ラグランジアクリスタルヴェール2
ラグランジアブライダルシャワー
ラグランジアクリスタルヴェール
luxrangea_crystalvail2_3-min
luxrangea_main1-min
luxrangea_main2-min
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Shadow

分類:アジサイ科アジサイ属
学名:Hydrangea hybrid

栽培環境や植物の状態によっては、実際の花や葉色が異なる場合があります。

側芽からも花が咲き、枝いっぱいの花が楽しめます
無剪定でも楽しめ、ローメンテナンスなハイドランジアです
葉が小さく乾きにくいアジサイです
年々株が充実して、豪華な見応えになります

管理情報

開花期:晩春~夏

タイプ:落葉性

新枝咲き旧枝咲き新旧両枝咲き

タイプ:旧枝咲き

剪定期:原則不要

最低温度:約ー15℃

樹高:約100cm

植栽距離

樹幅:約120cm

置き場所:日なた、半日陰

耐暑性アイコン

★★★★☆

土壌:アジサイ用または草花用の培養土がおすすめです

アイコンの説明はこちら

ラグランジアとは

側芽(枝につく芽)に花がつくラグランジアは、剪定位置を細かく気にしなくても、次の年にはたくさんの花芽をつけ、株いっぱいの花を楽しむことができる新ジャンルのアジサイです。それどころか、剪定をしなくてもそのナチュラルな草姿を楽しむことができ、常識を覆す画期的なアジサイとして注目を集めました。

ランジアブライダルシャワー

枝の先端にのみ花がつくこれまでのアジサイに比べて、たくさんの花をつけます。

ランジアブライダルシャワー

左:ラグランジア 右:一般品種
葉の大きさが従来のアジサイに比べて1/4と小さいため、葉からの水分蒸散量が半分以下!そのぶん水やりの回数が少なくて済むので、日々の水管理がぐっと楽に♪

※株の生育状況や生育ステージなど様々な要因で葉の大きさは大小差が出ます。

購入1年目の株が小さい時期は、ハンギングや小鉢で楽しめます

ラグランジアブライダルシャワー

一年目の株が小さい時期は、ハンギングでも楽しめます。

ラグランジアブライダルシャワー

一年目の株が小さい時期は、小鉢でお楽しみください。購入時の花苗よりも二回り(直径6cm)ほど大きなサイズの鉢への植え替えをおすすめしています。

購入2年目以降は、年々株が充実し豪華な株を楽しめます

ラグランジアブライダルシャワー

晩夏までに伸びた枝を剪定すると、ドーム状の株姿を楽しめます。

ラグランジアブライダルシャワー

剪定をしなければ、ナチュラルにしだれた姿も楽しめます。

ラグランジアブライダルシャワー

購入2年目以降の大きく生長した株は、地植えにしても楽しめます。こちらは、植えつけして2年株です。

ラグランジアブライダルシャワー
@sacchhii様の投稿

左:購入2年目、右:購入1年目
購入1年目と2年目では、株の大きさもこんなに差があります。

ラグランジアの種類

2021年の販売開始以来、毎年のようにラインアップが増えていくラグランジア。花の咲き方花色変化など様々なバリエーションがあります。

ラグランジアの種類

切り花にもおすすめです

ラグランジアの切り花

他のアジサイは茎の中のワタを取り除いて水揚げを促進する必要がありますが、ラグランジアは茎の中にワタがなくスムーズに水揚げもします。それでいて一週間以上の花もちを誇るので、切り花にも最適です。

ラグランジアブライダルシャワー

開花期が同じことから、青やピンクの色があるアジサイとの植え込みやアレンジを楽しまれている方が多くいらっしゃいます。

寄せ植えもおすすめです

ラグランジアの寄せ植え
@hanaemi619 様の投稿

花笑み様は、ラグランジアを寄せ植えして楽しまれています。一緒に植えているのは、
コゴメウツギ、ホスタ、ヘデラだそうですよ。寄せ植えの様子はこちらを参考にしてみてくださいね。

関連記事

グリーン情報vol.482 11月号にて特集を組んでいただきました。

LOVEGREENにて特集記事を組んでいただきました。

みんなの投稿

みなさんが育てたラグランジアの写真をご紹介!みなさんの投稿をお待ちしております!

ラグランジアブライダルシャワー
@yukimin48様の投稿
ラグランジアブライダルシャワー
ベティ様の投稿
@maison_blanche_2013様の投稿
ラグランジアブライダルシャワー
@azusa_hawaii様の投稿
GreenSnap グリーンスナップ
Instagram

ラグランジアのトリビア

ここでちょこっとブレイクタイム!ラグランジアに関するトリビアを3択クイズでご紹介します。

avatar
ラグランジアの生みの親は誰でしょうか。
1
アジサイの種苗登録日本一を誇る日本の育種家

2
PWジャパンを運営する株式会社ハクサンの社員

3
生育旺盛なペチュニア「スーパーチュニアビスタ」も生んだ世界的有名な育種家

答えは、育て方のページに掲載されています。

ラグランジアの販売店

PW販売店検索
PW公式オンラインストア