梅雨時期のガーデニングトラブル対処法

じめじめした梅雨の季節。雨が続くと植物たちにもさまざまなトラブルが発生してしまいます。
梅雨時に起こりやすいガーデニングのトラブルとその対処方法を知り、梅雨を乗り越えましょう!

梅雨時に起こりやすいトラブル

蒸れて株が傷む

梅雨時の高温多湿な環境下では、株が蒸れて傷みがち。特に枝葉が込み入った箇所では枯れあがる(生育不良の症状)ことも。
地植えの場合は雑草にも要注意。この時期は雑草の成長も著しいので、油断するとあっという間に雑草だらけになってしまいます。雑草に囲まれることで風通しが悪くなり、大切な植物が蒸れて枯れてしまうこともあるので気をつけましょう。

咲いている花が傷む

咲いている花が雨にあたるとどうしても花びらが傷んでしまいます。そのままにしておくと見た目が悪いだけでなく、傷んだ花びらが葉や蕾にこびりついてしまったり、病気の発生源になったりすることも。
傷んだ花はすぐに取り除き、できれば雨にあたらない場所で楽しめるといいですね。

水はけが悪くて枯れてくる

雨が続くと常に土が湿っている状態になってしまいます。地面に直接置いてある鉢植えは特に水はけが悪くなりがち。ひどい場合は根腐れして枯れてしまうこともあります。

病気や害虫が発生する

高温多湿な環境が続くと、うどん粉病などの病気が発生しやすくなってしまいます。また、株元に落ちた枯葉や花がらをそのままにしているとカビが生えたり病気の発生源になったりすることも。気温が上がってくる梅雨時には、ナメクジなど害虫の活動も活発に。できるだけ初期のうちに対処しておきましょう。

梅雨時のトラブル対処法!

風通しよく

梅雨時のトラブルをできるだけ避けるには、鉢植えはできるだけ風通しがよく雨のあたらない場所に移動させるのがベスト。
鉢と鉢をぎゅうぎゅうに置かず、間隔を開けて蒸れないように気をつけましょう。もし、植物が弱ってきたと感じたら、雨の当たらない場所で管理します。

茂りすぎた植物は、切り戻しや枝透かしを行ってすっきりさせることも大切です。枝や葉が込み入っていると感じたら風通しが良くなるように剪定しましょう。

また、風通しや水はけをよくするために、花台やスタンドなどを使って鉢が直接地面につかないようにするのも良い方法です。地植えの植物の中でも草丈が高くなる品種は、支柱を立てて雨で茎が倒れないようにしておきましょう。

できるだけ雨を避ける

花の中には雨に強い品種もありますが、できるだけ雨に当たらないようにしたほうがきれいな状態を長く保つことができます。できれば花が雨に当たらない場所に鉢を移動させましょう。

お掃除

病気を防ぐためにも花がらや株元に落ちた花びら、葉はできるだけ早く取り除きましょう。病気や害虫は広がる前に防ぐことが重要。気付いたらすぐに病気の葉や虫を取り除き、広がらないように殺虫剤や殺菌剤などで防除しましょう。

まとめ

梅雨時のトラブルを防ぐポイントは、風通しや水はけをよくすること。
多湿に弱い植物は鉢植えにして屋根のある場所に移動したり、
地植えの場合は雨に強い品種を育てたりするのも良い方法。
トラブルに適切に対処して梅雨を乗り切りましょう。