aruncus_main2-min
aruncus_main-min
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Shadow

分類:バラ科ヤマブキショウマ属
学名:Aruncus hybrid

栽培環境や植物の状態によっては、実際の花や葉色が異なる場合があります。

耐陰性が高くシェードガーデンでも楽しめます
分枝性に優れたくさんの花が咲きます
ローメンテナンスで何年も育てられます

管理情報

開花期:晩春~初夏

耐性

耐性:耐寒性多年草

最低温度:ー40℃

水やり:ふつう

置き場所:日なた、半日陰、日陰

草丈

草丈:60~90cm

株幅

株幅:100~120cm

肥料:すくなめ

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇

ポリネーターフレンドリー

ポリネーター

フレンドリー

耐暑性アイコン

アイコンの説明はこちら

品種情報

アルンクス シャンテリーレースは、北アメリカ原産の多年草です。日本の山地や雑木林に多く自生するヤマブキショウマ(山吹升麻)もその仲間で、大陸を渡り日本列島にやってきたとされています。

アルンクス シャンテリーレースは、日本の高温多湿の環境に適しており根づけば植えっぱなしでも大丈夫なローメンテナンスな植物です。耐陰性に優れており日陰でも花を咲かせ、よく育ちます。アルンクス シャンテリーレースの登場によって、PWのシェードガーデンの楽しみ方が膨らみました!花を楽しむ日陰の庭に、欠かせない存在となるかもしれません。

晩春~初夏には円錐花序にたくさんの小花をつけ、蝶やハチなどのポリネーター(花粉媒介者)を招きます。

シャンテリーレース

地植えをすると株幅100~120cmまで拡がりますが、鉢やプランターで、コンパクトに育てることもできます。

晩春~初夏に咲くレース状に咲いたクリーム色の花は、まさに「シャンテリーレース」のよう。日光を浴びると、レースが輝いているように見えます。葉を覆うほどのたくさんの花を咲かせます。

枝の下の方から先まで、円錐花序にたくさんの小花を咲かせます。

アルンクス シャンテリーレースは、平行脈が等間隔で配列した美しいディテールの葉を持ちます。ギザギザに先端が尖った葉は、ナチュラルガーデンから日本庭園までどんなお庭にも調和します。

植えつけ後1~2年はゆっくりと生長しますが、しっかり根づくと毎年素晴らしいパフォーマンスを見せてくれます。植え替えが難しい種になるので、スペースには余裕をもって植えるようにしましょう。

アルンクス シャンテリースの冬越し

アルンクス シャンテリーレースは、冬越しをするといっそうたくさんの花が咲くようになります!

アルンクス シャンテリーレース
6月中旬
アルンクス シャンテリーレース
12月上旬 落葉期
アルンクス シャンテリーレース
4月中旬
アルンクス シャンテリーレース
5月下旬

ポリネーター(花粉媒介者)を守ります

ポリネーター(花粉媒介者)とは、蜜蜂や蝶などの昆虫類や鳥など植物の花粉を媒介し受粉させる生き物のことです。

ポリネーター(花粉媒介者)は生態系の基盤となる多くの植物にとって必要不可欠な存在で、食料や健康を支える農業においてもなくてはならない生き物ですが、近年世界的にその数が激減し、減少し続けていることが問題になっています。

アルンクス シャンテリーレースは、晩春には円錐花序にたくさんの小花をつけ、蜜蜂などのポリネーター(花粉媒介者)を招きます。アルンクス シャンテリーレースを育てることで、ポリネーター(花粉媒介者)たちの生命をつなぐ地球に優しいガーデニングを実現することができます。

みんなの投稿

みなさんが育てたアルンクス シャンテリーレースの写真をご紹介!みなさんの投稿をお待ちしております!

GreenSnap グリーンスナップ
Instagram