バーべリス(メギ)とは

バーべリスは、メギ科メギ属の落葉低木でメギ(目木)とも呼ばれています。赤色や黄色のカラフルな葉色を楽しめ、生け垣や庭木として人気があります。落葉樹でありながら、常緑樹と同じ環境下でも育てることができます。

バーべリス サンジョイ ネオとは

バーべリスサンジョイネオ

わずか80cmの高さに成長するこのバーべリス(メギ)は、コンパクトな樹形にまとまるので生垣にも最適です。植えつけ後1年は水やりを必要としますが、根が張れば植えっぱなしで大丈夫な大変ローメンテナンスなシュラブ(低木)です。害虫や病気に悩まされる心配もない丈夫な品種で、ガーデニング初心者の方にもおすすめです。

ここではそんなバーべリス サンジョイネオを上手に育てる育て方をご紹介します。

栽培カレンダー

バーべリス サンジョイネオの栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。

バーべリス(メギ)の育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

培養土

水はけのよい土で育ててください。

肥料のあげ方

肥料

ほとんど不要です。

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
バーべリスの管理方法

日当たり・置き場所

鮮やかな葉色を楽しむには、1日中日光がよくあたる場所で育ててください。1日6時間以上日光があたる場所が理想です。日光が足りないと葉の色が緑色になることがありますが、日光に当てるとすぐに色が戻ります。日本全国で戸外で育てることができます。

水はけのよい土壌であればどんな土壌でも育ちます。

植えつけ

買ってきた苗(15㎝PWポット苗やベビー苗)は、真夏と真冬を除いて周年植えつけ可能です。春と秋の植えつけ適期以外は根を傷めないように十分注意してください。

鉢植えの場合

30㎝前後の鉢に植えつけましょう。他は一般的な花苗と植えつけ方法は変わりません。以下を参考にして植えつけをしてみてください。

地植えの場合

以下を参考にして植えつけをしてみてください。

水のあげ方

植えつけからしばらくは、土が乾いているようであれば水をあげてください。雨が降らない日が続いて、土が乾いているようであれば植えつけから1年程度は水をあげてください。

地植えの場合

根が張れば特に水をあげる必要はありません。

鉢植えの場合

鉢植えでも、根が張れば特に水をあげる必要はありません。

肥料のやり方

バーべリス サンジョイ ネオは、特に肥料は必要ありません。花が咲き終わった後に、樹形を整えた場合は、緩効性肥料をあげてください。

病害虫の予防と対策

バーべリス サンジョイ ネオは、害虫や病気に悩まされる心配もない丈夫な品種で、ガーデニング初心者の方にもおすすめです。

剪定

剪定は原則不要ですが、樹形を整える必要がある場合は花が咲き終わった後に剪定してください。強く剪定すると、回復に時間がかかります。太い茎は切らずに、形を整える程度の剪定がおすすめです。

植え替え

鉢植えの場合

バーべリス サンジョイ ネオは、大変成長が早いので、鉢植えで育てている場合は毎年植え替えすることをおすすめします。休眠期に二回りほど大きな鉢や地植えに植え替えるようにしてください。

植え替えは、葉を落とした後の休眠期に行います。関東以西の暖地では、落葉して休眠期に入る11月下旬から翌年の3月頃までが植え替え時期です。寒冷地では、寒さで株が傷まないように、11月下旬から翌年の立春(2月上旬)までに植え替えをするといいでしょう。

鉢増しすることが難しい場合は、以下の植え替え方法を参考にして来年も同じ鉢サイズでお楽しみください。

地植えの場合


地植えの場合は、植え替えの必要はありません。

avatar
ここがポイント!
植えっぱなしで大丈夫なローメンテナンスのシュラブ(低木)です!

管理情報

開花期:春

タイプ:落葉性

最低温度:約ー28℃

耐寒性ゾーン:5a~

置き場所:日なた

土壌:水はけのよい土

樹高

樹高:約80cm

植栽距離

樹幅:約80cm

主な用途:鉢植え/プランター、地植え

植栽距離

剪定:原則不要

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

よくあるご質問

Q
バーべリス(メギ)を鉢植えやプランターで育てることはできますか。
A

はい、できます。水はけのよい培養土を使って育ててください。

購入できるお店

バーべリス サンジョイを販売しているお近くのお店をご案内いたします!