タゲテス ゴールドメダルとは

タゲテスゴールドメダル

レモンマリーゴールドの名でも知られているタゲテス。一般的なタゲテスは、秋から早春にかけて花が咲きますが、タゲテス ゴールドメダルは暑さにも寒さにも強く、繰り返し咲きながら、一年中花を楽しめるお花です。

葉は、強いシトラスミントの香りがします。花の少なくなる時期にも、温かみのあるゴールドでお庭を鮮やかに彩ります。耐暑性に優れ、病害虫の発生もほとんどない大変育てやすいお花です。ここでは、そんなタゲテス ゴールドメダルを上手に育てる育て方をご紹介します。

栽培カレンダー

タゲデスゴールドメダル栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。真夏・真冬は花が休むことがあります。

タゲテス ゴールドメダルの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

培養土

排水性のよい土を選びます。病気や害虫を避けるため、新しい土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

元肥のほかに、開花期は液肥を週1回程度あげてください。夏は生育が止まるので、肥料はお休みしてください。

鉢の選び方

30cm前後の鉢がおすすめです。鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
タゲテス ゴールドメダルの管理方法

植えつけ

植えつけ時に元肥を十分に施し、害虫防除のためにオルトラン粒剤等の殺虫剤を撒いておきましょう。買ってきた花苗(9~10.5㎝ポット苗)は初めは二回り大きな15㎝~20㎝位の鉢に植えつけ、根が張ってきたら30㎝前後の鉢に植え替えましょう。

根が張ってくると、地上部が大きくなり、鉢底穴から根が見えたり水が乾きやすくなる症状がみられます。植え替えの際に、根を痛めないように抜いた苗は根を触らないようにし、根がぎっしり張っていないか確認してください。

とても生育旺盛なので、植え替えに自信がない場合は、買ってきた花苗(9~10.5cmポット苗)を初めから30cm前後のサイズの鉢に植えても育てることができます。土の表面が乾いたら、たっぷり水をあげるようにして、水のあげ過ぎに注意して育ててください。

日当たり・置き場所

風通しの良い1日中日光がよくあたる場所に置いて(植えて)ください。1日6時間以上日光があたる場所で育ててください。冬は、寒風を避け霜の当たらない場所で育ててください。

水のあげ方

鉢の土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水をあげてください。タゲテスは過湿を苦手とするので乾かし気味に育ててください。

肥料のやり方

植えつけ時に元肥を十分に施した後、緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1〜2週間に1~2回程度あげてください。夏は生育が止まるので、肥料はお休みしてください。

病害虫の予防と対策

植えつけ時に害虫防除のためにオルトラン粒剤等の殺虫剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。

病気

特に心配はありません。

害虫

レモンマリーゴールドの名前で知られているタゲデスは、一般的に根から分泌されるαテルチエニルという物質のおかげで土の中の害虫を寄せつけ辛くしている言われています。 特に害虫の心配はない強い植物です。

株はしっかりしているのに花が咲かない場合は、ナメクジに花を食べられている可能性があります。誘引殺虫タイプのナメクジ駆除剤をあらかじめまいておびき寄せて退治しましょう。

切り戻し

満開の後、株が乱れてきたら切り戻してください。

avatar
ここがポイント!
冬は霜のあたらない場所で育ててください

管理情報

開花期:周年

耐性

耐性:半耐寒性/多年草

最低温度:約ー3℃

耐寒性ゾーン:9a~

水やり:すくなめ

置き場所:日なた

草丈

草丈:50~80cm

株幅

株幅:約100cm

肥料:ふつう

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

よくあるご質問

Q
株は充実しているのですが花が咲きません。どうしたらいいでしょうか。
A

花だけナメクジやカタツムリに食べられている可能性が考えられます。誘引殺虫タイプのナメクジ駆除剤をまいておびき寄せて退治しましょう。

購入できるお店

タゲテスを販売しているお近くのお店をご案内いたします!