華やかな花で花壇や窓辺を彩ってくれるゼラニウム。花を楽しむだけでなく、独特の香りのある葉を持つ品種はハーブゼラニウムとしても知られています。最近では、花をより長く楽しめる夏越しが簡単で育てやすい品種も。そんなゼラニウムの花言葉や魅力、さまざまな種類、育て方などをご紹介します。

ゼラニウムの花言葉

フリルがかわいいゼラニウムの上手な育て方

ゼラニウム全体の花言葉は「尊敬」「信頼」「真の友情」「育ちの良さ」などですが、実は花の色によってもそれぞれ異なる花言葉が存在します。

赤いゼラニウムは、「君がいて幸福」。深紅色のゼラニウムは、「憂鬱」。ピンク色のゼラニウムは、「決意」「決心」。白色のゼラニウムは、「あなたの愛を信じない」。黄色いゼラニウムは、「予期せぬ出会い」。

このように、ゼラニウムの花言葉は良い意味を持つものからそうでないものまでさまざまあります。花のかわいらしさからは想像できない花言葉を持つものもあるので、贈り物にする際は、花言葉を意識して花色に気をつけたほうが良いかもしれませんね。

ゼラニウムの誕生花

フリルがかわいいゼラニウムの上手な育て方

ゼラニウムを誕生花とするのは、4月3日、4月24日、5月26日、6月28日、7月27日、8月11日です。

ゼラニウムの基本情報

開花期早春~晩秋(4~6月、9~11月頃)
分類フウロソウ科ペラルゴニウム属
和名テンジクアオイ
原産国南アフリカ
植物の種類半耐寒性多年草 品種によって様々あります。
最低温度約ー3℃ 品種によって差があります。
耐寒性ゾーン9a 品種によって差があります。
置き場所日なた、半日陰
花色赤、ピンク、白、黄色、オレンジ色など
特徴花と葉のコントラストが美しく、開花期が長い。
過湿を苦手とするため、高温多湿の夏越しにはやや注意が必要です。
冬越しした株は大株になり見ごたえがあります。

ゼラニウムの魅力

フリルがかわいいゼラニウムの上手な育て方

ヨーロッパの家々の窓辺を彩る花と言えばゼラニウム。石畳の街並みと緑の光沢のある葉、赤やピンクの花とのコントラストが街並みに華やかさを与えてくれますよね。

ゼラニウムの大きな魅力は、葉の中からスッと伸びた茎の先につく球状に集まって咲く花の姿と開花期の長さ。生育旺盛でこんもりと茂るので、鉢植えにして飾れば華やかな空間の出来上がり!次々と花が咲くため、お手入れ簡単で長い間楽しめます。

また、花色が豊富なだけでなく、斑入りやもみじ葉など葉の多彩な美しさも魅力のひとつ。花壇に植えれば花のない時期も植栽に変化を与えてくれます。

フリルがかわいいゼラニウムの上手な育て方

花の形にも一重咲きや八重咲き、星咲きなどがあり、最近では日本の暑さにも強いスーパーゼラニウムをはじめとしたさまざまな品種がそろっています。

ハーブとしてのゼラニウム

ハーブとしてのゼラニウム

ゼラニウムにはハーブとしての一面も。特に良い香りを持つものをセンテッドゼラニウムと呼び、ヨーロッパでは古くから室内や庭で育てられてきました。

バラの花のような香りを持つローズゼラニウム、ナツメグのような香りを持つナツメグゼラニウム、リンゴの香りのアップルゼラニウムなど多彩。シトロネラ―ルという成分を含む品種には虫よけ効果もあり、香りによるさまざまな効能があります。いずれも葉に触れると香りが漂うので、窓辺などに置いておくのもおすすめです。

アロマテラピーでは、ゼラニウムの精油は皮脂のバランスを整える作用や不安・ストレスを緩和させる作用を持つとされています。ローズのような芳香があるゼラニウムのアロマオイルは、香水やせっけんに使われることも。

ゼラニウムの種類

ゾナールゼラニウム

ゾナールタイプは、日本では最も一般的なゼラニウムでモリモリと生育旺盛なことが特徴です。ゾナールタイプをもとにして、ホルトルム系や斑入り葉、もみじ葉などさまざまな品種が生み出されています。

ユーロスタークオリティ
ゼラニウム

彩り豊かな最もポピュラーなシリーズがゼラニウム ユーロスタークオリティです。生育が旺盛で、大きな花房を持つ華やかなゼラニウムです。写真はサーモンクィーンになりますが、ゼラニウムが持つ全てのカラーがあり、25品種以上もの種類を取り揃えています。

ユーロスターファイヤーワークス
ゼラニウムユーロスターファイヤーワークス

ゼラニウム ユーロスターファイヤーワークスは、ユニークな葉模様と火炎のような星咲きの花が特徴のゼラニウムです。花が咲かない時期はカラーリーフとしても楽しめ、変わり咲きで寄せ植えにもおすすめです。

アイビーゼラニウム

アイビーゼラニウムは、南アフリカ原産のペルタータムを交雑した品種で、その名の通りアイビーのような星形の葉を持つゼラニウムです。枝が垂れ這うように広がるため、ハンギングバスケットなどに向いています。

エイミー
アイビーゼラニウムエイミー

八重咲きでバラのようなボリュームある花を持つアイビーゼラニウム エイミー。分枝性がよく生育旺盛で、各節間に花がつきます。さらに、花数が多いため株全体を花が覆い、こんもりと茂ります。

センテッドゼラニウム

ハーブゼラニウムとも呼ばれるのが、葉に香りのあるセンテッドゼラニウムです。バラのような香りのあるローズゼラニウムや、レモンの香りのレモンゼラニウム、ミントのような香りを持ミントゼラニウムも存在します。

フリルがかわいいゼラニウムの上手な育て方

ゼラニウムには、別名:蚊連草という名前があり、蚊よけにもなるゼラニウムもセンテッドゼラニウムのひとつです。天然成分で蚊よけになるため、ヨーロッパの窓辺のベランダに飾る定番のお花です。さまざまな効能を持つのが特徴です。

ホルトルム

フリルがかわいいゼラニウムの上手な育て方

南アフリカ原産の野生種であるゾナール種とインクイナンス種を掛け合わせて作られたゼラニウムがホルトルムと呼ばれるゼラニウム。現在、市場に流通している一般的なゼラニウムの多くがホルトルム系で、一重咲きや八重咲きなどさまざまな花があります。

ペラルゴニウム

ペラルゴニウムは、 南アフリカ原産の野生種であるペラルゴニウム グランディルフロラム、ペラルゴニウム ククラーツム、 ペラルゴニウム コルディフォリウムなどを掛け合わせてできた交雑種です。

かつてゼラニウムは、ゼラニウム属に分類されていたのですが、分類の見直しをする上で現在のペラルゴニウム属に変更になりました。今でもゼラニウムという呼び名が植物名として残っていまが、ゼラニウムもペラルゴニウムも同じペラルゴニウム属同じ植物になります。

ペラルゴニウム グランパッソプラス
ゼラニウムペラルゴニウム

ボリュームのある株に小さい花がたくさん咲く、ウサギの耳のような非対象の花弁がかわいらしいぺラルゴニウムです。

ペラルゴニウム エンジェルアイズ
ゼラニウムペラルゴニウム

天使のような可憐な花を株いっぱいに咲かせるペラルゴニウムです。 ボリュームある株に小さい花をたくさん咲かせます。

ペラルゴニウム キャンディフラワーズ
ゼラニウムペラルゴニウム

ぺラルゴニウム キャンディフラワーズは、その名の通りキャンディカラーを楽しむことができるペラルゴニウムです。花弁が強く、春から初夏にかけて花が咲く、早生のペラルゴニウムです。

夏も咲き続けるスーパーゼラニウム

ゾナールゼラニウムとペルタータムゼラニウムの種間交配によって作られた強健な品種がPROVEN WINNERS(PW)のスーパーゼラニウムです。夏の暑さや病気にも強い品種で、大きな花房が魅力的です。四季咲きで真夏でも生育しながら花を咲かせるため長期間楽しめ、空間のフォーカルポイントとしてもおすすめです。

チャンピオン キャロル
フリルがかわいいゼラニウムの上手な育て方

スーパーゼラニウム チャンピオン キャロルは、ゾナール系ゼラニウムです。薄いピンクの花びらに中心部の赤色の模様が、ゼラニウムの華やかさをさらに魅力的に演出します。生い茂る葉色とのコントラストも美しいです。

チャンピオン レッド
フリルがかわいいゼラニウムの上手な育て方

スーパーゼラニウム チャンピオン レッドは、ゾナール系ゼラニウムです。 幸せの象徴とされる赤いゼラニウム。たくさん生い茂りパッと目を引くビビットカラーです。

チャンピオン リラ
フリルがかわいいゼラニウムの上手な育て方

スーパーゼラニウム チャンピオン リラは、ゾナール系ゼラニウムです。 レッドの色違い品種で、鮮やかなピンクがお庭の主役にもなります。

チャンピオン ネオンスポット
フリルがかわいいゼラニウムの上手な育て方

スーパーゼラニウム チャンピオン ネオンスポットは、アイビー系ゼラニウムです。一重咲きの花がたくさん咲き誇ります。どこか桜にも似た印象で、日本人には大変馴染みがいいゼラニウムですよ。

冬は霜を避けた場所で育てると、冬越しがしやすくなります。

ゼラニウムの育て方

ゼラニウムの日当たり

ゼラニウムは、日当たりの良い場所で育てましょう。乾燥した環境を好むので、梅雨時は軒下など雨に当たらない場所で、真夏は半日陰で風通しの良い場所に置くと傷みにくくよく育ちます。

ゼラニウムの水やり

フリルがかわいいゼラニウムの上手な育て方

ゼラニウムは過湿を嫌うので、鉢土の表面が完全に乾いてから水を与えます。いつも土が湿っていると根腐れを起こすので注意しましょう。水やりをする際は鉢底から水が流れ出るようにたっぷりと与えるのがポイントです。

ゼラニウムの肥料やり

肥料やり 花の咲かせ方のポイント

植えつけの際に元肥を与え、後は生育期に追肥と液体肥料をあげましょう。夏と冬は成長が鈍るため、肥料はお休みします。

春の肥料 (追肥)

春は、液体肥料を毎週あげるようにしましょう。500~1,000倍に希釈した液体肥料を1週間に1回程度あげてください。

夏の肥料 (追肥)

気温の高い時期は生育が止まるので、夏場は肥料をあげません。

秋の肥料 (追肥)

秋に再び花が咲き始めたら、液体肥料をあげるようにしましょう。1,000~2,000倍に希釈した液体肥料を2週間に1回程度あげてください。

冬の肥料 (追肥)

気温の低い時期は生育が止まるので、冬場は肥料をあげません。

ゼラニウムの切り戻し

ガーデニング入門 道具

花が咲き終わったら花茎ごと切り、株の形が崩れてきたら脇芽の上で切り戻しましょう。切り戻した場所から新たな葉が伸びてきます。茎が伸びすぎてしまった場合は、木質化していくので、その前に思い切って切り戻します。

目安として、梅雨入り前と8月の終わりの切り戻しがおすすめです。元気な葉を多く残して株元1/3程度に切り戻しをしましょう。

ゼラニウムの夏越し

マーガレットの夏越し

ゼラニウムは乾燥した気候を好むため、高温多湿な日本の夏を苦手とします。西日を避け、風通しの良い涼しい場所で夏越しをしてください。

ゼラニウムの冬越し

霜に当たらないように冬越しします。寒い地域では室内に取り込むとよいでしょう。地植えの場合は腐葉土などで株元を覆い、特に気温が下がる日はビニールやプチプチ梱包材、不織布などを被せて防寒対策をします。

ゼラニウムの増やし方

ゼラニウムは挿し木(挿し芽)で簡単に増やすことができます。5~6月頃、切り戻した茎を10cm程にカットし、2時間ほど吸水させてから清潔な挿し木用の土に挿しておきます。大きな葉は半分程度にカットして蒸散を抑えましょう。根付くと新芽が伸びてくるので、培養土に移植します。

挿し木や挿し芽は自宅で楽しむだけにしてください

挿し木や挿し芽にして増やしたブランド苗を、無断で人に譲ったり売ったりすることは「種苗法」という法律で禁止されています。生産者や品種開発者を守るためにも、増やした苗は人に譲ったりせずに、自宅で楽しむだけにしてくださいね。

ゼラニウムの植えつけ、植え替え

ゼラニウムの植えつけは真夏を避け、春(4~5月頃)又は秋(9月頃)に行います。あらかじめ元肥を混ぜた培養土に植え付け、植えつけ後はたっぷりと水をあげましょう。生育旺盛なので、大きく育ったら1~2回り大きな鉢に植え替えてあげましょう。

スーパーゼラニウムは、植え替えの必要はなく、購入時の小さい苗をいきなり30cm程度の鉢に植えて大丈夫です。

ゼラニウムにおすすめの鉢

マーガレットの寄せ植え

おしゃれな鉢を選ぶとガーデニングの楽しみも倍増しますよね。乾燥気味の環境を好むゼラニウムにおすすめなのは、テラコッタや素焼きなど、自然素材の鉢です。

鉢の大きさは、ゼラニウムのボリュームに合わせて選びましょう。一般的なゼラニウムの場合、大きすぎる鉢だと土が過湿になって根腐れしやすくなるので、どうしても大きな鉢に植えたい場合は鉢底石を多めに入れるなど工夫してください。

寄せ植えにする時は、同じく乾燥気味の生育環境を好む草花を選びましょう。

まとめ

近年は華やかな花を楽しめる品種や育てやすい品種などが増え、ゼラニウムの魅力が再認識されてきています。

驚くほど大きく成長するスーパーゼラニウムで、皆さんの笑顔も溢れますように…私たちPWは植物を通じて「育つよろこび」を届けることを大切にしています。ガーデニング初心者の方にも失敗が少なく育てられる、またガーデニング上級者の方には驚くようなパフォーマンスを見せてくれる、そんな品種だけを厳選して皆さんに届けています。「PW」マークが目印です!お店で見かけたら、是非手にとってみてくださいね。

販売時期や購入できるお店は、以下のホームページでご確認ください。