ノリウツギ メガミンディ

分類:アジサイ科アジサイ属 学名:Hydrangea paniculata ‘Ilvomindy’

ノリウツギメガミンディは、コンパクトな樹形にボリュームたっぷりの大きな花が咲くノリウツギです。小さな庭や狭いスペースの植栽にもおすすめです。
夏に咲く白色の花が、晩夏にはピンクがかったシックな赤色へと変化するのが魅力。早い時期から色合いの変化を楽しめます。茎が丈夫なので、切り花としても利用できます。晩冬から早春にかけて剪定しましょう。

特長

  • 大きな白い花
  • 秋に花の色がピンクに変化
  • 花の色:ホワイト
  • 葉の色:グリーン

主な用途(植え込み場所)

fabi
  • ミックスボーダー(庭の塀際や小道の両側に多種類の多年生植物を植え込むもの)
  • ファンデーションプランティング(建物の基礎まわりの植栽)

管理のポイント

  • 開花期:夏
  • 最低温度※:約-40℃
  • 耐寒性ゾーン※:3a~
  • 日照:日向か半日陰
  • 樹高:約1.4~1.7m
  • 栽植間隔:約1.2~1.8m
  • タイプ:落葉性
  • 土壌: 水はけのよい土を最も好む、花の色はpH(土壌酸度)に影響されない
  • 晩冬から早春にかけて剪定する
  • この植物の冬越し可能エリアを確認できます。【▼マップを見る】

    この植物の耐寒性ゾーンは(3a~)です。色付けされたエリアが冬越し可能エリアとなります。

※耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
※最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。

ノリウツギは、アジサイの仲間ですが円錐形の花序(花房)を持ち「ピラミッドアジサイ」とも呼ばれています。その花形から、通常のアジサイより遅れて開花することが特長です。

アジサイは、その花のつき方から旧枝咲きのアジサイと新枝咲きのアジサイの2種類に分けることができます。
旧枝咲きのアジサイは、ヤマアジサイ、ガクアジサイ、カシワバアジサイなどです。初夏に開花した花は、翌年の花芽ができる秋より前に剪定する必要があります。切る位置も正確に行う必要があります。それに対して、新枝咲きのアジサイは、アメリカあじさい(アナベル)、ノリウツギなどです。花の開花後から年を越えて3月までに剪定をすればまた初夏に花が開花します。新枝咲きのアジサイは剪定が簡単なので、時期さえ守れば毎年開花します。初心者の方が最初に育てるアジサイとしておすすめします。

PROVEN WINNERSは、そんな初心者の方におすすめのアメリカあじさい(アナベル)とノリウツギを種類多く展開しております。

関連商品

fabi