ガーデニングシーズンになると、ご自宅やお出かけ先で花や植物を身近に感じる機会も多くなります。今回は“ガーデニングを彩る花たちの花言葉”と題して、花のある暮らしをさらに楽しめるよう、お庭を飾る代表的なお花の花言葉をご紹介します。
花たちにそれぞれオリジナルの花言葉があることを知っていますか。花言葉は同じ花の種類でも色や本数によって異なる意味をもちます。代表的なものでは、“愛”というバラの花言葉が広く知られていますが、お誕生日やプロポーズの場面など大切な人への贈り物によく選ばれています。
ガーデニングでメインとなる花植物の花言葉は、どれもやさしくあたたかな気持ちになる言葉であふれています。花を育て、花言葉を愛でながらガーデニングライフをもっと豊かにしていきましょう。

ガーデニング花言葉8選

切り花で出回る品種はもちろんですが、花苗たちもひとつひとつ花言葉をもっています。ガーデニングで代表的な品種8選の花言葉とその由来(花物語)をご紹介します。

スイートアリッサムの花言葉

小さな小花がやさしい印象のスイートアリッサムは寄せ植えやグラウンドカバーにも人気の品種です。花言葉は“上品な美しさ”、“優美”、“美しさをこえた価値”です。ふわふわと咲き誇る花姿はまさに美しく上品さそのもの。開花期間が長く、こんもりと咲き広がる花姿はやわらかで美しく癒されます

おすすめのスイートアリッサム

スーパーアリッサム

スーパーアリッサム は、アリッサム(スイートアリッサム)にとって厳しい暑さの時期でも開花するように改良されました。耐暑性があり開花期間が長い栄養系スイートアリッサムです。

ゴンフレナ(センニチコウ)の花言葉

ゴンフレナ(センニチコウ)は、その名前の通り、花の色が褪せることなく「千日花が咲く」ことから夏から秋までの長い間楽しめる品種です。花言葉は”不滅の愛”、”不朽”です。美しい色をほとんど損なわずに簡単にドライフラワーにできることからそう花言葉がつけられました。

おすすめのゴンフレナ(センニチコウ)

ゴンフレナ ラブラブラブ

ゴンフレナ ラブラブラブは、一般的なゴンフレナ(千日紅)と比べて、分枝性が大幅に改良されており、連続開花性に優れ春から晩秋まで咲き続けます。高性で花壇や寄せ植えのフォーカルポイントとしてもお楽しみいただけます。

バーベナの花言葉

サクラのような花がまとまって半球状に咲くバーベナは春から秋の終わりまでくりかえし休まずに咲きます。花言葉は“魔力”、“家族が仲良くなる”です。寄り添うようにまとまったかたちで咲く花姿はまさに家族のようですね。茎の生長も早いので高さを生かした寄せ植えにもおすすめです。

おすすめのバーベナ

バーベナ メテオールシャワー

バーベナメテオールシャワーは、今までの三尺バーベナから改良され、優れた分枝性で連続開花するようになりました。種がつかず庭で勝手に繁殖することもなくなり、花数が多く大きな花房が特長です。

アナベル(アメリカあじさい)の花言葉

真っ白で丸くこんもりと咲く花姿が癒しをあたえてくれるアナベルは結婚のお祝いに人気のある品種のひとつです。花言葉は“ひたむきな愛”です。花の開花期が5月上旬からなので、母の日のギフトやジューンブライドの会場花として毎年選ばれています。ひたむきに、そして力強く咲き誇る花姿は大切な人への愛の想いを伝えてくれるかのよう。丈夫で耐寒性も充分にあることから、鉢植えはもちろんお庭への地植えで増やしていくことが可能です。

おすすめのアナベル

アメリカあじさい アナベルジャンボ

直径30cmもある花房がたわわにつくアメリカあじさい アナベル ジャンボ。咲き始めは緑色の花がやがて白色へ、さらに美しいヒスイのような淡い緑色へと変化する花色が魅力です。霜が降りる頃まで美しい花を楽しめます。
茎が太く丈夫なため、ボリュームある花が咲いても倒れることがなく切り花にもおすすめです。耐寒性が非常に強く丈夫で、晩冬に切り戻しをすれば翌年も花を楽しめます。

カンパニュラの花言葉

小さな鐘のかたちをした愛らしい花を咲かせるカンパニュラはピンク・むらさき・白の代表的な花色をもちます。ガーデニング全体をやさしく彩るのにかかせない品種です。花言葉は“感謝”です。少しうつむきながら開く控えめな花姿は謙虚に感謝の気持ちを伝えているかのように感じますね。
似た花にキキョウがあります。同じく鐘型でキキョウ科ですが、キキョウはカンパニュラよりも花の形が大きく、星のように開きます。

おすすめのカンパニュラ

カンパニュラ メリーベル

カンパニュラ’メリーベル’は、強健で開花期間が長いことが特長です。比較的夏にも強く、愛らしい花が初秋まで次々と咲きます。

ベゴニアの花言葉

花びらが幾重にも重なってこんもりと茂り、肉厚な葉が存在感のあるベコニアは丈夫な品種です。花言葉は“片思い”、“親切”です。くりかえし次々と花をつけるため、一年を通して鮮やかなその姿を楽しめます。まるでガーデニングを楽しむ私たちへの想いを伝えてくれているかのように感じます。
乾燥を好むので、水やりを毎日行う必要がありません。手軽に花の生育を見守れる初心者におすすめの品種です。

おすすめのベゴニア

ベゴニア ダブレット

ベゴニアが改良され、さらに育てやすくなったのがベゴニア ダブレットです。八重咲きで花つきがよく、春から晩秋まで花が株いっぱいに咲き続けます。暑さはもちろん、雨や病気に強く、とても育てやすい植物です。

ライラックの花言葉

やわらかな甘い香りが特徴的なライラックは初夏の訪れを知らせてくれる北国で愛されるお花です。札幌市では毎年5月下旬頃に「さっぽろライラックまつり」が開催されています。花言葉は“想い出”、“青春の一ページ”です。またこの季節がやってきた、と街の景観とともに甘酸っぱい想い出を呼び起こしてくれる花ともいえるかもしれません。
手まりのようにふわふわと揺れる花姿は唯一無二のお花です。植える場所を選ばず、丈夫に育つことから本州はもちろん北国でも幅広い地域で愛されています。

おすすめのライラック

姫ライラック ペンダ

姫ライラック ベンダは、コンパクトな樹形で、春と夏~秋に花をつける二季咲きのライラックです。
優雅なライラックの香りと彩りを何カ月もの間楽しめるのが大きな魅力です。春に紫色の花が株全体を覆うように咲いた後、再び夏に花をつけ、霜が降りる頃までよい香りの花が咲き続けます。花付きが良くコンパクトでこんもりと茂るため、植える場所を選びません。小さな庭や鉢植えにもおすすめです。

インパチェンスの花言葉

インパチェンスは白やピンク、赤などの花色をもっています。平たく空に向かって花を開くその花色はどれもはっきりと濃い色で華やかです。花言葉は“鮮やかな人”、“強い個性”です。他の花苗と寄せ植えにして植えてもその花色から抜群の存在感を示すインパチェンスはまさに花言葉の鮮やかな人そのもの。
日のあたる場所でしっかり管理すれば初夏から秋まで花が咲きつづけます。カラフルな色彩がどこか南国の雰囲気を漂わせていることも魅力のひとつでしょう。

おすすめのインパチェンス

ニューギニア インパチェンス ロココ

分枝性がよくボリュームある株に生育します。フリル咲き(※特に咲き始めにフリルが強くかかります。)。

まとめ

今回はガーデニングを彩る花たちの花言葉を7選ご紹介しました。花物語を知り、花のルーツを学ぶと、さらにお花に愛着が湧いて、ガーデニングがより楽しくなることと思います。もっとガーデニングを楽しむために、花言葉も調べてみてくださいね。