分類:ツリフネソウ科ツリフネソウ属 学名:Impatiens New Guinea hybrid

ー ラインアップ ー

カルモナ

ハコ

ニューギニアインパチェンストロピカル

マウリ

ニューギニアインパチェンストロピカル

カバノ

ニューギニアインパチェンストロピカル

ロジア

ニューギニアインパチェンストロピカル

アモヤ

ニューギニアインパチェンストロピカル

インプルーブデリアス

ニューギニアインパチェンストロピカル

ヨーコ

ニューギニアインパチェンストロピカル

オローナ

ニューギニアインパチェンストロピカル

マリータ

ニューギニアインパチェンストロピカル

べティオ

ニューギニアインパチェンストロピカル

コイバ

ー 特長 ー

輪花が株いっぱいに咲きます
分枝性がよく株がまとまりやすいです

ー 管理情報 ー

開花期:春~晩秋

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度※:約5℃

耐寒性ゾーン※:10a~

水やり:乾きに注意し、頻度高めにたっぷりあげてください

置き場所:1日中日光のよくあたる場所、もしくは午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所

草丈

草丈:約30cm

株幅

株幅:約30cm

肥料※:緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

  • 最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
  • 耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
  • 肥料:緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことです。
この植物の冬越し可能エリアを確認

ー 販売時期 ー

ニューギニアインパチェンストロピカル

5月上旬~6月下旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

\さっそくお店に買いに行こう!/
お近くの販売店はこちら

― 上手に育てるポイント ―

ニューギニア インパチェンス トロピカルは、明るい場所を好みますが、強い直射日光は葉焼けの原因になります。建物の脇や庭木の下など、直射日光を避けた明るい場所に置いて育ててください。