植物の水やりのコツ、知っていますか?【花の育て方】

植物の水やりって簡単なことだと思っていませんか?実は、水やりの方法によっては植物が枯れてしまうということもあるんです。水やりのちょっとしたコツを知って上手に植物を育てましょう!

ポイント1・基本は「乾いたらあげる」

水やりのコツで一番大切なのは、「乾いたら水をあげる」こと。

土の表面が乾いて土が白っぽくなっていたら水をあげましょう。逆に、土の表面が湿っている場合は、土にまだ水が含まれている状態。土の表面が乾くまで水やりの必要はありません。

ピートモス主体の土など、土の種類によっては乾いているのかどうか、見ただけではわかりにくいものもあります。このようなときに水やりが必要かどうか確かめるには、土を触ってみるのがおすすめ。土がさらっとしていれば乾いているサイン。水をたっぷりあげましょう。

乾いている土は白っぽく見えます

水を含んだ土は黒っぽくなっています

難しいのは、土の表面が乾いていても鉢の中が湿っているという状態。
大きな鉢に小さな苗を植えて育てている場合や、根がしっかり張っていない場合などによく見られます。思い当たる時は、土を触って確かめてみてから水やりをするといいですね。

一見乾いているようにみえますが・・・

鉢の中の土は湿っています

ポイント2・水をあげる時は「たっぷりと」

次に大切なのが、水をあげるときは鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりとあげること。根は鉢の中で鉢の側面や底に向かって伸びていきます。与える水が少ないと、土の中に十分水が染み込まず、肝心の根まで水が届きません。

また、たっぷり水を与えることで土の中の水分や空気が新鮮なものに入れ替わり、栄養分の吸収も良くなります。

気をつけたいこと

ジョウロやホースの先のノズルをシャワーにしている場合は要注意!
水をたっぷりあげているつもりでも、こんもりと茂るような植物は葉に遮られ株元に水が届いていないことがあります。水をあげる時は植物の上からではなく、株元の土にたっぷりと与えましょう。

鉢の底から水が流れ出るのを確認しましょう

ポイント3・水をあげる時間帯は「朝のうち」

水をあげるのに最適なのが朝。少なくとも午前中には水やりを終わらせましょう。

植物は太陽の光を浴びて光合成を行っていますが、光合成には水が不可欠。植物は葉から水分を蒸散させ、根から水を吸い上げます。そのため、植物が水を必要とする時間帯、つまり朝のうちに水をあげ、夜には土が乾いた状態になるのがベストです。

その他のポイント

季節や天気によって水やりの頻度を変える

季節に関わらず毎朝なんとなく植物に水をあげていませんか?
植物を植えた土の乾き具合は、植物がぐんぐん成長する時期と休眠している時期では異なります。例えば、新芽が伸びてくる成長期はたくさんの水を必要とします。

季節によっても水やり頻度は変わります。夏は朝夕2回水やりが必要でも、冬は週に1~2回で十分。植物の生長や気候に合わせて水やりの頻度を調整してくださいね。

高温多湿の日本で気をつけたいのは、湿度が高く土が乾きにくい梅雨時の管理。過湿が苦手な植物はダメージを受けやすいので、置き場所を工夫し、土の状態を良く見てから水やりをする必要があります。

過湿を嫌う植物は特に、天候によって水やりの調整を

植え替えたばかりの苗は水切れに注意しましょう

植え替えたばかりの苗は萎れないように注意

植え替えたばかりの苗は根がまだしっかりと張っていないため水切れに注意します。
地植えにした場合も、完全に根付くまでは萎れないように水をあげましょう。
ただ、根は水を求めて伸びていくので、あまり過保護にしすぎるのも問題です。根付いたら植物の様子を見ながら水やり頻度を調整してください。

百害あって一利なし?水をあげすぎるということ

「根腐れ」という言葉を聞いたことはありますか?
根が腐って水を吸い上げることができなくなり、やがて枯れてしまう状態のこと。
毎日水をあげているのに葉が萎れてくる場合は、根腐れを起こしている可能性があります。このような時に、元気がないからとたくさん水をあげてしまうと逆効果。水はけのよい土に植え替えるか、土が乾くまで水やりを控えて様子を見ましょう。
根腐れの原因は水の停滞による土の過湿。植物の根も呼吸をしています。根腐れを防ぐためにも、土が乾いてからたっぷり水をあげることが大切なのです。

水をあげてもすぐに乾く!?

水やりをしてもすぐに土が乾いてしまうという場合は、植物に対して鉢が小さすぎたり、鉢の中で根がいっぱいになっていたりという可能性も。大きめの鉢に植え替えてあげましょう。

まとめ

水やりのコツは「土が乾いたら」「たっぷりと」「朝のうちに」の3つ。
「水を欲しがっている」とか「まだ大丈夫」といった植物の様子がわかるようになってくれば、
もうベテランガーデナー!コツを押さえて上手に育ててくださいね。