ネペタ キャッツミントとは

たくさんの種類があるネペタですが、一般的に知られているのは、交雑種のネペタ キャッツミントと呼ばれているネぺタ・ファーセニー種です。一般的な薔薇の開花期に合わせるようにお花が咲くので、ローズガーデナーに昔から愛されるローメンテナンスなお花です。

ネペタ キャッツパジャマとは

ネペタ キャッツパジャマ

ネペタ キャッツパジャマは、耐暑性に優れ春の終わりから秋にかけて開花します。干ばつにも強く、地植えであれば根が張れば植えっぱなしでも育つ植物で、病害虫の心配もほとんどありません。コンパクトで自然にまとまりのよい株に成長し鉢植えでも育てることができます。

ここでは、そんなネペタ キャッツパジャマを上手に育てる育て方をご紹介します。

栽培カレンダー

ネペタ栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。真夏は花が休むことがあります。

ネペタ キャッツパジャマの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

培養土

排水性のよい土を選びます。病気や害虫を避けるため、新しい土のご使用をおすすめします。

鉢の選び方

鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
ネペタ キャッツパジャマの管理方法

植えつけ

植えつけ時にも元肥は必要ありません。害虫防除のためにオルトラン粒剤等の殺虫剤を撒いておきましょう。買ってきた苗(11cmトールポット苗)は、初めは二回り大きな15㎝~20㎝位の鉢に植えつけ、根が張ってきたら30㎝前後の鉢に植え替えましょう。

根が張ってくると、地上部が大きくなり、鉢底穴から根が見えたり水が乾きやすくなる症状がみられます。植え替えの際に、根を痛めないように抜いた苗は根を触らないようにし、根がぎっしり張っていないか確認してください。

ネペタ キャッツパジャマは、根腐れを防ぐために排水性のよい土で育ててください。

日当たり・置き場所

ネペタ キャッツパジャマは、1日中日光がよくあたる場所もしくは午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所に置いて(植えて)ください。

水のあげ方

鉢植えの場合

土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水をあげてください。冬季は葉色が変化して葉数が減ったり、地上部がなくなったりしますが土中に根があり発芽準備をしていますので、水を切らさないように管理してください。

地植えの場合

根付くまでは、土が乾いたら水やりをするようにしてください。干ばつ性にすぐれているので、いったん根付けばほとんど水やりは不要です。極端に暑い日が続き雨が降らなかった場合のみ、たっぷりと水やりをするようにしてください。

肥料のやり方

ネペタ キャッツパジャマは、肥料をあげ過ぎると花数が減る可能性があります。ほとんど肥料は不要です。

病害虫の予防と対策

植えつけ時に害虫防除のためにオルトラン粒剤等の殺虫剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。病害虫の心配はほとんどありません。

切り戻し

春の花が咲き終わった後(梅雨入り前に)、株の半分程度まで切り戻しをしましょう。蒸れを防いで夏越しをしやすくなる他、花茎の成長を促し再び花が咲きやすくなります。

また、秋の花が咲き終わった後は地際近くまで切り取り、すっきりした株で冬を迎えましょう。

夏越し

真夏は、お花が休むことがあります。なるべく涼しい場所で夏越しをすると、株のダメージが少なくすみます。

冬越し

ネペタ キャッツパジャマが耐えることができる最低温度は、目安としてー35℃です。特に冬越し準備を必要とせず、日本全国で屋外で冬越し可能です。

avatar
ここがポイント!
根付けば植えっぱなしでOKのメンテナンスが簡単なお花です

管理情報

開花期※:春~晩秋

耐性

耐性:耐寒性/多年草

最低温度:ー35℃

耐寒性ゾーン:3a~

水やり:すくなめ

置き場所:日なた、半日陰

草丈

草丈:20~30cm

株幅

株幅:40~50cm

肥料:すくなめ

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

※開花期:真夏は花が休むことがあります。

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

よくあるご質問

Q
ラベンダーとキャットミント(ネペタ)は同じですか。
A

ラベンダーもキャットミント(ネペタ)も同じシソ科の仲間ですが、別の属に属します。ラベンダーはラベンダー属で、ネペタはイヌハッカ属です。ラベンダーは、人間にとって効能があるとされていますが、猫にとっては中毒性のある危険なハーブとされているので注意してください。

Q
ネペタ キャッツパジャマは食べられますか。
A

ネペタ キャッツパジャマのミント風味の葉は、ハーブティーによく使用され、健康面でさまざまな効能があると考えられています。 

購入できるお店

ネペタ キャッツパジャマを販売しているお近くのお店をご案内いたします!