ワスレナグサ(ミオソティス)とは

ワスレナグサは、淡い水色をした何ともいえないかわいらしさがある早春のお花です。別名:ミオソティスとも呼ばれ、パンジーやビオラ、スイセンなどの球根類と一緒に植えれば、春ならでは爽やかな景観ができます。

ミオソティス ミオマルクとは

ミオソティス ミオマルクは、ひと回り花の大きなワスレナグサ(ミオソティス)です。ミオオソティス ミオマルクの花の大きさは、花色のかわいらしさを一層引き立たせ、淡い水色の花が株一杯に咲いて春の訪れを感じさせてくれます。

一般的なワスレナグサ(ミオソティス)は、夏の暑さに耐えれず一年草扱いになることが多いのですが、ミオソティスミオマルクは暑さに強いので、上手く夏越ができれば翌春も花を楽しめる宿根草です。ここでは、そんなミオソティス ミオマルクを上手に育てる育て方をご紹介します。

ミオソティス(ミオマルク)の育て方

宿根草とは、冬や乾燥期などの苦手な時期には地上部を枯らしますが、また暖かくなると育ちはじめ毎年楽しむことができる植物です。ミオソティスは、夏から冬にかけて地上部を枯らします。

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

草花用培養土

水はけが良い土を選びます。病気や害虫を避けるため、新しい用土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

早春の生育期には液肥を週1回程度あげてください。

鉢の選び方

20cm前後の鉢がおすすめです。鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
ミオソティス ミオマルクの管理方法

ー 置き場所 ー

風通しのよい1日中日光がよくあたる場所、夏は午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所に置いて(植えて)ください。

最低温度は、ー15℃と耐寒性があるので北海道でも内陸部を除いて屋外で冬越し可能です。夏越しに挑戦する場合は、梅雨や強い日差しを避けた涼しい場所に移動してください。


ー 水のあげ方 ー

ミオソティスは水切れを苦手とするので、頻度高めに水やりしてください。鉢植えの場合は、水やりをする時は鉢底から水が流れ出るまでたっぷりとあげてください。


ー 肥料のやり方 ー

植えつけ時に元肥を施し、春の生育期に緩効性の置き肥をあげる以外はあまり必要としません。


― 病害虫の予防と対策 ―

植えつけ時にオルトラン等の粒剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。

病気

風通しが悪いと灰色かび病にかかることがあります。花がらを取り除いて清潔な状態を保つようにしてください。

害虫

アブラムシの繁殖期である春にアブラムシが発生することがあります。アブラムシがたくさんついてしまった部分は切り落とし、アブラムシに効く薬剤を散布しましょう。


ー 切り戻し(お手入れ) ー

花が終わったら、花がらを取り除きましょう。花の付け根の枝から切り落としましょう。


avatar
咲かせてね!
栽培カレンダー
ミオソティス栽培カレンダー忘れな草

※関東地方以西基準になります。

avatar
ここがポイント!
水切れしないように育ててください

ー 管理情報 ー

開花期:早春

耐性

耐性:耐寒性/多年草

最低温度※:約ー15℃

耐寒性ゾーン※:7b~

水やり:乾きに注意し頻度を高めにたっぷりあげる

置き場所:1日中日光がよくあたる場所、もしくは午前中に日光はよくあたり午後には木陰のような日陰になる場所

草丈

草丈:約20cm

株幅

株幅:15~20cm

肥料※:植えつけ時に元肥を施し、春の生育期に緩効性の置き肥をあげる以外はあまり必要としません

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

  • 最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
  • 耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
  • 肥料:元肥とは花苗を植えるとき、事前にあげる肥料のことです。緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことです。
この植物の冬越し可能エリアを確認

avatar
お答えします!
よくあるご質問
Q
ミオソティス ミオマルクは、耐寒性多年草と記載がありますが、宿根草ですか。
avatar
待ってます!
販売店のご案内

ー PW販売店検索 ー

ミオソティス ミオマルクを販売しているお近くのお店をご案内いたします!

\全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております/
お近くの販売店はこちら

ミオソティスのトリビアの答え ー

正解は「01」でした!

ミオソティスという属名は、花の細長い形状がハツカネズミの耳に似ていることからギリシア語の「myos(ハツカネズミ)」と「otis(耳)」から名づけられたそうです。ミオソティス ミオマルクは少しポッテリしているので、その形状はハツカネズミの耳とは違うかもしれませんね。

トリビアは、基本情報のページに掲載されています。)

\ミオソティス ミオマルクについてもっと知りたい方はこちら/
基本情報