ルドベキア アーバンサファリ

洗練されたアースカラー!切り花、ドライフラワーにも!

分類:キク科ルドベキア属 学名:Rudbeckia hirta

夏の暑さや強い日差しに負けず、元気に花を咲かせるルドベキア。ルドベキア アーバンサファリは洗練されたアースカラーと造形美が特徴で、分枝がよくたくさんの枝から連続開花します。草丈が40~50cmと高いので、花壇や寄せ植えのフォーカルポイントになります。栽培も簡単でローメンテナンスです。切り花やドライフラワーにもおすすめです。

ラインアップ

fabi

花サイズは、約8cm

フォレストグリーン
キャニオンレッド

特長

  • ユニークなアースカラー
  • 分枝がよくたくさんの枝から連続開花
  • 高性なので花壇や寄せ植えのフォーカルポイントに
  • 栽培が簡単でローメンテナンス
  • 切り花やドライフラワーにも

管理のポイント

  • 開花期:初夏 ~ 秋
  • 耐性:半耐寒性/多年草
  • 最低温度※:約-15℃まで
  • 耐寒性ゾーン※:7a~
  • 水やり:
    土の表面が乾いたらたっぷり与える
  • 置き場所:1日中日の当たる場所
  • 置き場所:午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所
  • 主な用途:花壇
  • 主な用途:プランター鉢植え
  • 草丈:40~50cm
  • 株幅:60~80cm
  • 肥料※:ふつう
  • この植物の冬越し可能エリアを確認できます。【▼マップを見る】

    この植物の耐寒性ゾーンは(7a~)です。色付けされたエリアが冬越し可能エリアとなります。

※耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
※最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
※肥料:緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1~2週間に1回程度与えてください。
◎元肥とは花苗を植えるとき、事前に与える肥料の事です。
◎緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことをいいます。

冬越しすると、たくさんの花が咲きます!

ルドベキアアーバンサファリ

6月下旬 10月植え込み翌年[愛知県]
外で冬越しもできます。鉢植えであれば、軒下など寒風や強い霜が直接あたるのを避けた場所で管理すると株が傷みにくいです。

販売時期

5月中旬 ~ 6月中旬
10月中旬 ~ 10月下旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

お近くの販売店はこちら

ラベル