分類:オオバコ科アンゲロニア属 学名:Angelonia hybrid

ー ラインアップ ー

ウェッジウッドブルー

ブルー

ホワイト

ピンク

ー 特長 ー

特に強健で暑さに強く真夏も咲き続けます
流通しているアンゲロニアの中で、最も大輪で高性です
高生なので真夏の花壇でもほかの植物に埋もれません
株は乱れにくく美しい草姿です

ー 管理情報 ー

開花期:春~晩秋

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度※:約5℃

耐寒性ゾーン※:10a~

水やり:土の表面が乾いたらたっぷりあげてください

置き場所:1日中日光がよくあたる場所

草丈

草丈:40~60cm

株幅

株幅:約30cm

肥料※:緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇

  • 最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
  • 耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
  • 肥料:緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことです。
この植物の冬越し可能エリアを確認

ー 販売時期 ー

アンゲロニアエンジェルフェイスラベル

5月中旬~6月上旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

\さっそく販売店に買いに行こう!/
お近くの販売店はこちら

― 楽しみ方 ―

地植えにもおすすめです

アンゲロニアエンジェルフェイス

三重県 ナガシマスパーランドの 7月の様子です。5月に植えつけをしました。地植えもおすすめです。

寄せ植えにもおすすめです

アンゲロニアエンジェルフェイス

ガーデンヒポエステス ピッピとの組み合わせは、暑さに強い点でも草丈のバランスを考えても、爽やかな色合いもベストコンビネーションです。

アンゲロニアエンジェルフェイス

アンゲロニア エンジェルフェイスは、草丈が高いのを活かして寄せ植えではフォーカルポイントとして活用ください。

― おすすめ情報 ―

人気のバイカラー

アンゲロニアエンジェルフェイス

アンゲロニアエンジェルフェイスの中でも一番の人気は、バイカラーのウェッジウッドブルーです。夏の暑さを吹き飛ばす爽やかな色合いです。

― 驚きのパフォーマンス ―

さらに花が大きくなりました

9月に撮影したニューハンプシャー州での屋外試験の結果です。左が旧ウェッジウッドブルーで、右が現在のウェッジウッドブルーです。さらに花が大きくなり、たくさんの枝から開花するようになったことが確認できました。

アンゲロニアエンジェルフェイス

ー みんなの投稿 ー

みなさんが育てたアンゲロニアエンジェルフェイスの写真をご紹介!みなさんの投稿楽しみにお待ちしております!

GreenSnap グリーンスナップ
Instagram
@provenwinners_japan
\アンゲロニア エンジェルフェイスの育て方はこちら/
育て方