分類:アカバナ科ガウラ属
学名:Gaura lindheimeri

栽培環境や植物の状態によっては、実際の花や葉色が異なる場合があります。

ガウラリリポップ

リリポップピンク

分枝性が非常によく、枝が多い分花数が多くなりました
わい性で低い位置で花をつけるので、寄せ植えに使いやすいです
暑さに強く秋まで開花します
耐寒性があり毎年楽しめる宿根草です

管理情報

開花期:春~秋

耐性

耐性:耐寒性/多年草

最低温度:約ー10℃

耐寒性ゾーン:8a~

水やり:ふつう

置き場所:日なた

草丈

草丈:20~30cm

株幅

株幅:約30cm

肥料:ふつう

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

販売時期

ガウラリリポップピンクラベル

2月下旬~4月下旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

品種情報

風がそよぐと、まるで蝶が舞っているような花弁を持つガウラは、アカバナ科ガウラ属の植物です。その花姿から、別名:ハクチョウソウとも呼ばれています。ガウラは耐暑性にも耐寒性にも優れ、春から秋までと次々と長く花を咲かせ続ける宿根草です。

ガウラリリポップピンク

蝶が舞うような花弁を持つガウラですが、その中でもガウラ リリポップピンクは低い位置にも花をつけるコンパクトな品種であることが特徴です。

ガウラリリポップピンク

@fraw_frow様のお庭のガウラ リリポップピンクです。一般的なガウラに比べ枝数が多く、その分たくさんのフェアリーピンクの花が咲きます。

ガウラリリポップピンク

5月末@cs.n714xx様のお庭の冬越ししたガウラ リリポップピンクの開花が始まりました。フェアリーピンクのグラデーションが可愛らしいガウラです。

ガウラリリポップピンク

満開のガウラ リリポップピンクは、さらにたくさんの花をつけます。

ガウラリリポップピンク

根っこまで、ピンク色なんですよ。

冬越しするとさらに大きな株になります

ガウラ リリポップピンクは、冬越しをするとさらにボリュームある大きな株になります。耐えることができる最低温度は、目安としてー10℃です。日本では寒冷地を除いて屋外でそのまま冬越し可能です。

みんなの投稿

みなさんが育てたガウラ リリポップピンクの写真をご紹介!みなさんの投稿楽しみにお待ちしております!

GreenSnap グリーンスナップ
Instagram