長い冬が終わると、いよいよ待望の春!ガーデニングシーズンがやってきます。
寒冷地の庭づくりは、自然と仲良く対話をしながら進めていく豊かな時間が流れます。雪の下で眠っていた宿根草の開花を待ちながら、新しい土を作り、冬囲いを外し、苗床を作り、掃除をし…どんどんテンポよく進めていきます。北国などの寒い地域では、ゴールデンウィークが明けるまでは急な降雪などの心配もあるため、地植えが難しいとされており、植えつけのピークは5月中旬となります。
今年はどんな花を育てよう…どんな庭づくりをしよう…とイメージをふくらませている北海道や寒い地方にお住まいのみなさまに、短い夏を鮮やかに彩る丈夫な一年草おすすめ5選と宿根草1選をご紹介します。

寒冷地におすすめの丈夫な一年草5選

ペチュニア

ペチュニアはガーデニングファンの大定番といえる人気の品種です。“こころがなごむ”という花言葉をもち、育てる方々に日々癒しをあたえています。

ペチュニアの特徴

ペチュニアは非耐寒性一年草のナス科の植物です。花のかたちがアサガオに似ていることから“ツクバネアサガオ”という別名をもちます。
小さな花をたくさんつけるタイプと大きな花を咲かせる品種に主に分かれ、その中でも一重咲き・八重咲きのタイプがあります。花期は4~10月と長い期間楽しめます。

ペチュニアの育て方

北海道では4月下旬頃からポット苗の販売が始まります。培養土を入れたプランターや庭土に植えつけましょう。しおれてしまった花がらや葉は早めに摘み取ります。日当たりの良い場所を好みますが、雨に当たると花びらが傷つきやすくなるので気をつけましょう。

PROVEN WINNERS(PW)おすすめのペチュニア

スーパーチュニアビスタ

スーパーチュニアビスタ

スーパーチュニアビスタは、暑さや蒸れにも強いため真夏の直射日光の下でもすくすくと育ち、早春~晩秋まで長く開花します。切り戻しをしなくても次々と分枝しボリュームたっぷりに育つので、初心者におすすめの植物です。

スーパーチュニア

スーパーチュニア

スーパーチュニアは、暑さや雨や病気に強く改良されたペチュニアです。夏の暑さにも負けることなく開花し、春から秋まで花が株を覆うように咲き続けます。

マーガレット

マーガレットはかわいらしい花姿から老若男女に愛されている品種です。“恋占い”という花言葉から、花びらを数えて遊んだ幼いころの想い出に心温まる方も多いでしょう。

マーガレットの特徴

マーガレットは半耐寒性多年草または常緑低木のキク科の植物です。菊に似た花姿から“モクシュンギク”という別名をもち、ピンク・黄色・白の花色が淡くやさしいことが特徴です。花期は3~6月と初夏の庭づくりにぴったりの品種です。

マーガレットの育て方

北海道では5月上旬からポット苗の販売が始まります。本州では花壇の地植えが可能な品種ですが、北海道では鉢植えでの栽培をおすすめします。
花がらはこまめに摘み取りましょう。花が終わり秋を迎える9~10月頃に鉢の植え替えをし、室内で冬越しさせましょう。

PROVEN WINNERS(PW)おすすめのマーガレット

マーガレット ストロベリーホイップ

マーガレット ストロベリーホイップ

分枝性がよく枝数が多いので、たくさんの花が咲きます。ストロベリーホイップは、かわいさセンター級です。濃いピンクから淡いピンクへと花色が変化します。

オステオスペルマム

オステオスペルマムは凛として太陽に向かって咲く花姿が人気の品種です。“富”“明快”という花言葉をもちます。よく似た花に一年草のディモルフォセカがありますが、よく見ると花びらの様子が異なります。開花期は4~6月です。

オステオスペルマムシンフォニー

オステオスペルマムの特徴

オステオスペルマムは半耐寒性の多年草のキク科の植物です。同じキク科のデイジーと似ていることから“アフリカンデイジー”という別名をもちます。

オステオスペルマムの育て方

北海道では4月下旬頃からポット苗・鉢物の販売が始まります。花壇の地植えや鉢植えで楽しみましょう。水が切れると茎下の部分から葉が乾燥してきます。しっかり水やりをしましょう。花がらや葉のしおれた部分はこまめに取り除きます。
また、水はけがよく、風通しの良い場所を好みます。寄せ植えよりも単品で鉢植えにすると管理しやすいでしょう。冬は3℃以上を保つ必要があるため、室内で冬越しさせましょう。

カンパニュラ

カンパニュラは冷涼な気候を好み寒冷地のガーデニングにぴったりの品種です。こんもりと咲くその花姿と爽やかな花色はすべての人を魅了します。“感謝”という花言葉をもつことから、ガーデニングファンや園芸好きの方へプレゼントとしておすすめです。

カンパニュラの特徴

カンパニュラは半耐寒性~耐寒性多年草の植物です。ラテン語で“小さな鐘”を意味する花名のとおり、鐘型の愛らしい花姿が個性的で人気があります。花期は5~8月と長く、毎年北海道の夏を彩ります。

カンパニュラの育て方

北海道では5月上旬からポット苗・鉢物の販売が始まります。円錐型の大きな花をつける品種は花壇向き、星型の小さな花をつける品種はコンテナ向きです。西日が強く当たるような場所は避けます。半日陰になるような涼しい場所がおすすめです。9月中に植え替えや株分けを行いましょう。夏にくらべて控えめに水やりを行いながら冬越しさせます。

PROVEN WINNERS(PW)おすすめのカンパニュラ

カンパニュラ

カンパニュラメリーベル

カンパニュラ メリーベルは、強健で開花期間が長いことが特長です。比較的夏にも強く、愛らしい花が晩春から初秋まで次々と咲きます。

ベゴニア

ベゴニアはまるく小さな花姿がこんもりとかわいらしい品種です。花色はピンクや白・黄色・オレンジなど鮮やかで、一年を通して販売されています。“片思い”“親切”という花言葉をもちます。

ベゴニアの特徴

ベゴニアは半耐寒性の多年草の植物ですが、種まきと育苗が難しいことから一年草として扱われています。こんもりと茂って咲く花姿が特徴的で、花形は一重のタイプと花びらがいくつも重なって咲く八重咲きのタイプがあります。

ベゴニアの育て方

北海道では4月下旬からポット苗の販売が始まります。小さな鉢物などは通年出回っています。乾燥を好む強い品種なため、水やりのタイミングに注意しましょう。日当たりの良い場所で育てます。開花期は4~11月までととても長く楽しめます。

PROVEN WINNERS(PW)おすすめのベゴニア

ベゴニアダブレット ベゴニアゼンパフローレンス

ベゴニア タブレット

ベゴニアが改良され、さらに育てやすくなったのがベゴニア ダブレットです。八重咲きで花つきがよく、春から晩秋まで花が株いっぱいに咲き続けます。暑さはもちろん、雨や病気に強く、とても育てやすい植物です。

ベゴニア サマーウィング

強健なボリビエンシスの血を引くハイブリッドベゴニアで、一般的なベゴニアと比べ、さらに暑さや根腐れ病に強くなりました。ローメンテナンスで、ボリュームいっぱいにしだれる姿は目を見張ります。

寒冷地におすすめの宿根草1選

マツバギク(デロスペルマ)

デロスペルマは、細長い花びらを放射状に咲かせるお花で、耐寒性マツバギク(松葉菊)という名でも知られています。“怠けもの”という花言葉をもちますが、日中の晴れた時間だけ花を咲かせて、夜はもちろん曇りの日など日が当たらない時は花を閉じるマツバギク(デロスペルマ)の性質が由来と言われています。

マツバギク(デロスペルマ)の特徴

耐寒性マツバギク(デロスペルマ)は、多肉植物で乾燥にとても強い植物です。耐えることができる最低温度は目安としてー25℃と耐寒性があり、北国の寒い地域でも地植えや花壇で冬越し可能な寒冷地には欠かせない宿根草です。

マツバギク(デロスペルマ)の育て方

耐寒性マツバギク(デロスペルマ)は、耐乾性と耐寒性、さらには耐暑性にすぐれた大変育てやすい植物ですが、日照不足になると花数が増えません。一日中日光が良く当たる場所で育ててください。

PROVEN WINNERS(PW)おすすめのデロスペルマ

デロスペルマルミナスレンジャー

デロスペルマ ルミナスレンジャー

デロスペルマ ルミナスレンジャーは、冬越しした翌年はさらに充実した株となり多くの花を咲かせます。コンパクトな草姿に、光沢ある花が株を覆いつくすように咲きます。花色は、元気になる「イエロー」「ピンク」「ホワイト」の展開があります。

まとめ

寒い地域にお住まいのみなさまに、短い夏を鮮やかに彩る丈夫な一年草と宿根草をご紹介しました。本州やそれよりも南の高温多湿の地域とは、おすすめの品種も少し違います。北海道ならではのさわやかな四季を感じて、今年もさまざまなお花の表情を楽しんでください。