姫ライラック ペンダ

姫ライラック ベンダは、コンパクトな樹形で、春と夏~秋に花をつける二季咲きのライラックです。
優雅なライラックの香りと彩りを何カ月もの間楽しめるのが大きな魅力です。春に紫色の花が株全体を覆うように咲いた後、再び夏に花をつけ、霜が降りる頃までよい香りの花が咲き続けます。花付きが良くコンパクトでこんもりと茂るため、植える場所を選びません。小さな庭や鉢植えにもおすすめです。
花がらをすぐに切り取ると、再び花をつけやすくなり長く楽しめます。暑い夏の時期は花付きが悪くなりますが、秋になって気温が下がってくると再びたくさんの花をつけます。
花後に剪定し、緩効性肥料を与えて育てましょう。

※緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことをいいます。

特長

  • 返り咲きするライラックは、春から真夏、そして霜の降りる頃まで何度も花を咲かせる
  • 大きくならない習性があり、どんな庭にも向く
  • 切り花にもよく芳香がある
  • 花の色:ブルーラベンダー
  • 葉の色:グリーン
  • シカの食害に強い

2014 Green Thumb Award, Direct Gardening Association 受賞

主な用途(植え込み場所)

fabi
  • ミックスボーダー(庭の塀際や小道の両側に多種類の多年生植物を植え込むもの)
  • ファンデーションプランティング(建物の基礎まわりの植栽)

管理のポイント

  • 開花期:春~秋(返り咲き)
  • 最低温度※:約-40℃
  • 耐寒性ゾーン※:3a~
  • 日照:日当たりのよいところ
  • 樹高:約1.2~1.5m
  • 栽植間隔:約1.5~1.8m
  • タイプ:落葉性
  • 土壌: 湿り気があり、水はけのよい土
  • 花後に整枝する
  • この植物の冬越し可能エリアを確認できます。【▼マップを見る】

    この植物の耐寒性ゾーンは(3a~)です。色付けされたエリアが冬越し可能エリアとなります。

※耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
※最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。

姫ライラック