バーベナとは

小さい花がたくさん集まって咲く手まりのような花姿をしているバーベナ。花の形が桜の花に似ていることから、美女桜(びじょざくら)とも呼ばれます。もともと亜熱帯原産のバーベナはたいへん丈夫で、春から秋まで真夏も休まず長く咲きガーデニング初心者にも育てやすいお花です。草姿は、高性のものと這い性のものがあり花の色や模様もバリエーションが豊富です。

メテオールシャワーとは

PWフォトコン2021優秀作品

@kisetsunoiro様の投稿

バーベナ メテオールシャワーは、ボナリエンシスの交配種で、花房が大きくなりたくさんの花が咲くのが特徴のバーベナです。三尺バーベナから改良され、優れた分枝性で連続開花するようになり、種がつかず庭で勝手に繁殖することもなくなりました。

草丈は50~70cmと高く、花茎の間にできる空間から風がそよそよと抜け、花壇での立体感のある植栽や高低差ある寄せ植えなどに大活躍します。花数、分枝ともに多く、淡いラベンダーブルーの花房が春から晩秋まで長く咲き続けます。ここでは、そんなバーベナ メテオールシャワーを上手に育てる育て方をご紹介します。

バーベナ メテオールシャワーの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

草花用培養土

排水性のよい土を選びます。
病気や害虫を避けるため、新しい土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

元肥のほかに、開花期は液肥を週1回程度あげてください。

鉢の選び方

30cm前後の鉢がおすすめです。鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
バーベナ メテオールシャワーの管理方法

日当たり・置き場所

1日中日光がよくあたる場所に置いて(植えて)ください。1日6時間以上日光があたる場所で育ててください。地植えの場合は水はけのよい場所で育ててください。

水のあげ方

鉢の土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水をあげてください。バーベナ メテオールシャワーは乾燥には強いのですが加湿を苦手とするので、乾かし気味に育ててください。

肥料のやり方

植えつけ時に元肥を十分に施した後、花が咲いている時期には、緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1〜2週間に1~2回程度あげてください。

病害虫の予防と対策

植えつけ時にオルトラン等の粒剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。

病気

春と秋に葉に白い粉のようなものがついていたら、うどんこ病の可能性があります。風通しの良い場所に移して株が蒸れないようにしてください。

害虫

梅雨明けから夏にかけての高温乾燥時にハダニがつきやすく、葉がかさかさになります。殺ダニ剤を散布して対処ください。

切り戻し

草姿が乱れたなと感じた時や8月中~下旬に切り戻しを行います。草丈の1/2~1/3の各節の上で、元気な葉を数枚残して切ります。すると10日程度でわき芽が伸び始めます。

最後の小花が咲き終わったら、花茎のつけ根から切り取ります。

栽培カレンダー

バーベナメテオールシャワー栽培カレンダー

※関東地方以西基準になります。

avatar
ここがポイント!
乾燥気味に管理してください

管理情報

開花期:春~晩秋

耐性

耐性:半耐寒性/多年草

最低温度:約ー10℃

耐寒性ゾーン:8a~

水やり:土の表面が乾いたら、たっぷりあげてください

置き場所:日なた

草丈

草丈:50~70cm

株幅

株幅:約30cm

肥料:ふつう

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

購入できるお店

バーベナ メテオールシャワーを販売しているお近くのお店をご案内いたします!