分類:ナス科アマモドキ属
学名:Nierembergia hybrid

栽培環境や植物の状態によっては、実際の花や葉色・模様が異なる場合があります。

従来品種に比べ早く咲き春から花がつきます
開花が早いので分枝も早いです
分枝が早いので株中央もすぐにこんもりします
暑さに強く秋まで楽しめます

管理情報

開花期:春~秋

耐性

耐性:半耐寒性/多年草

最低温度:約ー3℃

耐寒性ゾーン:9a~

水やり:ふつう

置き場所:日なた

草丈

草丈:20~30cm

株幅

株幅:30~40cm

肥料:ふつう

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

販売時期

ニーレンベルギアオーガスタラベル

4月上旬~6月上旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

ニーレンベルギア オーガスタとは

ニーレンベルギアオーガスタ

ニーレンベルギアは、そのお花の形から「カップフラワー」とも呼ばれ多くのガーデナーに人気のお花です。一般的なニーレンベルギアは春の終わり頃から花が咲き始めますが、ニーレンベルギア オーガスタは春からどんどん花がつくので、秋まで長くお花を楽しめます。花の大きさは、直径約3cm。切り戻さなくてもわき芽が伸び、株中央にも花がよくつきドーム状にこんもりとした株に育つので、地植えにもおすすめのカップフラワーです。

耐えることができる最低温度は目安としてー3℃ですが、上手に冬越しできた株は翌年さらに充実した株に成長する宿根草です。

品種情報

ホワイト

ニーレンベルギアオーガスタホワイト

ニーレンベルギア オーガスタ ホワイトは、絹のような白色の花を咲かせ優しい印象の品種です。花の中央にのぞかせるぬくもりがある黄色もとても可愛いです。

ブルーリング

ニーレンベルギアオーガスタ
mmm.home.m様の投稿

ニーレンベルギア オーガスタ ブルーリングは、絹のような真っ白の花弁に、ブルーのリングと花の中央にのぞかせる黄色とのコントラストがキレイな品種です。

ブルー

ニーレンベルギアオーガスタ

ニーレンベルギア オーガスタ ブルーは、透明感あるラベンダーブルーの花弁に、ブルーのリングと花の中央にのぞかせる黄色とのコントラストがキレイな品種です。

アルバブルー

ニーレンベルギアオーガスタホワイト

ニーレンベルギア オーガスタ アルバブルーは、ブルーが輝く花を咲かせます。花の中心部の黄色とのコントラストも美しい品種です。

地植えにもおすすめです

ニーレンベルギア オーガスタは春からどんどん花がつき、ドーム状に大きく拡がるので、地植えにもおすすめです。 上手に冬越しをすると、さらに大きな株に成長します。

寄せ植えてもきれいな株に

ニーレンベルギアオーガスタ

@ichigo.05299様のお庭のニーレンベルギアの寄せ植えです。成長スピードも性質も全く同じなので、色の調和も取れたきれいな形の寄せ植えに仕上がります。

みんなの投稿

みなさんが育てたニーレンベルギア オーガスタの写真をご紹介!みなさんの投稿楽しみにお待ちしております!

GreenSnap グリーンスナップ
Instagram