レーマニアとは

レーマニア

レーマニアは、中国原産の多年草で別名:チャイニーズフォックスグローブとも呼ばれている珍しい園芸品種です。多年草でありながら、耐暑性にも耐寒性にも優れており、ジギタリスに似た釣鐘状の花を咲かせます。

ここでは、そんなレーマニアを上手に育てる育て方をご紹介します。

栽培カレンダー

レーマニア栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。

レーマニアの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

草花用培養土

水はけのよい土を選びます。病気や害虫を避けるため、新しい土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

元肥のほかに、液肥を週1回程度、置き肥(緩効性)を月1回あげてください。

鉢の選び方

30cm前後の鉢がおすすめです。鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
レーマニアの管理方法

植えつけ

買ってきた花苗(11㎝トールポット苗)は、真夏と真冬を除いて周年植えつけ可能です。初めは二回り大きな20㎝~25㎝位の鉢に植えつけ、根が張ってきたら30㎝前後の鉢に植え替えましょう。春と秋の植えつけ適期以外は根を傷めないように十分注意してください。

根が張ってくると、地上部が大きくなり、鉢底穴から根が見えたり水が乾きやすくなる症状がみられます。

植えつけ時に元肥を十分に施し、害虫防除のためにオルトラン粒剤等の殺虫剤を撒いておきましょう。

日当たり・置き場所

レーマニアは、1日中日光のよくあたる場所か午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所で育ててください。夏には直射日光を避けた涼しい場所で育ててください。冬には少なくとも8週間以上低温にあてることで、翌春の開花を促進します。

水のあげ方

鉢植えの場合

土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水をあげてください。冬季は葉色が変化して葉数が減ったり、地上部がなくなったりしますが土中に根があり発芽準備をしていますので、水を切らさないように管理してください。

地植えの場合

根づくまでは、土が乾いたら水やりをするようにしてください。根づけばほとんど水やりは不要です。

肥料のやり方

レーマニアは、植えつけ時に元肥を十分に施した後、開花期は、緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1〜2週間に1~2回程度あげてください。

病害虫の予防と対策

植えつけ時に害虫防除のためにオルトラン粒剤等の殺虫剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。

病気

葉の上から水やりをすると、灰色かび病に感染する可能性があるため、鉢の土に水やりするようにしてください。

害虫

害虫の心配はほとんどありません。

切り戻し・花がら摘み

花が咲き終わったら、花茎を切り取ってください。すると、再び花が咲きやすくなります。

植え替え

鉢植えの場合

鉢植えで育てている場合は、一年に一度春や秋に植え替えをしましょう。

地植えの場合

植え替え不要です。

avatar
ここがポイント!
冬はしっかりと低温にあててください

管理情報

開花期:春~秋

耐性

耐性:耐寒性多年草

最低温度:ー10℃

耐寒性ゾーン:8a

水やり:ふつう

置き場所:日なた、半日陰

草丈

草丈:約35cm

株幅

株幅:約45cm

肥料:ふつう

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

よくあるご質問

Q
レーマニアは、耐寒性多年草と記載がありますが、多年草ですか。
A

レーマニアは耐寒性が強い多年草です。ただ耐えることができる最低温度は目安としてー10℃になりますので、地域や環境によっては冬越し対策をしながらしっかりと低温にあててください。

購入できるお店

レーマニアを販売しているお近くのお店をご案内いたします!