分類:ヒユ科ゴンフレナ属 学名:Gomphrena pulchella

ー ラインアップ ー

ラブラブラブ

ー 特長 ー

連続開花性に優れ晩秋まで咲き続けます

高温多湿・乾燥・強光線に強いです

高性なので花壇や寄せ植えのフォーカルポイントに
一般品種と比べ分枝性が大幅に改良されました

ー 管理情報 ー

開花期:春~晩秋

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度※:約0℃

耐寒性ゾーン※:9a~

水やり:過湿に注意して乾かし気味に管理し、土の表面が乾いたらたっぷりあげてください

置き場所:1日中日光のよく当たる場所

肥料※:緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,,000~2,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください

用途:プランター/鉢植え、花壇

草丈

草丈:50~70cm

株幅

株幅:50~70cm

  • 最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
  • 肥料:緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことです。
  • 耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
この植物の冬越し可能エリアを確認

ー 販売時期 ー

4月上旬~6月下旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

\さっそくお店に買いに行こう!/
お近くの販売店はこちら

― 楽しみ方 ―

動画で観るゴンフレナラブラブラブ

寄せ植えや花壇での楽しみ方

ゴンフレナ ラブラブラブは高性なので、寄せ植えや花壇の背景でフォーカルポイントとしてお楽しみいただけます。

ゴンフレナラブラブラブ

ドライフラワーでの楽しみ方

ゴンフレナ ラブラブラブはもともとが乾燥しているので、ドライフラワーに最適です。色褪せも少なく、のちに水分が蒸発してサイズダウンすることもないのでながくドライフラワーとしてお楽しみいただけます。(一般的な千日紅と比べると、作成の途中で少しだけポロポロ落ちやすい傾向があります。)

ゴンフレナラブラブラブ

ゴンフレナ ラブラブラブはもともと乾燥したお花です。

ゴンフレナラブラブラブ

色褪せることなく、水分が蒸発して小さくなることもなくながくドライフラワーとして楽しめます。

ー みんなの投稿 ー

みなさんが育てたゴンフレナ ラブラブラブの写真をご紹介!みなさんの投稿楽しみにお待ちしております!

GreenSnap グリーンスナップ
Instagram
@provenwinners_japan

ゴンフレナのトリビア

ここで、ちょこっとブレイクタイム!ゴンフレナに関するトリビアを3択クイズでご紹介します。

問題:ゴンフレナは日本名「千日紅」です。その名前の由来は何でしょうか。

01.夏から秋までの長い間、花の色が褪せることなく「千日花が咲く」ことから名付けられたため
02.江戸時代、花嫁さんが頬に挿す頬紅をいつまでも幸せにという意味を込めて「千日紅」と呼んでおり、そこから名付けられたため
03.丸いお花の形にご先祖様の魂が込められていると言われ、ながい間見守ってくれるお花として「千日紅」と呼ばれるようになったため

(答えは、育て方のページに掲載されています。)

\ゴンフレナ ラブラブラブの育て方はこちら/
育て方