分類:キク科センダングサ属 学名:Bidens hybrid

ラインアップ

ホットオレンジ

ホットイエロー

オレンジスパーク

特長

春から冬まで長く咲きます
従来のビデンスより連続開花性がアップしました
暑さに強くなりました

管理情報

開花期:周年

耐性

耐性:半耐寒性/多年草

最低温度:約0℃

耐寒性ゾーン:9b~

水やり:ふつう

置き場所:日なた、半日陰

草丈

草丈:30~45cm

株幅

株幅:45~60cm

肥料:ふつう

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

販売時期

ビデンスキャンプファイヤーラベル

3月上旬~4月下旬

9月下旬~10月下旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

1株でこんなに大きく生長します

愛知県で、5月にポット苗を植えつけ約3ヵ月経過した8月の様子です。1株でこんなに大きく生長します。だから小さい苗を何個も買うよりもコストパフォーマンスもいいんです。

2色の寄せ植えを楽しむ

ビデンスキャンプファイヤー2色で寄せ植えしてみました。生育環境が同じなので、同じように育っていきお手入れも簡単!華やかでボリュームある姿を楽しめます。
開花期間が長いので、伸びすぎたら適宜切り戻しをして長く楽しみましょう。

黄色を活かして寄せ植えを楽しむ

ビデンス キャンプファイヤーの元気な黄色を活かして、バーベナ(スーパーベナ ホワイト)とカリブラコア(スーパーベル ホーリースモーク)の寄せ植えをアレンジしてみました。カリブラコアの中心の黄色が効き色になってくれているのもあり、バイカラー(複合色)のお花ともとても可愛らしい寄せ植えができます。

育てる寄せ植えを楽しむ

「正面から見てバランス良く」「土が見えないように」と寄せ植えをした時点での完成度100%を目指す寄せ植えに対して、育てる寄せ植えは、寄せ植えた時点は、少し寂しい感じがするかもしれません。こちらは、3/19植えつけ直後の寄せ植えです。

4/16の様子です。 日に日にこんもりと生い茂っていく寄せ植えを育てていく様子はとっても楽しいものです。数週間でこんなにこんもりと生長しました。

切り戻したお花をお部屋で飾って楽しむ

ビデンスキャンプファイヤーを野原で摘んできた花束のように飾ってみました。茎が曲がっているものはちょっとだけ向きを整えて、茎のラインが中心から放射状に広がるようにするとまとまり感が出ます。器の高さと、器から出る花の高さを同じくらいにするとバランスよく見えます。

みんなの投稿

みなさんが育てたビデンスキャンプファイヤーの写真をご紹介!みなさんの投稿楽しみにお待ちしております!

GreenSnap グリーンスナップ
Instagram