ヒポエステスとは

斑入りカラーリーフとして、寄せ植えや花壇の演出に欠かせないヒポエステス。日向はもちろん、明るい日陰でも育つため、屋内で観葉植物としてもお楽しみいただけます。

ガーデンヒポエステス ピッピとは

ガーデンヒポエステスピッピ

ガーデンヒポエステス ピッピは、夏の直射日光にも負けない強さに改良されたヒポエステスです。外はもちろん日陰や室内と場所を問わず、どこでも晩秋まできれいな葉を楽しむことができます。存在感ある大きな葉と整った草姿が特徴で、寄せ植えにもおすすめのカラーリーフです。

ここではそんなガーデンヒポエステス ピッピを上手に育てる育て方をご紹介します。

ガーデンヒポエステス ピッピの育て方

avatar
ご用意するもの
土の選び方

草花用培養土

排水性のよい土を選びます。病気や害虫を避けるため、新しい土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

春から秋の生育期に、緩効性の置き肥を2ヵ月に1回程度、液肥を2週間に1回程度あげてください。

鉢の選び方

30cm前後の鉢がおすすめです。鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
ガーデンヒポエステス ピッピの管理方法

日当たり・置き場所

ガーデンヒポエステス ピッピは、直射日光の下でも暗い日陰でも場所を選びません。屋内屋外問わずきれいな葉色を楽しめます。

水のあげ方

春から秋の生育期には、鉢の土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水をあげてください。冬は、鉢の中まで土が乾いているようであれば、たっぷりと水をあげてください。

肥料のやり方

春から秋の生育期には、緩効性の置き肥を2ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を2週間に1回程度あげてください。

病害虫の予防と対策

植えつけ時にオルトラン等の粒剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。

病気

特に心配ありません。

害虫

風通しが悪いとカイガラムシが発生することがあります。白や茶色の点を見つけたら除去してください。また、日陰ではナメクジが発生する可能性があります。その場合には、ナメクジ駆除剤の利用をおすすめします。

切り戻し

茎が伸び過ぎたら草形を整える切り戻しをしてください。切り戻しに強く改良されているので、元気な葉を多く残しさえすれば強めに剪定しても大丈夫です。秋が深まると、生育スピードが緩和されます。秋以降は伸びすぎた枝のみ切り取るようにしてください。

栽培カレンダー

ガーデンヒポエステスピッピ栽培カレンダー

※関東地方以西基準になります。

avatar
ここがポイント!
色々な植物と組み合わせて楽しんでください

管理情報

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度※:約5℃

耐寒性ゾーン:10b~

置き場所:屋外屋内問わず場所を選びません

水やり:ふつう

肥料:ふつう

草丈

草丈:約30cm

株幅

株幅:約30cm

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

よくあるご質問

Q
グリーンインテリアとしても育てることができますか。
A

ガーデンヒポエステス ピッピは日が当たらない屋内でも育つため、グリーンインテリアとして最適です。

購入できるお店

ガーデンヒポエステス ピッピを販売しているお近くのお店をご案内いたします!