い西日は植物にとって負担になりやすいので、対策が必要になります。

鉢植えの対策

午前中だけ日が当たるような場所や木漏れ日の当たる場所などに移動しましょう。また、鉢を二回りほど大きな鉢に入れて二重鉢にするのもおすすめです。鉢の表面が直射日光から守られ、温度が上がらないようになります。

地植えの対策

よしずや黒い寒冷紗などで風通しを確保しながら、直射日光を遮るようにしましょう。 すぐにできる対策ではありませんが、西日を遮るような大きな庭木を西側に植えるのもいいですね。

夏のガーデニング

夏の水やり

ガーデニング夏越しのポイント

ギラギラとした太陽が照り付ける夏は土があっという間に乾燥します。お天気の良い日は朝夕2回、たっぷり水をあげましょう。晴れた日が続いたら、地植えの植物にも水やりを忘れずにするようにしましょう。

また、夏の水やりは朝早いうちに済ませましょう。夕方の水やりは植物の周りの気温を下げることもできるのでおすすめです。

水やりを避けたいのは、晴れた昼間の時間帯です。真夏のお昼にする水やりは、すぐにお湯に変わってしまいます。熱湯につける状態になるので根が傷み、湿度が高くなって蒸れの原因になることもあります。お昼に元気がないお花を見るとついお水をあげたくなりますが、夕方の涼しくなる時間まで水やりは待つようにしてください。

夏の肥料やり

夏の肥料は、液体肥料を使うことをおすすめします。

固体肥料を使う場合は、いつもよりも少なめにあげることを心掛けてください。固体肥料は温度に反応して溶けるので、緩効性肥料を使っているはずなのに夏だと即効性肥料になってしまうのです。夏に標準の使用量をあげると、植物にとっては一気に大量な肥料を摂取することになってしまいます。

マーガレットやチョコレートコスモスやステラ(バコパ)など、夏にはお花が休む植物もあります。そういった植物は夏には肥料をあげるのを控えてください。

暑さに強い夏の花

夏には、夏ならではのガーデニングポイントがあり対策が必要と説明してきましたが、そんな対策も不要な、高温多湿の夏の暑さに徹底的に強い品種をご紹介します。ガーデニング初心者の方には、こういった品種からガーデニングを始めると夏越しの失敗も心配ないですね。

スーパーチュニア ビスタ

スーパーチュニア ビスタは、雨に弱かったペチュニアの弱点を克服しています。たとえ長雨で花が傷んだとしても強健で生育が早いため、すぐに回復します。また暑さや蒸れにも強いため真夏の直射日光の下でもすくすくと育ち、早春から晩秋まで長く咲き続けます。

スーパートレニア カタリーナ

スーパートレニア カタリーナは、暑さや雨に強く、ガーデニング初心者にもたいへん育てやすい植物です。一般的なトレニアと比べ夏の直射日光にも強く、太陽の光を浴びてぐんぐん育ち、春から晩秋まで株を覆うように花が咲き続けます。

ルドベキア アーバンサファリ

ルドベキア アーバンサファリは洗練されたアースカラーと造形美が印象的で、夏の暑さや強い日差しに負けず、方にも育てやすい宿根草です。耐暑性に優れているだけでなく、最低温度はー15℃と耐寒性もある多年草で、冬越しをするとさらに大きな株に生長します。

スーパーサルビア ロックンロール

夏の暑さにも負けず元気に育つサルビア。そんなサルビアの中でも、お手入れが簡単なのに、たくさんの花が咲きボリュームたっぷりの姿に育つのがスーパーサルビアです。ロックンロールという品種は、大人っぽい紫色が落ち着いた雰囲気。葉も美しく、グリーンとしても活躍してくれます。

PROVEN WINNERS(PW)は、日本特有の高温多湿の真夏にとことん強い品種を多く取り揃えています。夏でも休むことなく咲き続けるお花をお探しの方はこちらを参考にしてください。

まとめ

秋まで長く花を楽しむための管理ポイントは4つ「風通し良くする」「熱を避ける」「強い日差しを避ける」「乾いたら朝夕たっぷりと水をあげる」ことです。夏は植物にとっても大変な時期ですが、お世話をするガーデナーさんにとっても過酷な時期です。くれぐれも真夏の作業は熱中症にご注意の上、朝の涼しい時間帯にお手入れをするようにしてください。

そして、夏越しのポイントを押さえて、夏を上手に乗り切って秋までたくさんの花を楽しみましょう!他にもガーデニングに困ったことがあったら、ガーデニング入門を参考にしてみてください。