セイヨウニンジンボク ブルーディドレ

こんもりとした樹形に育つ、矮性(わいせい)のセイヨウニンジンボクです。
コンパクトなサイズなので、他の多年草とともにボーダー花壇など庭植えで楽しむのにぴったり。真夏に咲く花は淡いブルーで涼し気な印象です。ちょっと個性的な丸い形の小花が集まった花穂が、まっすぐ立ち上がるように伸びる姿が目を引きます。
冷涼な地域では多年草として、温暖な地域では低木として扱われることが多いです。

※矮性(わいせい)とは、一般的な大きさよりも小形(コンパクト)な性質のことをいいます。

特長

  • 青い夏の花
  • 花の色:ブルー
  • 葉の色:グリーン

主な用途(植え込み場所)

fabi
  • ミックスボーダー(庭の塀際や小道の両側に多種類の多年生植物を植え込むもの)
  • ペレニアルベッド(多年生植物中心の花壇)

管理のポイント

  • 開花期:夏
  • 最低温度※:約-20℃
  • 日照:日当たりのよいところ
  • 耐寒性ゾーン※:7a~
  • 樹高:約90cm~1.8m
  • 栽植間隔:約90cm~2.1m
  • タイプ:落葉性
  • 北の地域では多年生植物のように、南の地域では低木のように扱われる
    春に整枝して肥料を与えるとよい
  • この植物の冬越し可能エリアを確認できます。【▼マップを見る】

    この植物の耐寒性ゾーンは(7a~)です。色付けされたエリアが冬越し可能エリアとなります。

※耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
※最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。