カレンデュラ(キンセンカ)とは

キンセンカやポットマリーゴールドの名前でも知られているカレンデュラは、一般的には冬から春にかけて、黄色やオレンジ色の花が咲くキク科のお花です。病害虫に強く育てやすいので、ガーデニング初心者の方にもおすすめです。また、次々と花が咲くので切り花としても人気があります。

カレンデュラ パワーデイジーとは

カレンデュラパワーデイジーサニー

一年中お花が咲けばいいのに…そんな夢を叶えるのがハイブリッドカレンデュラのカレンデュラ パワーデイジーです。耐寒性と耐暑性ともに優れており、春夏秋冬途切れることなく花が咲き続けます。カレンデュラの大敵でもあるうどんこ病に強く、1株になんと100輪以上の花を同時に咲かせます。

カレンデュラ パワーデイジーはその優れた性質で、2016年にRHSチェルシーフラワーショーでの専門家による審査で「将来に渡り大きな影響をあげる品種」として、また2017年にRHSウィズレーガーデンにおいても「春から冬にかけての長期間の審査で優れたパフォーマンス」として世界に評価されました。ここでは、そんなカレンデュラ パワーデイジーを上手に育てる育て方をご紹介します。

栽培カレンダー

カレンデュラパワーデイジー栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。真夏・真冬は花が休むことがあります。

カレンデュラ パワーデイジーの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

草花用培養土

排水性のよい土を選びます。病気や害虫を避けるため、新しい土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

植えつけ時に元肥を施し、4月~10月の生育期には液肥(1,000~2,000倍)を1ヵ月に1回程度あげてください。

鉢の選び方

30cm前後の鉢がおすすめです。鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
カレンデュラ パワーデイジーの管理方法

カレンデュラ(キンセンカ)の植えつけ

カレンデュラ(キンセンカ)は、直根性の植物です。直根性の植物は、真っすぐ根が伸びる性質があり、その根を痛めると植物にダメージを与えてしまいます。ポット苗から抜いた苗は根を触らないようにして鉢に植えつけましょう。

植えつけ時に元肥を十分に施し、オルトラン等の粒剤を撒いておきましょう。買ってきた花苗(9~10.5㎝ポット苗)は初めは二回り大きな15㎝~20㎝位の鉢に植えつけ、根が張ってきたら30㎝前後の鉢に植え替えましょう。

根が張ってくると、地上部が大きくなり、鉢底穴から根が見えたり水が乾きやすくなる症状がみられます。植え替えの際に、根を痛めないように抜いた苗は根を触らないようにし、根がぎっしり張っていないか確認してください。

とても生育旺盛なので、植え替えに自信がない場合は、買ってきた花苗(9~10.5cmポット苗)初めから30cm前後のサイズの鉢に植えても育てることができます。土の表面が乾いたら、たっぷり水をあげるようにして、水のあげ過ぎに注意して育ててください。

カレンデュラ(キンセンカ)の日当たり・置き場所

水はけのよい1日中日光がよくあたる場所に置いて(植えて)ください。1日6時間以上日光があたる場所で育ててください。カレンデュラ パワーデイジーは、日当たりさえ気をつければ地植えであれば放っておいても長い間咲き続けるぐらいの大変育てやすいお花です。最低温度は目安としてー15℃と耐寒性があり、日本のほとんどの地域で屋外で冬越し可能です。

カレンデュラ(キンセンカ)の水のあげ方

鉢植えの場合

カレンデュラ パワーデイジーは乾燥に強い品種です。鉢の土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水をあげてください。過湿を苦手とするので、根腐れを防ぐためにも排水性のよい土で育ててください。

地植えの場合

根が張れば、水やりはほとんど不要です。

カレンデュラ(キンセンカ)の肥料のやり方

鉢植えの場合

植えつけ時に元肥を施し、4月~10月の生育期には液肥(1,000~2,000倍)を1ヵ月に1回程度あげてください。

地植えの場合

植えつけ時に元肥を施せば、追い肥はほとんど不要です。

カレンデュラ(キンセンカ)の病害虫の予防と対策

植えつけ時にオルトラン等の粒剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。

病気

ほとんど心配いりません。カレンデュラ パワーデイジーは、カレンデュラの大敵でもあるうどんこ病に強く改良されています。

害虫

害虫の心配はほとんどありませんが、アブラムシが発生することがあります。アブラムシの主な繁殖期は4~6月と9~10月です。アブラムシは、単為生殖で、雌が1匹いれば増え続けることができる害虫です。アブラムシを見かけたら、たくさんついてしまった部分は切り落とし、残ったアブラムシが再繁殖する前にアブラムシに効果がある薬剤を散布してください。

カレンデュラ(キンセンカ)の切り戻し・花がら摘み

特にお手入れは不要です。咲き終わった花を切り取ると、キレイな株姿を保てます。

avatar
ここがポイント!
水はけのよい日当たりよい場所で育ててください

管理情報

開花期:春~冬

耐性

耐性:耐寒性/多年草

最低温度:約ー15℃

耐寒性ゾーン:7b~

水やり:ふつう

置き場所:日なた

草丈

草丈:約40cm

株幅

株幅:約40cm

肥料:ふつう

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

カレンデュラ(キンセンカ)のよくあるご質問

Q
1株で100輪もの花を咲かせるとのことですが、こちらの見本鉢は1株ですか。
A

写真は、切り戻しをし数年育てた株になります。早くこのボリュームを出したい場合は数株同時に植えることをおすすめしますが、じっくり育てたい方は1株でこのボリュームに育てることもできます。

カレンデュラ(キンセンカ)の購入できるお店

カレンデュラ パワーデイジーを販売しているお近くのお店をご案内いたします!