ブッドレアとは

ブッドレアは、フジウツギ科フジウツギ属の落葉性低木です。花には蝶を引き付けるよい香りがあり、バタフライブッシュとも呼ばれています。ブッドレアは、春に伸びた枝に花芽を作り夏に開花する新枝咲きで、ガーデニング初心者向けの栽培が簡単な花木です。

ブッドレア パグスターとは

ブッドレア パグスターは、花壇や鉢植えで楽しみやすいコンパクトでまとまりのある樹形でありながら、花のサイズはそのまま!ボリュームある花穂が魅力的なブッドレアです。初夏から霜が降りる頃まで長く花を楽しむことができる花木で、しっかりした枝で耐寒性に優れています。

ここではそんなブッドレア パグスターを上手に育てる育て方をご紹介します。

栽培カレンダー

ブッドレア栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。

ブッドレアの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

培養土

排水性のよい土で育ててください。

肥料のあげ方

肥料

大きく育てたい場合は、1~3月に緩効性肥料をあげてください。

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
ブッドレアの管理方法

ブッドレアの植えつけ

他の植物のように地面と同じ高さに植えるのではなく、根元が地面よりも少し高くなる位置に植えます。これにより水がブッドレアに溜まることなく排水されるようになります。

耐寒性ゾーン5a以下の地域(北海道の内陸部など)では、秋の植えつけはおすすめしません。

ブッドレアの日当たり・置き場所

1日中日光がよくあたる場所に置いて(植えて)ください。1日6時間以上日光があたる場所で育ててください。日本全国で戸外で育てることができます。

排水性のよい土壌で育ててください。また、根元をバークチップなどでマルチングすることは避けましょう。他の植物にとってマルチングは、土壌を熱や害虫から守るために効果的ですが、ブッドレアは根元までマルチングしてしまうと水分を保持し過ぎてしまう傾向があります。 

ブッドレアの水のあげ方

ブッドレアは、水のあげ過ぎに注意してください。自動潅水システムなどを導入している場合は、ブッドレアに水がかからないようにしてください。

水をあげ過ぎると、茎が細くなり花数が少なくなったりする兆候がみられます。

地植えの場合

根が張れば特に水をあげる必要はありません。雨が降らない日が続いて、土が乾いているようであれば適宜水をあげてください。

鉢植えの場合

土が乾いているようであれば適宜水をあげてください。

ブッドレアの肥料のやり方

ブッドレアは、特に肥料は必要ありません。大きく育てたい場合は、1~3月に緩効性肥料をあげてください。

ブッドレアの病害虫の予防と対策

害虫

アブラムシの主な繁殖期は4~6月と9~10月です。この時期にアブラムシが発生することがあります。アブラムシは、単為生殖で、雌が1匹いれば増え続けることができる害虫です。アブラムシを見かけたら、たくさんついてしまった部分は切り落とし、残ったアブラムシが再繁殖する前にアブラムシに効果がある薬剤を散布してください。

病気

ブッドレアは、病気に強くほとんど心配ありません。

ブッドレアの剪定

花が咲き終わった後に花がらを切り取った方が美しい状態を保つことができます。樹形が乱れたら、満開の後に花がら摘みを兼ねて全体を切り戻すと、よりキレイな株を保てます。

剪定は原則不要ですが、樹形を整える必要がある場合は落葉した休眠期に剪定してください。

avatar
ここがポイント!
蝶を引き付けるよい香りがする花木です。

管理情報

開花期:夏~秋

タイプ:落葉性

最低温度:約ー28℃

耐寒性ゾーン:5b~

置き場所:日なた

土壌:排水性のよい土

樹高

樹高:品種により異なります

植栽距離

樹幅:品種により異なります

主な用途:鉢植え/プランター、地植え

植栽距離

剪定:原則不要

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

よくあるご質問

Q
ブッドレアは蝶を惹きつけるとのことですが、毛虫もたくさん出ますか。
A

ブッドレアは、花の蜜が多く甘い香りが漂うため蝶を惹きつけますが、毛虫 (蝶の幼虫) にとっての食料源を提供しないため、毛虫の心配はさほどありません。

Q
ブッドレアを鉢植えやプランターで育てることはできますか。
A

はい、できます。水はけのよい培養土を使って育ててください。

購入できるお店

ブッドレア パグスターを販売しているお近くのお店をご案内いたします!