いつも PW(ピーダブリュー)をご愛顧くださいまして、ありがとうございます。春にお客様からのお問い合わせが多い、姫ライラックの樹形の整え方について、ホームページを更新したのでお知らせいたします。

購入したての苗木の小さい時期に樹形が乱れた場合は、支柱を使って横に伸びた枝を立ててあげましょう。

ライラックは年々枝を太く成長させる低木(シュラブ)です。剪定するとそこから細い枝が生えてくる上に、枝数もまだ少ないので、樹形を整えるには剪定ではなく支柱で調整することをおすすめします。

姫ライラックペンダの剪定

左右対称の樹形に整いました。春に支柱を立てると、だいたい秋の終わり頃には支柱を外しても大丈夫な状態になります。

姫ライラックペンダの剪定

支柱を固定する際には、園芸店などで100個で500~1,000円程度で売っている園芸クリップを使うと便利です。見た目も目立たず、ワンタッチで留めることができます。

結束バンドなどで留める方法もありますが、その場合は太く成長した枝が食い込んでしまう可能性があるので時々注意して見てください。

姫ライラックペンダの剪定

詳細は、以下を参照ください。

私たちが大切にしているのは「育つよろこび」。今後ともPWをどうぞよろしくお願いします。