「花が咲くのをずっと楽しみしていたのに、虫に食われて花が咲かない」「いつの間にか葉っぱが虫食いだらけになっている」そんな経験はありませんか。ガーデニングをしていると出くわすのが、やっかいな害虫です。ガーデニング初心者にとっては、一番の壁ではないでしょうか。ここでは、ガーデナーの悩みの種でもある困った害虫の被害とその予防や対策・駆除方法をご紹介します。
植物につく害虫には、大きく分けて昼でも見られる見つけやすい害虫と、夜行性の見つけにくい害虫の2種類があります。害虫の種類によって対処方法はさまざまなので、代表的な害虫の見つけ方や駆除方法を知っておきましょう。

見つけやすい害虫

アオムシ・毛虫類

ガーデニング 害虫

葉っぱが食われていたり、黒や緑色の粒状の糞が落ちていたら、そのあたりにアオムシや毛虫がいる可能性があります。

アオムシ・毛虫類の予防方法

オルトランなどの殺虫剤をあらかじめ散布しておきましょう。

アオムシ・毛虫類の駆除対策

見つけたらすぐに捕殺するのが一番の対策です。小さな幼虫が残っている可能性もあるので、植物に園芸用殺虫剤をかけておきましょう。ツバキ類につくチャドクガなどは、一カ所に集まっている孵化直後に、葉ごと切り落として処分します。

アブラムシ

ガーデニング 害虫

アブラムシの繁殖期は、4~6月と9~10月です。アブラムシは、植物の栄養分を吸い取ってしまうので早めに駆除したい害虫です。アリが植物を上り下りしているとアブラムシがいる可能性があります。注意して葉を観察してみてください。アブラムシは病気を運ぶこともあり、放置していると植物がだんだん弱っていきます。

アブラムシの予防方法

鉢は、風通しの良い場所に置きましょう。
アブラムシの共存相手であるアリを駆除しましょう。

アブラムシの駆除対策

アブラムシがたくさんついてしまった部分は切り落とし、アブラムシに効く薬剤を散布しましょう。ナナホシテントウムシはアブラムシを食べてくれる天敵なので、見つけたら大切にしてください。牛乳をスプレーし、乾燥するまで待つとアブラムシが窒息します。牛乳のにおいが気になりますが、薬剤をあまり使いたくない場合は、参考にしてみてください。

カイガラムシ

カイガラムシは5~7月に発生することが多いです。植物から栄養を横取りして、弱らせてしまいます。葉の表面がテカテカしていたり、ベトベトしていたらカイガラムシが発生している可能性が考えられます。注意して葉を観察してみてください。

カイガラムシの予防方法

鉢は、風通しの良い場所に置きましょう。
オルトランなどの殺虫剤をあらかじめ散布しておきましょう。

カイガラムシの駆除対策

植物の茎に小さな球状のものや白く平べったいものがついていたら、歯ブラシやへらなどでこそぎ落としましょう。成虫は足が退化しているため、植物からはがすことで駆除できます。但し成虫は薬剤が効きにくくなるので、幼虫のうちに駆除しておくことをおすすめします。

夜行性の見つけにくい害虫

ナメクジ

ガーデニング ナメクジ 害虫

もし、植木鉢の周りや葉の上などにテラテラと光るスジのようなものがあれば、それはナメクジが這った跡です。特に、PROVEN WINNERS(PW)のスーパーベルリッチ・イエローやスーパーベル・レモンスライスなど黄色のペチュニアやカリブラコアはナメクジの大好物なんです。しっかり予防しないと、せっかくの新芽を食べられてしまい、株は大きく育っているのに全く花が咲かないということもあります。

ナメクジの予防方法

ナメクジ駆除剤を、あらかじめまいておきましょう。
鉢は、地面に直接置かないようにしましょう。
枯葉は、溜まらないように定期的に取り除きましょう。

ナメクジの駆除対策

ナメクジは鉢の裏やウッドチップの間などジメジメ湿った場所に隠れているので、見つけたら捕殺しましょう。薄めた台所用洗剤に落とすと退治も簡単です。深めのプラスチックカップにビールを入れて一晩置いておくと、ビールに集まったナメクジが溺れ、まとめて退治することが可能です。ビールの飲み残しがあったら試してみてはいかがでしょうか。

ヨトウムシ

一夜にして葉が大量に食われたのに虫がいない!というような被害が出る場合は、ヨトウムシの仕業である可能性が高いです。ヨトウムシとはヨトウガの幼虫で、夜活動する大食漢のイモムシです。葉にかじられた跡のような穴が開いたり、葉が薄皮だけになって白っぽく変色したり、黒い粒のような糞が見られたら要注意です。昼間はたいてい葉裏や株元などで寝ているので姿が見えないのですが、少し探すと見つかります。大きくなると殺虫剤が効きにくくなるので、卵や幼虫の間に見つけたらすぐに捕殺しましょう。

ヨウトムシの予防方法

オルトランなどの殺虫剤をあらかじめ散布しておきましょう。
コーヒーの出がらしを土に混ぜてみましょう(ヨウトムシはコーヒーに含まれている成分を嫌う性質があるため)。

ヨウトムシの駆除対策

ヨトウムシが卵を産みつけるのは3~5月です。ヨトウムシの卵は乳白色で2cm×2cmぐらいの塊となっています。葉の裏などに卵を見つけたら、葉ごと取り除くようにしてください。
成虫の場合は、オルトランなどの殺虫剤を散布して駆除するようにしましょう。

ハマキムシ

葉がクルクルと丸まっているような場合は、ハマキムシ(葉巻き虫)の仕業である可能性が高いです。ハマキムシとはガの幼虫で、丸めた葉の中に隠れて、葉やつぼみを食べます。数cmしかない小さい幼虫自体を見つけるよりも、幼虫が吐き出した糸で数枚の葉をくっつけていることがあり、その状態を見つける方が簡単です。

ハマキムシの予防方法

オルトランなどの殺虫剤をあらかじめ散布しておきましょう。
木酢液を植物に吹きかけても、忌避効果が期待できると言われています。

ハマキムシの駆除対策

数枚くっついた葉の上からハマキムシを包みこみ、取り除いてください。
葉が丸くなっているので殺虫剤がかかりにくいかもしれません。オルトランなどの殺虫剤をまんべんなく散布して駆除するようにしましょう。

害虫がつきにくいお花

害虫対策以前に虫が苦手という方には、害虫がつきにくいお花を選んで育てることも効果的です。但し、ここにご紹介するお花は比較的害虫がつきにくくはありますが、害虫が全くつかないわけではありません。風通しをよくして株が蒸れないように清潔な状態を保つ、殺虫剤をあらかじめまいておくなどの害虫対策はしっかりするようにしてください。

ポーチュラカ オスカーレッド

分類:スぺリヒユ科ポーチュラカ属 学名:Portulaca umbraticola

ベロアのように光沢感のある花色が特長のポーチュラカ オスカーレッド。真夏の太陽の光を浴びて、キラキラと光沢ある花びらを輝かせてくれます。ハート形の花弁も特徴的です。適度に立ち上がるので、一般的なポーチュラカが抱える「中央に花が咲かない」という心配もありません。

タゲデス ゴールドメダル

分類:キク科タゲテス属 学名:Tagetes lemmonii

マリーゴールド(タゲデス)は一般的に、根から分泌されるαテルチエニルという物質のおかげで土の中の害虫を寄せつけづらくしている言われています。強いシトラスミントの香りを楽しめるタゲデス ゴールドメダルは、そんなマリーゴールドの一種で、開花期が非常にながいお花です。

まとめ

害虫は見つけたらできるだけ早く対策しましょう。まめに植物の様子をチェックして、被害が小さいうちに駆除するようにしましょう。混みあった枝を整理して風通しを良くしたり、鉢を花台にのせたり、害虫が発生しにくい環境づくりも大切です。予防のために、植え付けの際、培養土に粒状殺虫剤を混ぜておくのもおすすめです。